1. 【“着回し力”で選ぶジャケット&パンツ】紺ブレが一着あれば、仕事も休日も1week対応できる!

【“着回し力”で選ぶジャケット&パンツ】紺ブレが一着あれば、仕事も休日も1week対応できる!

多彩な着回しができる紺ブレだが、ビジネスとカジュアルのどちらに比重を置くかでモノ選びは微妙に変わってくる。そのひとつの尺度となるのがポケットの仕様。下のコーディネート例を参考に、自分に合った紺ブレを見つけよう。

ビジ >カジ派なら2パッチポケット
〈Jacket〉米国ブレザーの元祖による現代的な一着

BROOKS BROTHERS ブルックス ブラザーズの2パッチポケットブレザー 

程よく細身で着丈も短めな「ミラノ」モデル。前身頃にダーツを入れない米国ブレザースタイルを踏襲しつつ、モダンに着こなせる。生地は伊の名門ヴィターレ・バルベリス・カノニコ社のセミフランネル。6万9000円(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

月~金〈weekday〉新規の商談では

白シャツ+小紋タイで誠実な見た目に

【“着回し力”で選ぶジャケット&パンツ】紺ブレが一着あれば、仕事も休日も1week対応できる! 1番目の画像
シャツ1万9000円/ストラスブルゴ(ストラスブルゴ) タイ1万6600円/ニッキー(シップス 銀座店) パンツ3万4000円/PT01(PT JAPAN) ベルト1万4000円/ダミーコ(バインド ピーアール) 靴7万6000円/クロケット&ジョーンズ(ビームス ハウス 丸の内)

クライアントとの会食では

さりげない柄使いで個性をアピール

【“着回し力”で選ぶジャケット&パンツ】紺ブレが一着あれば、仕事も休日も1week対応できる! 2番目の画像
シャツ2万2200円/ギ ローバー(シップス 銀座店) タイ1万2000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ原宿本店) パンツ3万6000円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOAKI) ベルト1万円/サドラーズ(バインド ピーアール) 靴6万8000円/三陽山長(三陽山長銀座店) チーフはすべてスタイリスト私物

仕事Styleのコツ

ヴィンテージ調のタイで今の気分を注入

胸が箱ポケット+両腰のパッチポケットにもフラップがつくこのモデルは、もとから端正なビズスタイルが築きやすい。

とはいえ正統派なだけでは面白くない。定番の小紋タイやストライプタイを合わせる場合、程よくヴィンテージ風のものを選ぶと今らしい雰囲気が出る。

土日〈weekend〉青山でのショッピングでは

ニットを肩掛けして軽やかなムードに

【“着回し力”で選ぶジャケット&パンツ】紺ブレが一着あれば、仕事も休日も1week対応できる! 3番目の画像
ニット3万4000円/ザノーネ(スローウエア ジャパン) シャツ2万1000円/ジャンジ(バインド ピーアール) パンツ1万3000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) ベルト1万4000円/ダミーコ(バインド ピーアール) 靴16万5000円/エドワード グリーン(エストネーション)

愛犬の散歩では

デニムにもサッと羽織って出られる

【“着回し力”で選ぶジャケット&パンツ】紺ブレが一着あれば、仕事も休日も1week対応できる! 4番目の画像
ニット1万9000円/アンドレア フェンツィ(コロネット) パンツ3万3000円/PT05(PT JAPAN) ベルト1万9000円/ダミーコ(バインド ピーアール

休日Styleのコツ

ニットを活用し、上品に寛ぎ感を演出

上は白パンを合わせたクラブジャケット風の装い。鮮やかなニットを肩掛けし、リラックスした休日のムードを高めた。

近場に出かける際の、気張らない上着としてもブレザーは丁度いい。デニムに白×紺のボーダーニットを挟めば、フレンチカジュアル的な小粋さも示せる。

カジ>ビジ派なら3パッチポケット
〈Jacket〉SOUTHWICK サウスウィックの3パッチポケットブレザー

気軽に羽織れるアンコン紺ブレ

数多くのOEM実績でも有名な、今なお米国生産にこだわる凄腕ファクトリーのオリジナル。3パッチ仕様に加え、芯材をほとんど用いないアンコン仕立て&ゆったり目のシルエットなど、よりカジュアルライクに着やすい作りだ。9万円(シップス 銀座店)

