1. 世界シェア4位中国スマホメーカー「OPPO」が日本上陸!大人気のカメラ機能は日本でヒットするか?

世界シェア4位中国スマホメーカー「OPPO」が日本上陸!大人気のカメラ機能は日本でヒットするか?

世界シェア4位中国スマホメーカー「OPPO」が日本上陸!大人気のカメラ機能は日本でヒットするか? 1番目の画像

 中国メーカーのOPPOが、最新モデルの「R11s」を引っさげ、日本に上陸した。

 日本のユーザーは耳にしたことないメーカーかもしれないが、OPPOは世界シェア第4位のメーカー。東南アジアや中国などのアジア圏に絞ったシェアでは1位と、特にこの地域で強いことが分かる。

 東南アジアに限ってみれば、サムスンやアップルはもちろん、同じ中国メーカーとして成長著しいファーウェイをも超えている。

世界4位アジア1位のOPPOが日本上陸

世界シェア4位中国スマホメーカー「OPPO」が日本上陸!大人気のカメラ機能は日本でヒットするか? 2番目の画像

 OPPOがスマートフォン事業に参入したのは2012年。そこから約6年で、飛躍的な成長を遂げ、グローバルでのシェアを急上昇させている。

 フラッグシップのRシリーズは「カメラフォン」と銘打つほど撮影機能に力を入れており、2012年にはビューティーモード、2013年には回転式のカメラなど、他メーカーにはない機能を続々と取り入れてきた。

 リアルな店舗展開や、積極的なプロモーション戦略が相まって、アジア圏では“若者向けのスマホ”として地位を確立。オーストラリアやニュージーランドといった先進国にも徐々に進出しており、満を持して日本への進出を果たした。

 日本では、まずSIMフリースマホとしてR11sを家電量販店で販売。大手キャリアへの納入も目指す。

世界シェア4位中国スマホメーカー「OPPO」が日本上陸!大人気のカメラ機能は日本でヒットするか? 3番目の画像
世界シェア4位中国スマホメーカー「OPPO」が日本上陸!大人気のカメラ機能は日本でヒットするか? 4番目の画像
カメラ機能に注目し、いち早く最新機能を盛り込んできた

 カメラ機能に注力するシリーズだけに、R11sにも独自の機能が搭載されている。背面に搭載されたデュアルカメラがそれだ。

 他社と異なるのは、2つのカメラの役割。一般的なデュアルカメラは、標準と望遠や、標準と広角といったように、画角の異なる2つのレンズを切り替えられることが多い。ファーウェイのように、解像度の高いモノクロセンサーと、それに色をつけるためのカラーセンサーを搭載するメーカーもある。

 一方のR11sは、「昼用」と「夜用」の2つを搭載するのが他社にないユニークなポイント。昼用は1600万画素で、デュアルピクセルAFなどに対応。

 対する夜用は2000万画素で、4つの画素を1つに合成して感度を上げることができる。明るさに応じて、2つのカメラを自動的に切り替えられるのが、R11sのデュアルカメラというわけだ。

世界シェア4位中国スマホメーカー「OPPO」が日本上陸!大人気のカメラ機能は日本でヒットするか? 5番目の画像
R11sの背面には「昼用」「夜用」2つのカメラを搭載

 インカメラも2000万画素と画素数が高く、OPPOが得意とするビューティモードも搭載する。ユーザーの顔をパーツごとに分けて、トータルで200万通りの補正をかけるため、自撮りが自然にかつきれいに仕上がる。

 2012年にいち早くセルフィーに着目してビューティモードを搭載し、セルフィー熱の高いアジアで受け入れられてきただけに、仕上がりの良さは折り紙つきだ。

世界シェア4位中国スマホメーカー「OPPO」が日本上陸!大人気のカメラ機能は日本でヒットするか? 6番目の画像
インカメラも2000万画素で独自のビューティモードを搭載

 R11sで日本上陸を果たしたOPPOだが、SIMフリー市場では、価格の高さがネックになるかもしれない。Rシリーズは同社のフラッグシップなだけに、R11sも値段は税込みで6万円を超える。

 3万円前後の端末が主流のSIMフリースマホ市場では、率直にいって高く感じられる。SIMフリースマホ市場でも、徐々にハイエンドモデルが増えているが、各社とも販売数を稼ぐのは廉価モデル。どちらかといえば、ハイエンドモデルはブランドイメージ作りの色合いが濃い。

 そのため、OPPOが日本でシェアを上げるには、端末のバリエーションも必要になりそうだ。

 また、日本はキャリア市場が強く、SIMフリースマホもMVNOが独自の販路を持つ。セット販売で割引を提供するMVNOも増えているため、SIMフリーとはいえ、キャリアとの協調は欠かせない。R11sを取り扱うのは、現状、家電量販店のみとなるため、販路の拡大も急務になりそうだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する