1. 「転職エージェント」とは? 失敗しない転職エージェントの利用方法

「転職エージェント」とは? 失敗しない転職エージェントの利用方法

「転職エージェント」とは? 失敗しない転職エージェントの利用方法 1番目の画像

 転職を考える際、転職サイトや転職エージェントの利用を検討する人もいるだろう。

 今回は、転職エージェントに関する基礎知識と転職エージェントを有効利用するための方法などを紹介する。

 転職エージェントの利用方法に悩んでいる求職者は、本記事で転職エージェントの知識と有効利用するための方法を習得してほしい。

目次
+ + そもそも「転職エージェント」ってなに?
+ + 基本的な転職エージェントの利用の流れ
+ + 転職エージェントを利用する際の5つのメリット
+ + 転職エージェントを利用する際の3つのデメリット
+ + 転職エージェントと転職サイトとの違い
+ + あなたを成功に導く転職エージェントの使い方

そもそも「転職エージェント」ってなに?

転職エージェントは転職者の転職活動をサポートしてくれる

 転職エージェントとは、転職希望者にアドバイスなどを行い、転職のサポートをしてくれるサービスである。

 転職エージェントに登録をすると転職者一人ひとりに担当者が付き、求人を紹介したり、転職相談に対応してくれる。

 また、求人の紹介だけではなく、企業への応募や面接の調整、採用や入社決定に関わる全ての業務を仲介してくれるのも特徴だ。

 このように、転職エージェントは企業と転職希望者をwin-winな関係で結ぶ存在となっている。

 多くの場合、転職エージェントは無料で利用することができるため、転職希望者にとって身近なサポート役であるといえるだろう。

基本的な転職エージェントの利用の流れ

「転職エージェント」とは? 失敗しない転職エージェントの利用方法 2番目の画像

転職エージェント利用の流れ①:キャリアカウンセリング

 転職エージェントへの登録後、最初に行われるのはキャリアカウンセリングである。転職者一人ひとりにキャリアアドバイザーがつき、面談を通して強みや特性を明らかにしていく。

 転職エージェントによるキャリアカウンセリングは、転職エージェントのオフィスだけでではなく、転職者の職場近くなど希望の場所で行うこともある。

 キャリアカウンセリングは、これまでの経歴、実務経験、能力、転職理由や今後のキャリアプランなど、キャリアアドバイザーからさまざまな質問を投げかけられる。

 これに答えることで、転職者自身がより深い自己分析を行う手助けとなるのだ。

 事前に、履歴書・職務履歴書とそのほか希望する転職先の条件や要望などをまとめて

準備しておくとスムーズだ。

転職エージェント利用時の注意点①

  • 経歴やスキルを詐称しないこと

    自分をよく見せようとするあまりキャリアアドバイザーに嘘の情報を伝えてしまうと、転職エージェント内の登録情報が混乱したり、効果的な助言をもらえなくなってしまう

転職エージェント利用の流れ②:転職エージェントからの求人紹介

 転職エージェントとの面談を終えた後は、求人の紹介が行われる。

 面談の結果から、転職者のキャリアプラン、前職での経験、スキル、今後の展望などを踏まえた上で複数の会社を紹介してくれるのだ。

 上記のように、転職エージェントは転職希望者の希望や価値観に合った企業を提案してくれるのが特徴だ。

 転職エージェントが独自に所有している求人情報もあるため、可能な限り多くの企業を分析した上で、慎重に検討するといいだろう。

転職エージェント利用時の注意点②

  • さまざまな企業に積極的な姿勢を見せること

    転職エージェントは、転職者の適性を考えた上で会社を紹介するため、いろいろな会社に積極的な姿勢を見せることで、可能性が広がる

転職エージェント利用の流れ③:書類の添削・企業への応募

 転職エージェントとの面談が終わり応募する会社が決まったら、次に行うのは書類の提出である。

 職務経歴書やエントリーシートなどの選考書類は、作成後に転職エージェントに添削してもらうと安心だ。転職エージェントと面談を重ね、書類選考を突破できるようにしておきたい。

