1. イーロン・マスクが語った「起業して成功したいなら素晴らしい人材を引き寄せること」など4つのアドバイス

イーロン・マスクが語った「起業して成功したいなら素晴らしい人材を引き寄せること」など4つのアドバイス

イーロン・マスクが語った「起業して成功したいなら素晴らしい人材を引き寄せること」ほか4つのアドバイス 1番目の画像
出典:www.marshall.usc.edu

 起業家のイーロン・マスク氏が世界におよぼした影響ははかりしれない。PayPal社の前身となるX.com社、EV業界に革命をもたらしたテスラ社、火星移住や探索を掲げる先進的なスペースX社。マスク氏は、これら革命的企業の創立に関わった著名なCEOだ。

 2014年5月16日、南カリフォルニア大学マーシャル経営大学院で卒業式が行われた。卒業式スピーチを務めたのは、イーロン・マスク氏。未来を背負う若者たちに向けて、マスク氏は4つのアドバイスを贈った。

イーロン・マスク氏による4つのアドバイス

※1:15~6:16より抜粋

イーロン・マスク氏:数分間しかないみたいだから、有効なアドバイスを考えつくだけ伝えよう。大切なことを4つ教える。これらのアドバイスはもう聞いたことがあるかもしれない。でも、繰り返し聞くだけの価値がある。

“Work Super Hard.”(超頑張る)

最初に、特に起業をしたいのなら身を粉にしなければならない。

“超がんばる(Work super hard)”とは、どういうことだろうか。

弟と最初の起業をしたときに借りたのは、アパートではなくちっぽけなオフィス。ソファで寝て、YMCAのシャワーを使っていたよ。金欠のあまり、コンピューターは1台しか持っていなかった。

Webサイトは日中閲覧可能にして、夜間はプログラミング。週に7日間、ずっとだ。当時彼女がいて、僕と時間を過ごすには、オフィスで寝泊りしなければならなかった。

起きている時間はずっと、働き続けるんだ。

特に起業したい人に向けて、このアドバイスを贈るよ。

単純計算すると、他の人が週に50時間働いていて君が100時間働いていたら、2倍の作業を達成できる。1年で考えたら、他企業よりもかなり進んでいることになるよ。

立派な人物を引き寄せる

入社するにしろ、起業するにしろ、一番大切なのはすばらしい人を引き寄せることだ。

企業に勤めるなら、尊敬してやまない人のところに入社しなさい。起業するなら、立派な人々を寄せ集めなければならない。

プロダクトやサービスを作り出すために集まった人たちの集合体。これが企業の本質だからね。

企業の成功は、人材の才気と熱意、全員が同じ方向が見えているかで決まる。

品質向上のために

ノイズよりもサインに注意を払いなさい。多くの企業は見誤って、プロダクトの品質向上とはまったく関係ないことをする。

テスラ社は、宣伝にお金を割いたことがない。自動車を最高品質にするために、全費用を研究開発費や製造費、デザイン費につぎ込んでいる。

これは、大切な姿勢だ。どんな企業に入社しても、「周りが費やしている労力は、より優れたプロダクトやサービスに結果として現れているか?」を常に念頭に置こう。

そうでないのであれば、違うことに労力を割いた方がいい。

第一原理思考

流行を盲目に追うのはやめよう。

「第一原理を用いた物理学的なアプローチは大事」という僕の言葉を聞いたことがあるかもしれない。

第一原理思考は、類似性から筋道を立てるのではなく、想像できる一番基本的な法則を突き詰めてから、理を積み上げるという思考法。考えている物事が本当に合理的なのか、あるいは流行に追従しているだけなのか、判断できる有効な方法だ。

第一原理思考はむずかしい。なんでもかんでもこのようには考えられない。しかし、新しいことがしたいのなら最高の思考法だ。

このフレームワークは物理学者たちが、反直感的な物事を求めるために生み出された。量子力学みたいにね。

かなり心強いメソッドだよ。

「リスクを負うべきは今」

イーロン・マスク氏:最後に伝えておきたいことが1つある。「リスクを負うべきは今」だ。

君たちには、子供も、責任もない。全員には当てはまらないかもしれないけどね(笑)。

歳を取るにつれて、責任は大きくなるよ。家庭を持つと、リスクは君だけではなく、家族のものになる。リスキーな決断は次第に難しくなっていく。

このような責任を持つ前に、今こそリスクを負い、大胆なことをしよう。

その決断を後悔することはない。ご清聴ありがとうございました。

(会場拍手)

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する