1. 【会社を辞めたい】続けるかどうか悩んだら「理由別」に適切な対処をしよう!

【会社を辞めたい】続けるかどうか悩んだら「理由別」に適切な対処をしよう!

【会社を辞めたい】続けるかどうか悩んだら「理由別」に適切な対処をしよう! 1番目の画像

 「会社を辞めたい」と思う原因は、人によってさまざまなケースが考えられる。今回は、会社を辞めたいという気持ちを抱えている人に対して、会社を続けるかどうかを判断するポイントや、辞めたい理由別に対処法を解説する。

会社を辞めたい理由別の対処法

 一口に「会社を辞めたい」といっても、その動機は社風の合う合わないや仕事の内容、人間関係など、悩んでいる原因によって異なるだろう。

 下記では、「会社を辞めたい」と感じる理由ごとに適切な対応を紹介していく。

会社を辞めたい理由:給料の額に対する不満

 成果を出していたり、長年勤めているのに給料がなかなか上がらないなど、給料の額は働く人間に取って不満になりやすい。

 給料に限らず、福利厚生などいった「労働に対する対価」に納得がいかない場合は会社・仕事に対するモチベーションも下がってしまうだろう。

「給料の額」に不満があるときの対処法

 会社からもらえる給料に不満がある場合は、給料アップの方法がないか模索する必要がある。今の部署でキャリアアップするにはどうしたらよいか、できないのであれば部署移動は可能かなど、考え得る方法は一通り検討していきたい。

 役職が上がるように成果を出す、ノルマを達成するなど、会社ごとに条件は違えど何かしらの基準があるはずなので、まずはその条件を達成できるよう業務に取り組んでみよう。

 もし、そうした努力の末に「この環境ではこれ以上の給料アップは望めない」と判断したのであれば、今の会社を辞めて転職するのも一つの解決策だ。

 ここで注意したいのが、必ずしも転職先が今の会社以上の給料になるわけではないという点だ。

 転職を考える際は、今の会社を辞める前に転職先の給料についてしっかりと調べておく必要がある。

会社を辞めたい理由:仕事量に対する不満

 仕事量のバランスは、仕事を続けていく上で重要な判断要素であると言える。「給料が少ないのに仕事量が多い」「周囲と比べて自分だけ仕事量が多い」といった状況では、モチベーションを保ちながら仕事を進めるのは難しいだろう。

「仕事量」に不満があるときの対処法

 仕事量のバランスに対して不満がある場合は、まずはじめに仕事量の改善・調整を行うべきだ。

 自分の許容範囲を越えた業務を受けていないか、また部下や同僚に任せることができる仕事はないかなど、周囲とのバランスを考慮した上で自身の過剰負担を解消する方法を導き出そう。

 自分自身が部下の立場である場合は、上司に自分の仕事量について相談してみるのもオススメだ。仕事量の感じ方には個人差があるため、第三者の視点を交えて現状を正しく理解することを心がけよう。

 仕事量の改善を行う際は、ただ不平不満をぶつけるのではなく、「代案」「改善策」を用意しよう。

 仕事量が改善されることでどのようなメリットが生まれるかをしっかりと説明することができれば、周囲の協力のもと、適切な仕事量に調整することができるかもしれない。

 仕事量が過剰であったり、関係ない仕事までやらされるのがストレスになっているのであれば、依頼を断る姿勢を見せることも大切だ。仕事が自分にとって適切な量になれば、会社への不満もなくなるかもしれない。

会社を辞めたい理由:人間関係のトラブル

 会社を辞めたい理由として、もっとも多く挙がるのが「人間関係の悩み」である。自分に嫌な態度を取る上司や反りの合わない同僚など、さまざまな人がいるだろう。

 長い時間を過ごす「職場」における人間関係のトラブルは、大きな心的負担になるだろう。

「人間関係」に対して不満がある場合の対処法 

 会社での人間関係に悩み苦しんでいる人は、会社を辞めるというのも一つの選択だ。「仕事だから」と割り切ったとしても、一日の多くを過ごす職場の環境は自分に大きな影響を与える。職場に自分の味方がいないような辛い状況であれば、新たな環境でやり直すべきだといえる。

 ただ、過去に人間関係が原因で会社を辞めた経験があるという人は、自分自身に問題はなかったか振り返る時間が必要だろう。

 転職するという選択をする場合であっても、次の職場で人間関係を理由に退職することがないよう、自分の立ち振る舞いを振り返ることも大切だ。

  また、部署の異動や転勤など、会社を辞める以外の選択肢があれば、希望を出して社内での環境を変えるのも一つの手である。現在の会社を辞めて新しい職場に行くよりも、リスクが少なく不安も減るだろう。

