1. スニーカーだけじゃないって知ってた? 王道ブランドの秀逸スポサン

スニーカーだけじゃないって知ってた? 王道ブランドの秀逸スポサン

出典:zozo.jp
 スポーツサンダルの有名なブランドといえば「TEVA」「SHAKA」「Chaco」「SUISOKE」「KEEN」の5つ。

 しかし、意外と盲点なのがスニーカーをメインにラインナップしているブランド。

 スニーカーの王道ブランドたちの自慢のスポサンを見てみよう。

adidas(アディダス)

 スタンスミスやスーパースターなど、世界的に愛されるスニーカーを輩出しているアディダス。

 そんな王道シューズブランドからもスポーツサンダルがリリースされている。

WMADV SANDAL WMAD V サンダル ¥21,600(税込)

出典:zozo.jp
 アディダスのアイコンでもある3本線がソールに施されたサンダル。

 ヒールからつま先までしっかりカバーされているので、歩きやすさは抜群。スポーツサンダルの名前通りに軽やかにランニングできそうなホールド感がある。
出典:zozo.jp
 はき口部分にデザインされた小さなブランドロゴが、アッパーのアクセントに。

 歩きやすさ重視の方におすすめの一足だ。

NIKE(ナイキ)

 ロゴを見れば一目でわかるブランドのナイキ。

 ギリシャ神話に登場する勝利の女神の名前を冠したブランドは、現在世界最大のスポーツ&フィットネス会社として確かな知名度を得ている。

タンジュン サンダル ¥5,940(税込)

出典:zozo.jp
 2本の太ベルトが特徴的なナイキのサンダルは、アッパーのベルト部分に大きく入ったブランド名がポイント。
出典:zozo.jp
 上から見るとベルト2本だけの通常のサンダルに見えるが、バックストラップでしっかりとヒールを固定。

 全体的にスポーティな雰囲気を纏っているので、流行中のスポーツMIXのスタイリングにも難なくハマること間違いなしだ。

PUMA(プーマ)

 名作スニーカー「クライド」や「スウェード」が多くのファンから支持を得ているプーマ。

 サッカーや陸上を中心に、足元からスポーツ選手たちの活躍を支え続けている王道ブランドのスポサンを見てみよう。

ワイルド サンダル プラス ¥5,292(税込)

出典:zozo.jp
 着脱しやすいベルクロのストラップを採用したプーマのスポサン。

 ストラップではき口のホールド感を調節できるので、自分好みの履き心地を実現できる。
出典:zozo.jp
 ストラップの端とヒール部分にブランドロゴを配して、シンプルなデザインの中にもブランドの個性をオン。

 ストラップ部分に紐がついているので、持ち運びも脱ぎ履きも楽々。

New Balance(ニューバランス)

 カジュアルファッションとして一世を風靡したスニーカーブランド、ニューバランス。

 数年前、街ゆく人の多くが「N」のロゴが描かれたスニーカーを履いていた。昨今のスニーカーブームの火付け役といっても過言ではないブランドだ。

SD212BW 17SS BLACK/WHITE ¥4,860(税込)

出典:zozo.jp
 そんな有名ブランドのスポーツサンダルは履き心地にこだわった一足。

 足裏にピタリとフィットする感覚がなんとも心地いい低反発のメモリーフォーム素材を採用。
出典:zozo.jp
 フットベッドのPLUSH20には撥水性をプラスし、ゲリラ豪雨の多い真夏の気候にもしっかり対応してくれる。

Reebok(リーボック)

 イギリス発祥のリーボックは、1990年代のスニーカーブームのきっかけとなった「PUMP SYSTEM」で一躍有名になったブランド。

 リーボックの代表的なスニーカーでもある、ゴツゴツとした表情が魅力的なインスタポンプは多くのファッショニスタを魅了し続けている。

ポンプフューリー サンダル ¥17,280(税込) 

出典:zozo.jp
 同ブランドの人気スニーカー、インスタポンプ フューリーのDNAを受け継いだサンダル。

 独特なゴツさはそのままにつま先やヒールが空いたサンダルは、いつものインスタポンプよりも親しみやすい表情になっている。
出典:zozo.jp
 ポンプシステムやクッション性に優れたソールなど、スニーカーの秀逸な機能性をそのままスポサンに詰め込んだ贅沢な逸品だ。

 人気スニーカーブランドそれぞれの個性が光るスポーツサンダル。

 機能性もデザイン性も優れたサンダルたちは、さすが王道ブランドという出来。

 スポサンの定番ブランドにばかり目を向けるのではなく、スニーカーブランドのアイテムもチェックしてみると新たな出会いがあるかもしれない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する