1. 採用急募中のオープンエイト営業部長インタビュー!〜勢いのある自分、会社、仲間〜

採用急募中のオープンエイト営業部長インタビュー!〜勢いのある自分、会社、仲間〜

採用急募中のオープンエイト営業部長インタビュー!〜勢いのある自分、会社、仲間〜 1番目の画像

オープンエイトは、2015年4月に設立し、現在スマートフォン動画領域の先駆者として活躍している企業です。

女性×動画×スマートフォンを軸に動画マーケティング、動画メディア事業を展開しています。

【8000本以上のハイクオリティなコンテンツを提供する、国内最大規模のおでかけ動画メディア「ルトロン」を展開】

そんなオープンエイトは、現在キャリア採用を強化中!特に営業職を積極的に募集しています。

そこで今回は、営業部の部長である倉田達也さんをピックアップ。入社のキッカケやオープンエイトの魅力、倉田さんのビジネスポリシーなどを語っていただきました!

新しい何かにチャレンジする

いつも何かを決断するとき「新しいことにチャレンジできるかどうか」ということを考えるようにしています。新卒で入社した会社では4年間働いていましたが、漫然とこのまま今の仕事を続けていていいのかと思っていましたね。ちょうどそのタイミングで代表に声をかけてもらい入社しました。

決定打は2つあって「環境」と「人」です。環境っていうのは自分がどういう価値観で仕事がしたいのかということです。冷静に考えた時にやっぱり新しい何か、にチャレンジする、0から1を作る環境にいたいと思ったんです。もう1つは人です。正直仕事って辛いこともあります。けど、同じ目標に同じ方向を向いて一緒に戦ってくれる人はすごく大事にしたいと思います。

まだ確立されていない、だから面白い

オープンエイトでは「女性」「動画」「スマートフォン」を軸に、動画市場での仕事をしています。まだ完全に確立されていない市場で仕事ができているのが一番のやりがいです。

まだまだ会社の規模、市場シェアもこれから、今はチームみんなで市場を作っていくことが楽しい。マネージャーとして、まずは動画の領域でしっかりと実績を作っていきたいです。

商品設計にもオープンエイトらしさが出ていると思います。クライアント目線によりすぎると、肝心のユーザー目線が抜けてしまいがちなんですが、オープンエイトはユーザーありきで商品設計しています。

勢いのある自分、会社、仲間

自分も、会社も勢いがあるって言われたい。なんかあいつら違うなって言われていたいです。これから一緒に働きたいと思う人も同じです。平均的な人よりも何かに秀でている、強みがある人。一点突破できるような、弱みがあってもそれをかき消せるくらい尖った人がいいです。

営業活動はチームで動くことが多いので、チームとしてフォローできます。精緻化されていない成長市場なので競合も多く、いろんなプレイヤーがいますが、チームとして新しいことにチャレンジできる環境ですし、そういったことを楽しめる人と働きたいです。

倉田さんの仕事に対するチャレンジ精神やあたたかい人柄が伝わってくる内容でしたね!

現在オープンエイトでは、人材を幅広く募集中なので気になる人は、ぜひ求人募集をチェックしてみてください!!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する