1. シャープがついに8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」を発売!市場想定価格は100万円前後に

シャープがついに8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」を発売!市場想定価格は100万円前後に

  シャープは8月31日、世界初の「8K対応液晶テレビ」と「8K映像モニター」の「AQUOS 8K」シリーズを、12月1日から発売することを発表した。

  シャープはこれまでも、今年6月に「70型8K映像モニター」を発売するなど、他社に先駆けて8K商品を世に輩出してきた。今回発表された新製品について、「8Kのここがスゴイ!」という点も含めて、ご紹介したい。

8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」70型発売へ

 シャープは8K解像度の高精細・高画質液晶パネルを搭載した8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」を2017年12月1日に発売する。

 同機は、フルハイビジョンの実に16倍もの解像度を持つ、「AQUOS」シリーズの最上位モデルだ。きめ細かい映像を再現できるのはもちろん、4Kコンテンツや現行の地上デジタル放送などを8K解像度にアップコンバードして楽しむこともできる。

  また、デジカメで撮影した4Kを超える写真も元の解像度で表示可能だ。渾身の一枚を大画面で楽しむのもよいだろう。

  と、ここまで説明しても、「実際8Kってどのくらいすごいの?」と思う人もいるだろう。次からは、8Kのすごさを少し噛み砕いて説明しよう。

8Kの魅力①実物が目の前にあるような臨場感

 8Kの解像度は約3,300万画素。実にフルハイビジョンの16倍、4Kの4倍の解像度を誇り、肉眼では捉えられないようなきめ細かい映像を再現することができる。

 この高解像度により、まるで実物が目の前にあるような、リアルな臨場感を味わうことができるのだ。

 なお、別売りの「8K放送対応受信機」と接続すれば、2018年12月開始予定の8K実用放送も視聴できる。臨場感たっぷり映像を日常的に楽しめる日も近い。

8Kの魅力②本物のような実物感と立体感

  8K映像は実物とほとんど見分けが付かない――。そう言うと、「え?本当?」という反応がありそうだ。

 しかし、本物の標本と映像に映った標本を見比べる実験では、「実物と見分けがほとんどつかない」という結果が出ている。

 つまり8Kでは、人間がその目で見るのと限りなく近い映像を再現できるのだ。たとえば、動物の映像を8Kで見れば、その毛並みに至るまでをはっきり確認できる。

 また、解像度の高い映像では立体感が感じられる、という研究結果にも注目だ。

 これなら、彫刻やレリーフといった芸術作品を、まるで目の前でみてるかのように楽しめるだろう。


8Kの魅力③いままで見えなかったものが見える

 8Kカメラと8Kテレビを組み合わせることで、これまでの映像では気づけなかったような点を映し出せるのも、8Kの特徴だ。

 例えば芸術品の筆のタッチや、素材の質感も確認可能。4Kでは見えなかった細かい文字も読むことができるのだ。

  見えるようになるのは、芸術品の細部だけではない。たとえば、大勢の人物が映っている場面でも、特定の人の顔を鮮明に映し出すこともできる。

 2K、4Kではぼやけてしまうような映像でも、8Kならくっきり映し出せる。

 広いエリアから特定の人物を見つけられる機能を使えば、高度なセキュリティの構築にも役立つだろう。

8Kには新しい価値を生む可能性がある

  発表会では、8Kエコシステム戦略推進室長の西山博一氏も登壇。8Kの可能性について、「8Kに医療や教育、セキュリティなどを組み合わせれば、8Kを中心とした新しい価値を生み出せるのでは」と語る場面もあった。

 8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」の市場想定価格は100万円(税別)前後。一般の感覚から言えばまだまだ高いイメージがある。

 しかし、業務用8Kテレビが700万円前後であることを考えれば、私たちの生活に8Kが少しずつ歩み寄ってきているのかな、という印象を受けた。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する