1. 今注目のスポーツ「フットゴルフ」って何? 大人が楽しめるフットゴルフのやり方&魅力を徹底解説

今注目のスポーツ「フットゴルフ」って何? 大人が楽しめるフットゴルフのやり方&魅力を徹底解説

今注目のスポーツ「フットゴルフ」って何? 大人が楽しめるフットゴルフのやり方&魅力を徹底解説 1番目の画像
出典:www.mens-ex.jp

 大人の男として「心からのリラックス」と「適度なエクササイズ」ができる趣味の一つは持っておきたいもの。

 そこで今回おすすめしたいのが、現在世界的に急成長を遂げている次世代スポーツ「フットゴルフ」だ。

 果たして、フットゴルフとはどんなスポーツなのだろうか? フットゴルフの魅力とやり方について解説したい。

そもそも「フットゴルフ」とは?

今注目のスポーツ「フットゴルフ」って何? 大人が楽しめるフットゴルフのやり方&魅力を徹底解説 2番目の画像
出典:www.mens-ex.jp

 「フットゴルフ」というスポーツの種目名を初めて目にする人も多いはず。

 まずは「フットゴルフ」とはどんなスポーツなのか、という概要について説明しよう。

「サッカー」×「ゴルフ」=それが「フットゴルフ」だ!

 「フットゴルフ」がどんなスポーツなのかを一言で説明すると、サッカーとゴルフをミックスした新感覚競技といえる。

 2017年10月末には軽井沢で大会が行われるなど、2024年の夏季オリンピック正式種目を目指しており、競技人口も増加しているそうだ。

フットゴルフが誕生した理由は「若者のゴルフ離れ」

今注目のスポーツ「フットゴルフ」って何? 大人が楽しめるフットゴルフのやり方&魅力を徹底解説 3番目の画像
出典:www.mens-ex.jp

 2009年、オランダにて誕生したフットゴルフ

 実は、フットゴルフというスポーツが誕生した背景には、“若者のゴルフ離れ”という原因があったとされている。

 おそらく、ゴルフの敷居が高いイメージや、一つの道具で遊べないお金のかかるイメージが現代の若者の価値観とマッチせずに、ゴルフ離れを加速させたのだろう。

 そんなとき、客足が伸び悩むゴルフ場の打開策として生まれたのが「フットゴルフ」なのだ。

ゴルフ場の打開策「フットゴルフ」は史上最速の発展を果たした!

今注目のスポーツ「フットゴルフ」って何? 大人が楽しめるフットゴルフのやり方&魅力を徹底解説 4番目の画像
出典:www.mens-ex.jp

 ボール一つだけで遊べる「フットゴルフ」は、ゴルフ場の狙い通りに若者のニーズにヒットした。

 第1回目のワールドカップは2012年、ハンガリーにて開催。

 フットゴルフが誕生した3年後にワールドカップが行われるスピード感は、“スポーツ史上最速の発展”と評されるほど。

 今後も競技人口が伸び続けることが期待できるスポーツなのだ。

フットゴルフの競技内容・ルール

フットゴルフは、足を使って少ない打数でカップインさせる!

今注目のスポーツ「フットゴルフ」って何? 大人が楽しめるフットゴルフのやり方&魅力を徹底解説 5番目の画像
ボールはサッカーボールの5号球を使用

 サッカーボールの5号球を使い、ゴルフコースにて9ホール(もしくは18ホール)をラウンドし、スコアを競うのが主な競技内容。

 ボールを足で蹴ることに関してはサッカー、できるだけ少ない打数でカップに沈めていくことについてはゴルフと同様だ。

 フットゴルフのルールについては「日本フットゴルフ協会公式サイト」にてイラスト付きで紹介されているので、詳細はそちらでチェックしてみてほしい。

 日本フットゴルフ協会公式サイトに掲載されているフットゴルフの基本ルールは、以下の通りである。

フットゴルフの基本的なルール

  • 常にゴルフウェアを着用する
  • 自分のボールであることを見分けやすくする
  • スコアカードを見直して、自分の順番を待つこと。自分のキックが他の選手の邪魔にならないように注意する
  • ボールは一挙動のみで動かさなければならず、蹴る前は、足はボールから後方に離れていなければならない
  • ボールが完全に止まるまでは、次のプレーを待つ(風により転がるボールを止めることは認められていない)
  • マーカーとその後方2mの間でボールをキックオフ(ティーオフ)すること
  • ボールがあるがままにプレーする。蹴る前にボールを動かしたり、障害物から移動させることは認められていない
  • カップから一番遠い位置にいるプレーヤーが最初にボールを蹴る
  • ボールがウォーターハザードに落ちたら、ボールがそのハザードに入ったと思われる地点に一番近い場所から2歩以内にリプレースし1打罰を受ける。または、1打罰を受けその前にキックした地点にボールを置きキックする
  • グリーン上でのみ、ボールをピックアップし汚れを落としてリプレースすることができる

フットゴルフには高度なテクニックやフィジカルの強さは必要なし!