 しかし、「周囲にも相談したくない」「今すぐ会社を辞めたい」と思うほどの心労があるのであれば、職場での解決を目指さず、会社を辞めるといった選択を取る方がいい場合もある。

 最も避けたいのは、人間関係のストレスで心や体に不調をきたすことだ。人間関係が改善しがたいものであるのならば、体調を崩してしまう前に、上記のような対策を行うよう心がけよう。

会社を辞めたい理由:仕事内容に不満がある

 仕事内容は業務上のモチベーションを左右する大きな要因だ。仕事内容が想定と異なっていたり、希望していなかった部署への配属が行われたなどといった理由から、仕事内容そのものに不満を持ってしまうこともあるだろう。

 たとえ人間関係に問題がないとしても、仕事内容に不満があれば辞めたくなることもあるだろう。しかし、身を置く環境によっては解決できる場合もあるはずだ。「今すぐにでも辞めたい」という状況でない場合は、不満を解決できる方法を検討してみるといいだろう。

仕事内容に対して不満がある場合の対処法

 仕事内容をどうしても好きになれないときは、「その業務のなにが嫌なのか」、また「自分が本当にしたい仕事はなにか」を考えてみよう。

 それらを整理したら、上司に現状を相談してみるといいだろう。求めている業務ができるような部署への異動や、担当業務の変更など、なにかしらの手立てをしてくれるかもしれない。

 やりたくない仕事を低いモチベーションで続けることは、自分の成長にとっても会社への貢献としても成果が薄くなってしまう。

 そのため、もし現在の会社にいながら「仕事内容に対する不満」が解消できないようであれば、会社を辞めて転職を考えるのもいいだろう。

会社を辞めたいのに辞められない理由

【会社を辞めたい】続けるかどうか悩んだら「理由別」に適切な対処をしよう! 2番目の画像

 「会社を辞めたい」と思いながらも仕事を続けている人には、辞められないさまざまな理由があるだろう。

 会社を辞めたいのに辞められないという状況は、精神的にも身体的にも負担がかかるはずだ。まずは、会社を辞められない原因となっている要素を洗い出し、何が自分を縛り付けているのかを確認してみよう。

会社を辞められない理由①:経済的な不安が原因で会社を辞められない

 会社を辞められない理由として考えられるのが、「経済的な不安」である。転職によって給料が下がることに対しての不安や、転職先が決まっていない状態で会社を辞めた場合の生活費など、離職にともなう経済的な不安は数多くある。

 こうした理由から会社を辞められないでいるという人は、生活費などの出費について情報を整理し、状況に応じでどれくらいの資金が必要なのかを洗い出すところからはじめよう。

 転職先が決まっていない状態で会社を辞めるという人は、失業保険の手続きを行い、保障によってどれくらい臨時的な収入が得られるのかを確認してみよう。

 また、会社に所属しながら転職先を探すというのも、経済的な不安を解消する一つの手段だ。忙しさから「働きながら転職活動なんて……」と思う人もいるかもしれないが、現在はさまざまな転職サービスがあり、空き時間の数分で求人を見ることができたり、経歴さえ登録すれば転職エージェントからのスカウトを働きながら待つことも可能だ。

 経済的な理由から「会社を辞めたいのに辞められない」という人は、上記のような対応を行ってみてはいかがだろうか。

会社を辞められない理由②:周囲への影響が不安で辞められない

 会社を辞められない理由が、「辞めることで生まれる周囲への影響」という人もいるだろう。

 「今すぐ会社を辞めたいが周囲への申し訳なさから辞めることができない」という場合は、先述のような転職プランを立て、退職時期を明確にし、余裕を持って会社側に伝えるといいだろう。

 周囲への影響が不安で辞められないのであれば、その理由を一つひとつ解消していくのが最善の手だ。上司と相談しながら引き継ぎ業務をこなし、互いにすっきりとした気持ちで退職できるよう心がけたい。

 ただ、「会社を辞めたい」という動機の強さには個々人で大きな差がある。周囲への気遣いは可能な限り心がけたいものではあるが、本当に仕事が辛く、精神的にも身体的にも苦しい状態であれば、周囲でななくまずは自分の気持ちや体調を優先すべきだ

 会社を辞めるという選択は「自分のため」に行うのだという大前提を忘れないようにしよう。

会社を辞められない理由③:転職活動をする暇がない

 転職活動をする暇がないという理由から、会社を辞めることを諦めている人もいるのではないだろうか。確かに、今の業務に追われながら合間の時間で転職活動を行うのは大変だろう。

