1. エレガントなのに男っぽい。チェスター&ステンカラーのロングコート着こなし術

エレガントなのに男っぽい。チェスター&ステンカラーのロングコート着こなし術

エレガントなのに男っぽい。チェスター&ステンカラーのロングコート着こなし術 1番目の画像
出典:zozo.jp

 今年もトレンド継続中のロング丈コート。エレガントな風格を醸し出すのが魅力だが、着こなしが分からないという人も多いのではないだろうか。

 そこで、トラッドなアイテムに注目の集まる今年、特に人気の高いチェスターコートとステンカラーコートのロング丈の着こなしを紹介する。

ロング丈コートの着こなしポイント

エレガントなのに男っぽい。チェスター&ステンカラーのロングコート着こなし術 2番目の画像
出典:zozo.jp

 初めに、ロング丈コートの特徴を押さえよう。縦のラインを強調するロング丈に“着られない”ようにするには、スタイルをよく見せることが大切。

 また、ロング丈はガウンのようなエレガントな印象を与えるので、かっちりめのテイストに遊び心を加えていくとバランスが取りやすい

スーツライクなチェスターコートはきれいめを意識!

腰までのチェスターをシャツ×細身のパンツでスーツライクに

エレガントなのに男っぽい。チェスター&ステンカラーのロングコート着こなし術 3番目の画像
出典:zozo.jp

 モノトーンのアイテムに合わせたブラウンの革靴とクラッチバッグがアクセントに。全体的にきれいめで、チェスターコートがよくなじむコーデだ。

ロング丈カットソーと合わせるとしっくりきそう!

エレガントなのに男っぽい。チェスター&ステンカラーのロングコート着こなし術 4番目の画像
出典:zozo.jp

 ひざ丈のチェスターコートをロング丈のカットソーと合わせて、リラックス感のあるコーデに。オーバーサイズのトップスは脚の長さを隠してくれるので、ロング丈を着こなしやすくしてくれる。

 落ち着いたアースカラーとホワイトを、ブラックとレザーシューズで引き締めて大人っぽく仕上がっている。

相性◎なスヌードで小顔を狙え!

エレガントなのに男っぽい。チェスター&ステンカラーのロングコート着こなし術 5番目の画像

出典:zozo.jp

 エレガントなロング丈はゆるりとした曲線を描くスヌードとの相性も抜群。

 こなれ感を演出すると同時に、大判のスヌードとの対比で小顔効果も期待できるので、ロングコートをお持ちの場合はぜひ試してみてほしい。

あえてオーバーサイズを選ぶのもアリ

エレガントなのに男っぽい。チェスター&ステンカラーのロングコート着こなし術 6番目の画像
出典:zozo.jp

 こちらのチェスターコートはシルエットがオーバーサイズのため、横幅もややワイド。小顔に見せてくれるから着こなしやすい。細身のスラックスもスタイルアップに一役買っている。

 また、合わせているアイテムのシルエットはベーシックなものばかりだが、セーターの差し色と白ソックスでモダンな印象に。黒スニーカーが大人っぽさの中に軽快さを演出してくれる。

トレンドのツイード柄を使ったロングコートも!

エレガントなのに男っぽい。チェスター&ステンカラーのロングコート着こなし術 7番目の画像
出典:zozo.jp

 今季アツいのがツイード柄。ツイード柄を使ったロングコートは羽織るだけで上級者見えするアイテムだ。

 モノトーンで色味を合わせて、トラッドな柄を洗練されたコーデに昇華している。

着心地ゆったりなステンカラーコートは、大人の余裕と遊び心を

タートルネック×スラックスがますます大人っぽい!

エレガントなのに男っぽい。チェスター&ステンカラーのロングコート着こなし術 8番目の画像
出典:zozo.jp

 ひざ上のステンカラーコートを、優しいオフホワイトのタートルネックとスラックスに合わせて品のよさを演出しつつ、落ち着いたチェック柄のキャップに革靴ライクなスニーカーを合わせて小粋な外しも加えている。

上下の色を合わせて脚長見え!

エレガントなのに男っぽい。チェスター&ステンカラーのロングコート着こなし術 9番目の画像
出典:zozo.jp

 個性的なデザインカットソーに目が行くが、トップスとボトムスの境界線が曖昧になっていることで脚長効果も生まれている。

ワイドパンツで旬なリラックスモードを演出

エレガントなのに男っぽい。チェスター&ステンカラーのロングコート着こなし術 10番目の画像

出典:zozo.jp

 ジャストサイズのセーターやレザーシューズに、今年らしいワイドパンツを加えた上級者コーデ。

 しかし、ジャストサイズのトップスの下にワイドパンツを着ると、足が短く見えがち。スタイルに自信のある人は挑戦してみてほしい。

 トレンドアイテムを取り入れるのはおしゃれの醍醐味だが、自分に似合うことも大切。自分にあったアイテムと着こなし方を見つけて、お気に入りのアウターと出会おう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する