転職エージェント利用時の注意点③

  • 自分の推薦文を確認すること

    転職する際、キャリアアドバイザーが推薦文を書いてくれることがある。面接時に一致するように、事前に確認しておくといい

転職エージェント利用の流れ④:面接日時の調整・面接対策

 応募した書類が通過した後は、面接である。

 面接の日時調整はキャリアアドバイザーが企業と直に行ってくれるため、転職者は浮いた時間を有効活用することができる。

 その時間を面接準備にあて、志望動機や自己PRを確認しておくといいだろう。

 また、面接を受ける企業が一社ではなく複数ある場合は、混乱しないように面接に関する情報を整理しておく必要がある。

  上記に加えて、転職エージェントを利用する上で肝心なのが面接練習だ。

 転職の面接は企業によって特徴があるなど各企業向けの対策が必要なため、第三者であり、経験豊富なキャリアアドバイアーと練習することをオススメする。

転職エージェント利用時の注意点④

  • 面接日程や書類提出の確認をすること

    キャリアアドバイザーのサポートがあるとはいえ、転職活動を行うのは自分自身である。面接の日程や必要書類の有無など、重要事項に関しては積極的に確認するよう心がけたい

転職エージェント利用の流れ⑤:転職面接を受ける

 いよいよ面接である。面接練習をした場合は、キャリアアドバイザーからのアドバイスを思い出して、落ち着いて臨もう。

 たとえ、選考に進んだ企業と縁がなかったとしても、転職エージェントは他の企業を再度紹介してくれるはずだ。

転職エージェント利用時の注意点⑤

  • 提出書類の再確認をすること

    企業へ事前に送った書類を見直し、内容が面接と食い違わないように注意する必要がある

転職エージェント利用の流れ⑥:内定・退社の手続き

 面接を通過し、無事に内定が出た後は、まずキャリアアドバイザーが入社先の会社との手続きを進めることになる。

 そのため、転職者は退職日や今働いている会社の退職進捗などをめ、キャリアアドバイザーに伝える必要がある。

 一般的な退職日は退職届提出後の1〜2ヶ月後だが、業務引き継ぎの状況や自分の意思を踏まえ、相談しながら決定するといいだろう。

 退職・入社手続きは転職エージェントが行ってくれるが、各書類の用意などは転職者の対応が必要だ。転職をスムーズに終わらせるためにも、迅速な対応を心がけたい。

転職エージェント利用時の注意点⑥

  • 入社決定は自分で決断する

    転職エージェントはできるだけ転職者の内定を決めたいため、内定後、入社決定を迫られるかもしれない。自分の意志に反した転職は短期間の転職を繰り返す原因になってしまうため、意思決定は自分自身の意思を尊重するべきである

転職エージェントを利用する際の5つのメリット

「転職エージェント」とは? 失敗しない転職エージェントの利用方法 3番目の画像

 転職エージェントは、転職サイトと並び転職者をサポートするサービスとして非常に有効である。

 しかし、初めて転職活動をするという人にとっては、「サービスの内容がわからない」という不安もあるだろう。

 ここでは、そんな転職エージェントの代表的なメリットを紹介していく。もちろんデメリットもあるため、あわせて確認していただきたい。

転職エージェントのメリット1:企業に信頼される 

 キャリアアドバイザーは基本的に「内定獲得の能性が高い転職者」を企業に紹介している。

 そのため、転職エージェント経由の応募は、個人応募の場合に比べ面接へと進む可能性が高まるだろう。

 また、企業との面接や書類選考では伝わり切らないその人の魅力をキャリアアドバイザーが企業の人事にプッシュしてくれることもあり、第三者が推薦する側面としても利用できる。