今注目のスポーツ「フットゴルフ」って何? 大人が楽しめるフットゴルフのやり方&魅力を徹底解説 6番目の画像
ゴルフの「ティーショット」はサッカーのフリーキックのように豪快にキック!

 フットゴルフにはドリブルなどの高度なテクニックは必要ない

 キックの精度とコースを読み解く洞察力がフットゴルフの勝負を決するという、純然たる個人競技だ。

 また、フットゴルフはやみくもに走り回ったり、パワーで押していくタイプのスポーツではない。

 そのため、子どもから女性、そしてシニアまで、安心してフットゴルフを楽しむことができる

 ボール一つで始められるだけでなく、間口の広い競技であるということもフットゴルフの魅力なのだ。

フットゴルフを行うときの服装は?

今注目のスポーツ「フットゴルフ」って何? 大人が楽しめるフットゴルフのやり方&魅力を徹底解説 7番目の画像
出典:www.mens-ex.jp

 記事を読み進めていくうちにフットゴルフに少し興味が湧いてきたという人もいるのではないだろうか。次に説明するのは、競技を行うときの“服装”についてだ。

 先ほどの日本フットゴルフ協会公式サイトの基本ルールで述べたように、フットゴルフでは「常にゴルフウェアを着用する」ことがルール化されている。

フットゴルフの服装ではカジュアルなジーンズ、TシャツはNG! 

 ゴルフウェアというと、襟付きシャツやソックス、ゴルフ用のショーツなどがある。

 そもそもゴルフとは“紳士のスポーツ”だ。カジュアルなジーンズやTシャツ、フットサル・サッカー用のショーツ、サッカースパイクなどの服装は禁止されているので、プレーの際には気をつけよう。

 ちなみに、冬シーズンは上から防寒着を着用することが可能。秋冬も寒さを気にすることなく、安心してフットゴルフをプレーできる。



日本国内フットゴルフのプレーヤー人口は“約2万人”!

今注目のスポーツ「フットゴルフ」って何? 大人が楽しめるフットゴルフのやり方&魅力を徹底解説 8番目の画像
出典:www.mens-ex.jp

世界的なフットゴルフの統括組織「国際フットゴルフ連盟(FIFG)」

 2009年にオランダで発祥した後、徐々にファンを増やし、今では世界的な統括組織として国際フットゴルフ連盟(FIFG)が存在し、我が国も所属し日本代表チームを各大会に送り出している。

 2017年現在は約2万人が日本国内でプレーをしており、2024年のオリンピック正式種目への登録を目指し、多くの関係者がこのフットゴルフの普及・振興に努めているのだ。

長野県でフットゴルフの世界大会が開催!

今注目のスポーツ「フットゴルフ」って何? 大人が楽しめるフットゴルフのやり方&魅力を徹底解説 9番目の画像
出典:www.mens-ex.jp

 そして今年、2017年10月には長野県の軽井沢72ゴルフ南コースにて、世界大会の「JAPAN FOOTGOLF INTERNATIONAL OPEN supported by Cygames」が開催された。

 世界のトッププレーヤーのなかには、かつてレアルマドリードに在籍していた著名選手などもいるという。

 日本でも元Jリーガーが数多くプレーしており、多くのファンがその活躍を応援しているのだ。

関東近郊でフットゴルフができる場所は?