 しかし、現在は多くの転職サービスがあり、働きながら転職活動を行うことも難しくない環境が整いつつある。

 以下では、「転職活動をする暇がない」という転職希望者に向けて、オススメの転職サービスを紹介していく。

・スピード転職なら「コネクト」

 株式会社コネクトが提供している転職サービス「コネクト」は、コンサルタントが企業の採用決裁者と自分を繋いでくれるサービスだ。

 自分自身で求人情報を探す必要がないことに加え、採用決裁者と直接会うことができるため「社風が合わなかった」「給与など条件が合わなかった」といった会社とのミスマッチをきっかけに転職を考えている人にオススメのサービスだと言えるだろう。


・キャリアアップを目指すなら「ビズリーチ」

 TVCMでもおなじみの「ビズリーチ」は、ハイキャリアで即戦力の人材に特化した転職サービスである。

 これまでの経歴さえ登録すれば、後は企業や転職エージェントからスカウトが来るのを待つだけ。スマートフェンアプリもあり空き時間に手軽にオファーをチェックすることができるため、忙しいビジネスパーソンであっても転職活動を行うことができる。

 「キャリアアップをしたい」「さらにいい条件の会社で働きたい」という理由から会社を辞めようと思っている人は、ぜひ利用してみてはいかがだろうか。


・自分の強みがわからない人は「グッドポイント診断」

 「自分の強みがわからず転職に踏み出せない」という理由から、会社を辞めるのを踏みとどまっている人もいるだろう。そんな人にオススメなのがリクルートキャリアが提供する「グッドポイント診断」というサービスだ。

 グッドポイント診断は、質問にこたえていくだけで8,568通りの診断結果の中から、自分の強みを洗い出してくれる。

 転職をする上で自己分析は必要不可欠。「自分の強みや特徴がわからない」という人は、グッドポイント診断を利用し、転職活動にいかしてみてはいかがだろうか。 


 上記の他にも、転職を妨げる要因となっている悩みを解決してくれる転職サービスは数多く提供されている。「会社を辞めたいが辞められない」という人は、その原因を解決する方法やサービスを探してみるといいだろう。

「会社を辞める」と決意したら

【会社を辞めたい】続けるかどうか悩んだら「理由別」に適切な対処をしよう! 3番目の画像

 「会社を辞める」と決めたとしても、それを実行に移すのはとても勇気がいることだ。会社や家族、親に伝えづらいと悩む人も多いだろう。

 ここでは、会社を辞めたいけど辞められないという人に向けて、いくつかのアドバイスを紹介していきたい。

会社を辞める前に、頼れる相手に相談してみよう

 「会社を辞めたいが言い出しにくい」といった理由で悩んでいる人は、まずはじめに会社の信頼できる人に話して味方になってもらうといいだろう。

 自分では思いつかなかったような改善策や、客観的な視点からのアドバイスをもらえるはずだ。こうした「頼れる相手への相談」は、味方をつくるということだけではなく、自分の考えを整理をすることにもつながる。

 他人に悩みを打ち明けていく中で、自分の考えや気持ちが明確になり、自分が辞めたい理由がはっきりするのだ。

人に話すことの効果

  • 退職することへのアドバイスがもらえる
  • 味方になってもらえて安心する
  • 人に話すことで、自分の考えがまとまる

突然会社を辞めるのではなく、まずは「相談ベース」から

 仕事をしている人の中で、養っている家族がいるという人は、家庭の安定のために「会社を辞めたい」といいにくいこともあるだろう。

 ここで避けたいことは、家族に一言も言わずに黙って会社を辞めてしまうことだ。会社を辞めたいという気持ちが固まったら、なるべく早い段階で家族に相談しておくほうがよいだろう。

 ここで大切なポイントとなるのが、いきなり「会社を辞める」と宣言するのではなく、相談ベースで話を進めていくことだ。たくさん悩み、考えた上で決めた退職だとしても、それを突然伝えてしまうと家族も戸惑うことだろう。仕事のなにが大変で、どんなことが辛いから辞めたいのか。また退職後はどのように転職活動を行うか、失業にともなう保障はどうなっているのかなど、不安を払拭する情報をきちんと伝えておきたい。

 いずれ話すことになる「会社を辞める」という決断は、多少言い難くとも早めに相談しておくことが大切である。

家族に会社を辞める旨を話す際のポイント

  • いきなり結論を言うのではなく、相談ベースから
  • なぜ会社を辞めたいのか、その後どうするかをきちんと話す






自分の心と身体を優先し、会社を辞めるか否か判断しよう

【会社を辞めたい】続けるかどうか悩んだら「理由別」に適切な対処をしよう! 4番目の画像

 仕事をしていると、さまざまな辛いことも起こるだろう。「仕事を辞めたい」と感じたときは、それが本当の気持ちなのか、一時的なものなのかをよく考える必要がある。

 そして真剣に会社を辞めたいと思っているのであれば、本記事のアドバイスを参考にした上で退職準備を進めていただきたい。なにより、この記事を読んだ人が自分自身を大切にし、幸せなビジネスライフを送ることができるよう、強く願っている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する