転職エージェントのメリット2:適切なアドバイスが受けられる

 転職エージェントは過去の転職者のデータを数多く所有しているため、一人ひとりに適した信頼性の高いアドバイスをもらうことができる。

 「応募したい企業が絞れない」といった状況に対しても、転職の専門家としての知見を活かし、転職者に適した企業の洗い出しを行ってくれる。

 こうした幅広いサポートは、初めて転職活動をする転職者にとって頼りになるはずだ。

転職エージェントのメリット3:非公開求人へ応募できる

 転職エージェントで、一般の転職サイトやその転職サービスには公開されていない「非公開求人」を紹介してくれる。

 企業が求める人材にとして適した転職者のみに知らせるため、転職希望者にとってもマッチング精度が高く効率的だ。

転職エージェントのメリット4:自分の強みを発見できる

 先述の通り、転職エージェントには、「キャリアアドバイザー」という専任のコンサルタントがおり、転職者が持つ特徴などを客観的に分析してくれる。

 転職者の不安として「転職後の職場環境」がよく挙がるが、キャリアアドバイザーは職場環境を熟知した上で、転職者に適した会社を紹介してくれる。

 そのため、転職エージェントを通した転職は入社後の環境適応が比較的容易だといえるだろう。

転職エージェントのメリット5:転職活動に関する作業を簡略化できる

 転職エージェントは、転職活動におけるさまざまな業務を代行してくれる。

 面接の日程調整から入社後の手続きなど、働きながら転職活動を行なう人にとって、非常に頼りになるサポートである。

転職エージェント利用の5つのメリット

  • 企業に信頼される 
  • 適切なアドバイスが受けられる
  • 非公開求人へ応募できる
  • 自分の強みを発見できる
  • 転職活動に関する作業を簡略化できる


