1. 新鮮ビズスタイルは“インナー挿し”で簡単に作れる!【今月のMUST BUY】

新鮮ビズスタイルは“インナー挿し”で簡単に作れる!【今月のMUST BUY】

新鮮ビズスタイルは“インナー挿し”で簡単に作れる!【今月のMUST BUY】 1番目の画像
出典:www.mens-ex.jp

手持ちの服が少なくとも、+1アイテムで着こなしパターンが増加!

少し肌寒くなってきた秋。ジャケット一枚ではどこか心もとない日のビズスタイルは、インナーを加えるだけで、いつもの着こなしを新鮮に見せられる。

JAMIESON'S for UNITED ARROWS:ジャミーソンズのフェアアイル柄ベスト

新鮮ビズスタイルは“インナー挿し”で簡単に作れる!【今月のMUST BUY】 2番目の画像
ジャケット12万円/カルーゾ、シャツ2万2000円/以上ソブリン、タイ1万2000円/フィオリオ、パンツ1万6000円、チーフ3800円/以上ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

Recommend:フェアアイル柄をビジネスに

新鮮ビズスタイルは“インナー挿し”で簡単に作れる!【今月のMUST BUY】 3番目の画像
2万6000円(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

「フェアアイルニットは一般的に多色使いのものが多く、どうしてもカントリー感が強く出てしまいがち。ユナイテッドアローズでは、これを都会的に見えるよう配色別注しています。

こんなふうにモノトーン配色になるとスッキリした印象に見えるので、ビジネススタイルにも十分取り入れていただけると思います。タイの色も黒にすれば、より引き締まりますね」(ユナイテッドアローズ プレス 宮本哲明さん)

TAGLIATORE:タリアトーレのダブルジレ

新鮮ビズスタイルは“インナー挿し”で簡単に作れる!【今月のMUST BUY】 4番目の画像
ジャケット8万6000円/タリアトーレ、シャツ1万9000円、タイ1万2000円/以上バーニーズ ニューヨーク、パンツ4万1000円/PT01(以上バーニーズ ニューヨーク)

Recommend:狭いVゾーンが有効活用できます

新鮮ビズスタイルは“インナー挿し”で簡単に作れる!【今月のMUST BUY】 5番目の画像
3万円(バーニーズ ニューヨーク)

「ダブルジレは生地の重なりが大きく、Vゾーンが小さくなるのが特徴です。そのため色柄が多彩なタイでも、いやらしく見えることがありません。

今季のブリティッシュトレンドに合わせて、普段はしないような派手めのタイも難なく取り入れることができるんです。

その際ジレが悪目立ちしないよう、その他のアイテムと素材感や色味を揃えるなどして馴染ませるとよいと思います」(バーニーズ ニューヨーク メンズPR 新井慶太さん)

TURNBULL & ASSER:ターンブル&アッサーのVネックニット

新鮮ビズスタイルは“インナー挿し”で簡単に作れる!【今月のMUST BUY】 6番目の画像
スーツ19万円/ギーブス&ホークス、シャツ3万3000円、タイ1万9000円、チーフ1万2000円/以上ターンブル&アッサー(ヴァルカナイズ・ロンドン)

Recommend:現代のJ.ボンド的英国紳士に

新鮮ビズスタイルは“インナー挿し”で簡単に作れる!【今月のMUST BUY】 7番目の画像
3万8000円(ヴァルカナイズ・ロンドン)

「スリーピースやプリーツパンツなど、英国クラシック回帰がトレンドですが、実際のロンドン紳士のスタイルは皆さんが思うような昔のイメージよりずっとミニマムで都会的です。

スリーピースでは真面目過ぎると感じる方やスーツでキメ過ぎたくない方は、ニットを挟むことで印象が和らぎます。グレーのワントーンコーデはジェームズ・ボンドのようなスマートを感じさせますね」(ヴァルカナイズ・ロンドン PR 井上雅士さん)


CRUCIANI:クルチアーニのカーディガン

新鮮ビズスタイルは“インナー挿し”で簡単に作れる!【今月のMUST BUY】 8番目の画像
スーツ39万5000円/オラッツィオ ルチアーノ、シャツ5万3000円/フライ、タイ2万9000円、チーフ2万円/以上キートン(ストラスブルゴ)

Recommend:微寒な秋の日に最適です

新鮮ビズスタイルは“インナー挿し”で簡単に作れる!【今月のMUST BUY】 9番目の画像
5万6000円(クルチアーニ 銀座店)

「コートを着るほどではない秋の肌寒い日、カーディガンをジャケットに合わせると防寒着として役立ちます。

カラーリングはスーツとトーン・オン・トーンでまとめるのがポイント。同系色だとスリーピース風に上品なうえ、布帛素材のベストより少しリラックスした印象に着こなせます。

ジャケットを脱いでもサマになるので、私も海外出張の際はこのスタイルを多用しています」(ストラスブルゴ PR 杵淵元樹さん)

撮影/若林武志 スタイリング/武内雅英(CODE) 文/池田保行(04)
※表示価格は税抜き
参考記事:新鮮ビズスタイルは“インナー挿し”で簡単に作れる!【今月のMUST BUY】

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する