月~金〈weekday〉取引先への営業時では

青シャツでコントラストを弱め、優しいムードに

【“着回し力”で選ぶジャケット&パンツ】紺ブレが一着あれば、仕事も休日も1week対応できる! 5番目の画像
シャツ2万2000円/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク) タイ1万6000円/フランコ バッシ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) パンツ3万4500円/インコテックス(シップス 銀座店) 靴9万5000円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー) ベルト、チーフ〈スタイリスト私物〉シャツ2万2000円/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク) タイ1万6000円/フランコ バッシ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) パンツ3万4500円/インコテックス(シップス 銀座店) 靴9万5000円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー) ベルト、チーフ〈スタイリスト私物〉

部下との社内ミーティングでは

あえての白ニットで話しやすい空気を作る

【“着回し力”で選ぶジャケット&パンツ】紺ブレが一着あれば、仕事も休日も1week対応できる! 6番目の画像
ニット1万6000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店) パンツ1万5000円/ユニバーサルランゲージ(ユニバーサルランゲージ 渋谷店) ベルト1万4000円/ダミーコ(バインド ピーアール) 靴6万8000円/クロケット&ジョーンズ(エストネーション)

仕事Styleのコツ

どこか素朴に見せるコーディネートが合う

肩の凝らないデザインだが、もちろんタイドアップもOK。青シャツを使えば胸元のコントラストが弱まり、どこか親しみやすい雰囲気に。

また内勤主体の日なら、白タートルを合わせるのもおすすめ。品を保ちつつも柔和な印象となり、チームの部下の緊張もほぐせそうだ。

土日〈weekend〉アート鑑賞の日では

ダークトーンで知的なスタイルに

【“着回し力”で選ぶジャケット&パンツ】紺ブレが一着あれば、仕事も休日も1week対応できる! 7番目の画像
シャツ2万5000円/ジャンネット(トヨダトレーディング プレスルーム) ニット2万3000円/スローン(スローン) パンツ3万3000円/PT01(PT JAPAN) ベルト1万4000円/サドラーズ(バインド ピーアール) 靴15万円/マッキントッシュ(マッキントッシュ 青山店) 

休日のランチでは

色ニットをINして丁度いい安らぎ感に

【“着回し力”で選ぶジャケット&パンツ】紺ブレが一着あれば、仕事も休日も1week対応できる! 8番目の画像
ニット1万8000円/ウィリアム ロッキー(ユナイテッドアローズ 原宿本店) Tシャツ1万1000円/マイ ストーリー(アマン) パンツ2万9000円/タリアトーレ(トレメッツォ) ベルト1万8000円/ホワイトハウスコックス(エストネーション) 靴8万円/クロケット&ジョーンズ(ジャケットリクワイヤード 表参道店)

休日Styleのコツ

合わせる色目で知的にも、アクティブにも

黒やチャコール、紺といったダークトーンのニットやシャツ、靴を重ねると、アートや演劇観賞などに相応しいクールな佇まいに。

一方、明るい色目のニットを挟めばアクティブな印象に。足元は軽快なスニーカーでもいいが、Uチップで落ち着いた雰囲気を出した。

[MEN'S EX 2017年11月号の記事を再構成]
撮影/若林武志 スタイリング/四方章敬、宮崎 司(CODE) 構成・文/伊澤一臣 文/吉田 巌(十万馬力)、安岡将文
参考記事:【“着回し力”で選ぶジャケット&パンツ】紺ブレが一着あれば、仕事も休日も1week対応できる!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する