転職エージェントを利用する際の3つのデメリット

「転職エージェント」とは? 失敗しない転職エージェントの利用方法 4番目の画像

 転職エージェントは適切に活用することができれば転職希望者・企業の双方にとってメリットがある。

 しかし、「転職へ求める軸」を持った上で利用しなければ、自分の望む会社とかけ離れた環境に転職してしまうこともある。

 そうした失敗をしないためには、メリットだけでなくデメリットも把握しておくことが重要だ。

転職エージェントのデメリット1:希望通りの会社に進まない恐れがある

 転職エージェントのキャリアアドバイザーは、転職者の転職サポートをするのはもちろんだが、自分自身のノルマ(売上など)も達成しなければならない。

 そのため、転職希望者がいくつかの会社から内定をもらった場合、より年収の高い企業を勧めることがある。

 業務内容や社内の雰囲気など、年収以外の譲れない条件がある人は、きちんと主張する必要があるといえるだろう。

転職エージェントのデメリット2:ある程度決まった仕事が紹介される

 キャリアアドバイザーは、転職者がより受かる可能性の高い企業を紹介するため、ある程度決まった仕事を紹介することが多い。

 そのため、新しい業界に興味があったりチャレンジしたい職種や業務がある人は、事前に伝えておくといいだろう。

転職エージェントのデメリット3:内定後、転職の可否を考える時間が短い

 転職エージェントは、可能な限り短い時間で転職者に内定を獲得してもらい、転職を決定してもらうことを目指している。

 そのため、自身のキャリアをじっくり考えたい人は注意する必要がある。

転職エージェント利用の3つのデメリット

  • 希望通りの会社に進まない恐れがある
  • ある程度決まった仕事が紹介される
  • 内定後、転職の可否を考える時間が短い

転職エージェントと転職サイトとの違い

「転職エージェント」とは? 失敗しない転職エージェントの利用方法 5番目の画像

【転職エージェントと転職サイトとの違い】仕組み・使い方が異なる

 転職活動をする際、多くの人は「転職サイト」と「転職エージェント」を利用するだろう。

 しかし、両者は仕組み・使い方が大きく異なるため、それぞれの特徴を理解しておく必要がある。

 現在の生活パターンや、どんな風に転職活動を行いたいかなど、自分の状況に合わせた転職サービスを使うことを心がけよう。

【転職エージェントと転職サイトとの違い】比較ポイント

転職サイトのポイント

  • 転職活動の気軽さ

    転職サイトは転職活動の開始時期や求人の応募、面接日時の調整もすべて求職者が行なうため、いつでも転職活動できる
  • 転職活動期間の短さ

    転職サイトは、企業への応募や面接日時の調整を自分で行えるため、転職者次第で期間を短くすることも可能
  • 応募できる求人数

    転職サイトは、サイト上の企業に何社でも応募できる

転職エージェントのポイント

  • 転職活動の情報量

    転職エージェントは、転職サイトには掲載されていない会社の情報を知れたり、経験豊富なキャリアアドバイザーが転職事情を教えてくれる
  • 転職入社成功率

    転職エージェントは、見込みのある求人を紹介し、それに沿ったアドバイスをしてくれるため、入社率が高まる
  • 転職アドバイス

    転職エージェントは、経験豊富なキャリアパートナーが転職者の強みや特性、会社の選び方や面接対策などを教えてくれる

あなたを成功に導く転職エージェントの使い方

「転職エージェント」とは? 失敗しない転職エージェントの利用方法 6番目の画像

 転職エージェントは多くの場合無料であることに加え、キャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けられるため非常に便利である。

 しかし先述の通り、転職エージェント側にも目的がある。そのため、使いようによっては自分の意図しない転職活動になってしまう可能性もあるだろう。

 転職エージェントを利用する際は、「このために使う」という自分の目的をきちんと持つことが大切だ。

 以下では、納得のいく転職活動を進めるために、転職エージェントの利用法を紹介する。

転職エージェントの使い方①:やりたいことを明確にする

 転職エージェントは、数多くの転職者を仲介してきたキャリアアドバイザーが、過去の事例をもとにアドバイスをくれる。

 そのため、若いビジネスパーソンや初めて転職活動をする人には、とくに頼れる存在になることだろう。

 キャリアアドバイザーとの面談は、まだ自分の進みたい業界や職種が定まっていなかったり、前職に不満があって転職活動をする場合、「やりたい仕事」「なりたい自分」を明確にするいい機会である。

 また、転職エージェントを通して助言を受けたり、面談を行なう中で、自然と自己分析に結びつくことも期待できる。

 転職エージェント側も、転職者の本音を聞いた上で求人を紹介するため、内定をもらえた場合はマッチング精度の高い企業に入社することができるといえるだろう。

転職エージェントの使い方②:転職の面接練習をする

 転職活動の面接対策をするために転職エージェントを利用するのもいい。

 転職サイトとの大きな差は、転職エージェントには直接面接の練習をしたり、アドバイスをもらう機会があるこという点だ。

 社会人は、仕事の経験はあっても面接を受けることなどほとんどないだろう。

 そんな転職者にとって、面接の練習をすることは必須だといえる。転職エージェントを大いに利用し、面接対策に役立てていただきたい。

転職エージェントの使い方③:エントリーシートを添削する

 転職活動は、新卒での就職活動と違い、採用人数が少ないのが特徴的だ。面接に行く前の書類選考の時点で、競争率が高いといえるだろう。

 そのため、エントリーシートは自分一人の記載で完結するのではなく、第三者に添削してもらい、的確なアドバイスをもらうことが必要だ。面接対策とあわせて活用することで転職の成功率を引き上げることができるだろう。

転職エージェントの使い方④:複数企業の選考を同時に行なう

 転職したい会社が決まっていなかったり、一社に絞れないといった理由から、いくつかの企業を同時に受けたいというケースも考えられる。

 こうした状況のときも、転職エージェントは非常に心強い。

 復数企業に対して転職活動を行なう際、日程調整などが不安要素に挙がるが、転職エージェントを通した選考はキャリアアドバイザーが予定を調整してくれるため安心だ。

 企業の優先順位を明確にしておくと、より効率的な日程調整が行えるだろう。
「転職エージェント」とは? 失敗しない転職エージェントの利用方法 7番目の画像

  転職エージェントは転職者の転職活動を支えてくれる存在だ。転職サイトとも違い、キャリアアドバイザーがいることによって安心できる場面が多々ある。

 しかし、使い方を間違えたり自分の意思がないまま利用してしまうと、思うような会社に転職することができなくなってしまうだろう。

 利用する際は、「転職目的」を明確化した上で転職エージェントをうまく使い、満足のいく転職活動にしていただきたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する