今注目のスポーツ「フットゴルフ」って何? 大人が楽しめるフットゴルフのやり方&魅力を徹底解説 10番目の画像
出典:www.mens-ex.jp

 フットゴルフを友人同士で実際にやってみたい場合、下記のゴルフ場でフットゴルフをプレーすることが可能だ。

 フットゴルフに興味がある方は、ぜひ下記のゴルフ場をチェックしてみてほしい。

関東近郊でフットゴルフができる場所①:富士の杜ゴルフクラブ(静岡県)

 高級ホテルのような上品さを漂わせたエントランスやクリーンなパウダールーム、広々としたバスルームを備えた静岡県のゴルフ場「富士の杜ゴルフクラブ」。

 フットゴルフを楽しんだ後のコンテンツも充実している施設だが、ゴルフコースの各ホールからは富士山を眺めることできる。

 美しい富士山の姿を楽しみながら、思い切り体を動かしてリフレッシュしてみてはいかだろうか。

【富士の杜ゴルフクラブ】
〒410-1431 静岡県駿東郡小山町須走493
TEL:0550-75-3005 FAX:0550-75-3004

平日14:30~  受付 一般:4,500円 ジュニア:2,500円(全て税込)
土日祝14:30~  受付 一般:6,000円 ジュニア:3,500円(全て税込)

10名以上=500円割引
30名以上=1,000円割引

関東近郊でフットゴルフができる場所②:TBC太陽クラブ(栃木県)

 平地のコースでプレーしたい方におすすめなのが栃木県のゴルフ場「TBC太陽クラブ」。

 無料シャワールームがついているので、フットゴルフでかいた汗をしっかり洗い流すことができる。また、バーベキューセットなども用意されており、家族と一緒にのんびり食事をすることも可能だ。

 フットゴルフをした後は、緑に囲まれた静かな場所で羽を伸ばしてみるのもいいだろう。

【TBC太陽クラブ】
〒323-0827 栃木県小山市神鳥谷2247-3
TEL:0285-31-0086  FAX:0285-31-0087

平日:3,500円(一般)、1,500円(ジュニア)
土日祝:5,000円(一般)、2,500円(ジュニア)

※ジュニアは16歳未満が対象
※昼食は別料金
※レンタルボール有(1,000円)
※上記は全て税込

営業時間
・平日8:00~(ゴルフコンペ開催時は12:00~)
・土日祝(午前)9:00~10:30までのスタート(午後)13:30~
※土日祝は完全予約制

関東近郊でフットゴルフができる場所③:キャメルゴルフリゾート(千葉県)

 リゾートホテルのような空気が流れるエントランスとロビーが素敵な千葉県のゴルフ場「キャメルゴルフリゾート」。

 思う存分にフットゴルフをした後は、同施設に宿泊することができる。自慢の夕食コースは、鍋やバーベキュー、和食などが揃っているため、用途やメンバーに合わせた食事を予約できるのもうれしい。

 フットゴルフ後に、ゆっくりと体を休めたい方におすすめの施設だ。

【キャメルゴルフリゾート】

〒299-5111 千葉県夷隅郡御宿町上布施3360
予約ダイアル:0470-68-6061
当日夜間ダイヤル(当日宿泊のお客様専用):0470-68-6062

大人
平日:2,500円(9H)、3,500円(18H)
土日祝:3,500円(9H)、4,500円(18H)

ジュニア(16歳未満)
平日:1,500円(9H)、2,500円(18H)
土日祝:2,500円(9H)、3,500円(18H)

レンタルボール→税別500円
※表示は税別料金

関東近郊でフットゴルフができる場所④:レッズランド(埼玉県)

 まずは手軽にフットゴルフを体験してみたい!という方におすすめなのが埼玉県の「レッズランド」。

 サッカーチームの浦和レッズが運営する会員制のスポーツランドで、1人500円でフットゴルフ体験コースを利用することができる。

 ワンコインでできるため、まずはどんなスポーツなのか知りたいという方は、ぜひレッズランドのフットゴルフ体験コースを利用してみてほしい。

【レッズランド】
〒338-0825  埼玉県さいたま市桜区下大久保1771
TEL:048-840-1541
営業時間:10:30〜16:00

1人500円(6ホール=Aコース×1周またはBコース×2周:税込)
※プレー時間は4名1組、6ホールで40分〜1時間程度です
※フットゴルフ利用者はレッズランドハウスを無料
※サッカーボールは有料でレンタルも可能です(1球/会員:100円、ビジター:210円)

関東近郊のフットゴルフができる場所

  • 富士の杜ゴルフクラブ(静岡県)
  • TBC太陽クラブ(栃木県)
  • キャメルゴルフリゾート(千葉県)
  • レッズランド(埼玉県)

 世界大会が日本国内で開催されるなど、日本でも注目されているスポーツ「フットゴルフ」。

 新たな趣味を探している方は、この機会にユニークかつ軽快なフットゴルフにトライしてはいかがだろうか。

動画撮影/筒井義昭  撮影/恩田拓治 文/長谷川 剛(04)
参考記事:今注目のスポーツ「フットゴルフ」って何!?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する