1. 「アベンジャーズ」にはない魅力は?DCコミックスのヒーローが集結「ジャスティス・リーグ」!

「アベンジャーズ」にはない魅力は?DCコミックスのヒーローが集結「ジャスティス・リーグ」!

「アベンジャーズ」にはない魅力は?DCコミックスのヒーローが集結「ジャスティス・リーグ」! 1番目の画像

 今、ハリウッド映画のメインストリートはスーパーヒーロー軍団に占拠されていると言ってもいい。

 マーベルコミックの主役たちを束ねては拡散し、空前のヒットを連発する「アベンジャーズ」シリーズ、かなり後追いではあるが、トム・クルーズ主演の「ザ・マミー╱呪われた砂漠の王女」(17)を皮切りに、ユニバーサル映画のホラー作品をリブートしようと試みた「ダーク・ユニバース」。

「ジャスティス・リーグ」はシリーズ5作目

「アベンジャーズ」にはない魅力は?DCコミックスのヒーローが集結「ジャスティス・リーグ」! 2番目の画像

 そして、バットマン、スーパーマンほか、DCコミッスクのヒーローたちがチームを組むシリーズの最新作が「ジャスティス・リーグ」だ。実はこれ、DCヒーローが登場する名付けて「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズの5作目に当たる。

 ここで一応、過去4作をお復習いすると、スーパーマンの生い立ちからを新たに描き直した「マン・オブ・スティール」(13)、両ヒーローが雌雄を決する「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」(16)、悪役たちがミッションを遂行する「スーサイド・スクワッド」(16)、そして、女性ヒーローの降誕を祝った「ワンダーウーマン」(17)、となる。

 さて、「ジャスティス・リーグ」略して「JL」は、「バットマンvsスーパーマン」で描かれた地球最後の日から数ヶ月後を舞台に、自己犠牲によって世界を絶滅の危機から救ったスーパーマンの行動を目の当たりにし、仲間の結束と信頼の重要性を痛感したバットマンことブルース・ウェインが、チーム作りを開始するところから話は始まる。

新メンバーのイチオシはアクアマン!

「アベンジャーズ」にはない魅力は?DCコミックスのヒーローが集結「ジャスティス・リーグ」! 3番目の画像

 召集されるメンツは以下の通り。ワンダーウーマンことアマゾン族の王女、ダイアナ・プリンス、超高速移動で危機を食い止めるフラッシュことバリー・アレン、ゴッサム・シティの元フットボール選手で怪我を境に驚異の機械人間へと豹変したサイボーグことビクター・ストーン、そして、水陸両用のボディスキルを誇るアクアマンことアーサー・カーリー。

 以上、新生・スーパーヒーロー軍団が、万能のパワーを秘めた“マザーボックス”を求めて暗躍する異星人、ステッペンウルフの野望に立ち向かうプロセスで、これまであまり馴染みがなかった各キャラクターのバックグラウンドが紹介される。いわゆる“顔見世興行”だ。

 スピードフォースと呼ばれる異次元からのパワーを元手に、独自に自警活動にも勤しむメタヒューマンのフラッシュ(エズラ・ミラー)は、チームに参加したことで友達が出来たと大喜びする内面は普通の少年である。メディアからダーク過ぎると指摘されるシリーズに笑いを呼び込むコメディリリーフの役目を請け負っているのが、このフラッシュだ。

 しかし、「JL」で最大の注目株は、海底王国アトランティスに生まれたマッチョな半漁人、アクアマンで決まり。美しく鍛え上げられた体で水中を、そして陸上を疾走するその姿は、カールしたロングヘアとも相まって、マーベルを含めた全ヒーロー中でも最高にかっこいい。

 演じるジェイソン・モモアはハワイ生まれのモデル出身俳優で、Netflixで配信中のドラマ「フロンティア」や、「ゲーム・オブ・スローンズ」のエピソード10で演じたドラスク族の王、カール・ドロゴ役でチェック済みの方もいるかも知れない。

悩めるバットマンと華麗なワンダーウーマン

「アベンジャーズ」にはない魅力は?DCコミックスのヒーローが集結「ジャスティス・リーグ」! 4番目の画像

 彼らフレッシュメンたちを束ねるバットマンは、延々と続く闇との死闘に少々疲弊気味だ。白髪交じりの頭を隠そうともせず、疲れたヒーローを演じるベン・アフレックがけっこういい風味を出している。一部でシリーズ卒業も噂されるベンアフだが、こんな美味しいフランチャイズを手放す手はないと思う。

 また、一枚看板シリーズが好評のワンダーウーマンも、恋人のスティーブを亡くした悲しみを封印しつつ、華麗にステップを踏む姿が相変わらず美しい。今回も標的を凝視するガル・ガドットの眼力に、乞うご期待である。


メルセデス・ベンツが車の製作に協力

 コスチュームとガジェット類も充実している。アーマープレートが装着されてさらに強度が増したバットスーツ、ランチャーやマシンガンが搭載され、壁面でも走行可能になったバットモービル、そして、ブルースが普段愛用しているファンシーなコンセプトカーは、メルセデス・ベンツが開発に協力した逸品。あまりに有名なお馴染みのマスコットをカーマニアは見逃さないだろう。

 「ロード・オブ・ザ・リング」で知られる  CGIの名門、WETAが制作した合成シーンの緻密さも含めて、これは、DCコミックを原作とした実写映画の金字塔「ダークナイト」(08)のスピリットを受け継ぐ、文字通りハリウッド・レガシーの最新アップデート版。「アベンジャーズ」にはない重量感のある物語とビジュアルエフェクツを期待して、間違いはないはずだ。

「アベンジャーズ」にはない魅力は?DCコミックスのヒーローが集結「ジャスティス・リーグ」! 5番目の画像

【作品情報】
「ジャスティス・リーグ」
11月23日(木・祝) 全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HPをチェック
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する