1. ホリエモンが幼稚園の業務をデジタルで効率化?「壁面製作だって液晶パネルで十分だよね」

ホリエモンが幼稚園の業務をデジタルで効率化?「壁面製作だって液晶パネルで十分だよね」

ホリエモンが幼稚園の業務をデジタルで効率化?「壁面製作だって液晶パネルで十分だよね」 1番目の画像

 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。

 『堀江貴文のQ&A「当たり前を疑え!?」〜vol.919〜』では、ホリエモンが色々な作業に忙殺される幼稚園・保育園の業務のデジタル化を提案。

 今回取り上げたのは、「保育士や幼稚園教諭、医療事務の方々は、壁面製作といわれる季節に応じた制作物を作成・掲示されていらっしゃいます。それ自体は素晴らしいことだと思うのですが、正直誰が作ってもスペックに大きな差はないと思います。そして、それらの職業の人たちの仕事を無駄に忙しくしています。

 そこで、全国の保育士・幼稚園教諭・医療事務の方々を対象に「壁面製作 作成代行」のサービスを行おうと思うのですが、堀江さんはどう思われますか? 作成はそれらの仕事のOGの方や内職希望の主婦をネットワーク化しようと考えています。ちなみにマーケット対象者は合計100万人を超えます」という質問。

ホリエモン「壁面製作代行は流石にニッチすぎるよ」

ホリエモンが幼稚園の業務をデジタルで効率化?「壁面製作だって液晶パネルで十分だよね」 2番目の画像

 ホリエモンは「いいと思うけど、ニッチすぎて営業コストをカバーできない気がする……」と回答。

 幼稚園や保育園では季節ごとの装飾などを壁に飾る「壁面製作」が行われることが多く、その作業負担はスタッフにとって大きいという質問者。そこでこれらの業務の代行サービスを始めたいというが、ホリエモンはさすがにニッチすぎると考えているようだ。

 素人目でみても、たしかに壁面製作は通常業務もある職員がやるには負担が大きそう。そこでホリエモンが今回のゲストで「まちの保育園」を運営するナチュラルスマイルジャパン株式会社代表取締役社長である松本理寿輝氏に「実際、壁面製作をやっているの?」と尋ねたところ、彼の運営する保育園ではなんとやっていないのだそう。

 松本氏によれば、伝統的な保育園では壁面製作に力を入れているところも多いが、そこまで労力をかけない、あるいはやらないという場所も最近では少なくないそう。それは、壁面製作以外でも子供に親しみやすさを与える空間設計の方法があるからだ。

ホリエモン「液晶パネルで活動写真を流せば効率的だよ!」

ホリエモンが幼稚園の業務をデジタルで効率化?「壁面製作だって液晶パネルで十分だよね」 3番目の画像

 そこで「まちの保育園」では、子供たちが工作で手がけた作品や写真を壁面で展示しているのだとか。これなら作業負担もかなり減るし、園児にとっても親しみやすい空間になる。

 これを聞いてホリエモンは、そもそもこうした作業自体もあまり必要なさそうだと提案。例えば壁面にデジタルディスプレイを設置すれば、イベント時や普段の写真や動画を自動で表示することができる。

 しかもこうした作業はデジタル機器や配線に詳しくなくても、近年ならMacのAirDropでほぼ手間なしで可能。空いた時間で職員が他の作業に手を回せれば、保育の質もより上がるはずだ。

 まだまだ効率化のタネがあらゆる場所にありそうな幼児教育。デジタル技術の導入で、数年後にはこれまでとはかなり異なった養育現場になっていることもあるのかもしれない。

 ホリエモンが幼稚園業務の効率化について語った『堀江貴文のQ&A「当たり前を疑え!?」〜vol.919〜』。動画が観たい方はコチラからどうぞ!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する