1. リングヂャケット マイスター青山店・店長に聞く『これだけはチェックしたい店頭での賢いスーツ選び』

リングヂャケット マイスター青山店・店長に聞く『これだけはチェックしたい店頭での賢いスーツ選び』

買ってから「失敗した!」とならないために

リングヂャケット マイスター青山店・店長に聞く『これだけはチェックしたい店頭での賢いスーツ選び』 1番目の画像
リングヂャケット マイスター青山店店長 平峯 翔さん「タイトすぎる着こなしからは卒業しましょう!」

クラシックなスーツが見直される中、タイト過ぎないフィッティングが重要だ。日本人の体型を熟知した平峯 翔さん(リングヂャケット マイスター青山店 店長)に上質なスーツの見極め方、そして、適正なサイズ感を教えていただいた。

Check Point 1:置いても自然な立体感があるか?

アイロンワークがしっかりしたスーツは立体感がある。台などに平置きにしてもその立体感をキープしているものが望ましい。

リングヂャケット マイスター青山店・店長に聞く『これだけはチェックしたい店頭での賢いスーツ選び』 2番目の画像
出典:www.mens-ex.jp

1.要所に適度な立体感があるか?

肩周り、ヒップ周りなど、全体に自然な丸み、ふくらみがあるとフィット感が高まる。さらに肩や腿の可動域も広がり、着心地もよくなる。また、スーツの顔でもあるラペルの返りが立体的だと全体の見栄えがする。

2.柄合わせに配慮がなされているか?

造り手の美意識が細かい所まで行き届いているかもスーツの良し悪しを決めるポイントだ。それを判断するには柄スーツを見るとよい。ラペルや身頃と各ポケットとの柄がぴたりと合っていれば、作りのよいスーツだ。

3.上襟がしっかりカーブしているか?

スーツを着用した際に、襟が首・肩にピタリと沿うように乗ることが見た目の上では大切。そのためには、上襟が立体的にカーブしている必要がある。また、上襟の生地にシワや柄のゆがみがなければ、アイロンワークや製法に手間をかけてある。
リングヂャケット マイスター青山店・店長に聞く『これだけはチェックしたい店頭での賢いスーツ選び』 3番目の画像
出典:www.mens-ex.jp

Check Point 2:上着が身体に合っているか?

体を細く見せるため無理なタイトフィットを追求すると、余計なシワやいびつなシルエットを生み、却って不恰好なので要注意だ。

リングヂャケット マイスター青山店・店長に聞く『これだけはチェックしたい店頭での賢いスーツ選び』 4番目の画像
出典:www.mens-ex.jp

前を開けたとき丁度いいスキ間ができているか

肩がきちんと乗った状態で、ボタンを開けた際に左右の身頃が均等に開き、さらにその幅が3cm程度であれば、理想のサイズといえる。また程よいドレープがありつつ、スーツの柄がゆがんでいないのが理想。

こんなシワ&乱れがあったら要注意

リングヂャケット マイスター青山店・店長に聞く『これだけはチェックしたい店頭での賢いスーツ選び』 5番目の画像
(左)肩周りがデコボコに波打っている (右)前身頃が"X字"に引っ張られている

前身頃の生地が足りないと、上下左右に引っ張られたり、肩周り、背中にいびつなシワができたりする。

リングヂャケット マイスター青山店・店長に聞く『これだけはチェックしたい店頭での賢いスーツ選び』 6番目の画像
(左)胸元が"笑って"しまっている (右)背側に横ジワが入っている

また、胸周りの肉付きが良い人だと、ラペルがL字に折れ曲がって(“笑って”)しまう

体に合っていない服は体型管理ができていないようで、だらしなく見えるのだ。

Check Point 3:パンツがタイトすぎないか?

足をスリムに見せるテーパードは大切だが、タイトすぎると動きにくく、体の凸凹が出すぎて美しくない。程よいゆとりが大切だ。

リングヂャケット マイスター青山店・店長に聞く『これだけはチェックしたい店頭での賢いスーツ選び』 7番目の画像
出典:www.mens-ex.jp

ヒップトップから自然なテーパードで落ちている

パンツを着用した際に大切なのが腰周り・太腿周り(ワタリ)に適度な余裕があること。これによって、クリースラインも引っかかることなく、お尻から裾にかけてストンと下に落ち、細くなる自然なラインが生まれるのだ。

スリムに見せるつもりが、逆効果に…

リングヂャケット マイスター青山店・店長に聞く『これだけはチェックしたい店頭での賢いスーツ選び』 8番目の画像
(左)ふくらはぎが盛り上がっている (中)お尻の形が浮き出ている (右)キツすぎてポケットが浮いている

パンツをピタピタに穿いてしまっては、お尻、太腿、ふくらはぎ周りにゆとりが全くなく、動きづらい。

さらに、余計な横ジワやふくらみが悪目立ちしパンツ本来のシルエットを崩してしまう。これではかえって、ビジネスに必要な端整なイメージから遠ざかってしまう。適度なゆとりが美しいシルエットには不可欠だ。

座って立つとヒザ周りに生地がたまってしまう

リングヂャケット マイスター青山店・店長に聞く『これだけはチェックしたい店頭での賢いスーツ選び』 9番目の画像
出典:www.mens-ex.jp

腿周り、ふくらはぎ周りに遊びの余裕がなくなってしまうと、座るだけでも窮屈だ。さらに、立ち上がった瞬間、パンツの生地が下に自然と落ちてくれず、引っかかって余計にシワが増えてしまい不恰好な印象になってしまうので注意したい。

[MEN'S EX 2017年4月号の記事を再構成]
撮影/岡田ナツ子 取材・文/MEN'S EX編集部
参考記事:リングヂャケット マイスター青山店で店長に聞いた『これだけはチェックしたい、店頭での賢いスーツ選び 』

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する