1. PUMA名作「スウェード」が最新テクノロジーを搭載してアップデート!

PUMA名作「スウェード」が最新テクノロジーを搭載してアップデート!

出典:zozo.jp
 サッカーや陸上、バスケットボールなど様々な陸上スポーツのアスリートたちを足元から支え続けるブランド「PUMA(プーマ)」。

 「ダスラー兄弟紹介」でスタートしたシューズブランドは創設者の兄弟の意見対立によって、adidas(アディダス)とプーマの2ブランドに分かれることになった。

 兄ルドルフが1949年に設立したプーマの歴史的名作を語る上で外せないのが「スウェード」だ。

ロングセラーの秘密はボトムスを選ばない王道シルエット

出典:zozo.jp
 1989年に登場した「SUEDE(スウェード)」は、プーマの人気モデルとして発売以来愛され続けているロングセラー。

 さまざまなブランドとのコラボを繰り返しながら、そのカラーリングをアップデート。

 ファンを飽きさせないスウェードの魅力をお伝えしよう。
出典:zozo.jp
 シャープなシルエットのスニーカーは、ボトムスを選ばずにコーディネートできるのはファッションの常識。

 スウェードはつま先から全体にかけてすっきり細身のデザインになっているので、流行中のワイドパンツでも定番スキニーでも自然なスタイリングが実現可能。
出典:zozo.jp
 ブランドロゴのキャットがシュータンとサイド、ヒール部分に配されているのはスウェードならでは。

 ショーツと合わせれば、ロゴがちょっとしたアクセントになる。

アップデートを果たした最新スウェード

出典:zozo.jp
 1968年に発売してからストリートアイコンとして愛されてきたスウェードの最新アップデートモデルは「イグナイトソール」を搭載した「SUEDE IGNITE(スウェード イグナイト)」。
出典:zozo.jp
 1日履いていてもストレスのない履き心地と耐久性を叶えたイグナイトソールには、ヘビロテしたくなる魅力がたっぷり詰まっている。

 見た目はクラシカルな定番、機能は最新のスウェード イグナイトのカラーバリエーションをチェックしよう。

使いやすさ抜群の「ブラック×ブラック」

出典:zozo.jp
 ソールからアッパーまでワントーンでまとまったブラック×ブラック。
出典:zozo.jp
 コーデを選ばず活躍してくれること間違いなしのベーシックな仕上がり。スウェード イグナイトは、シュータンのロゴもブラックで統一。

 スウェード素材を使用しているので、シックな秋冬のコーディネートにしっかりハマる。

ソールとラインから抜け感を出す「ブラック」

出典:zozo.jp
 オールブラックのモデルのソール、ライン部分がホワイトになったブラック。

 デザインに「ホワイト」が入るだけでも、かなり印象が明るくなる。ブラック×ブラックよりも、カジュアルなスタイリングに合うこと間違いなし。

柔らかなコントラストが優しい「グレー」

出典:zozo.jp
 ブラックはホワイト部分とのコントラストがはっきり出て、ラインがより目立つデザインだったが、ホワイトとの境目がぼやけるライトグレーは優しげな印象に。

 オールネイビーのコーデやセットアップのハズしとして合われば、コーデの洗練度がグッと上がる。

足元に爽やかさをプラスする「ブルー」

出典:zozo.jp
 ホワイトとブルーの組み合わせが爽やかな1足。

 ホワイトやベージュといった明るめのボトムスと合わせれば、夏らしさを纏ったコーデが完成する。

 ネイビーのボトムスと合わせても、ラインとソール部分のホワイトがちょうどいいアクセントに。

コーディネートに華を添える「レッド」

出典:zozo.jp
 カジュアルなスタイリングを華やかにするレッド。

 ジーンズとリュックで合わせたストリートカジュアルなコーデとの相性は抜群。

 ホワイトのTシャツ×ベージュのショーツのシンプルなスタイリングも、足元にレッドをオンするだけでこなれた印象になる。

 ロングセラーモデルに最新技術「イグナイトソール」を搭載したスウェード イグナイト。

 定番の見た目はそのままに履き心地をアップデートさせた王道モデルで、ストレスフリーにおしゃれを楽しもう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する