1. その堅牢さに恋をする。オトナを魅了し続ける「ホワイトハウスコックス」の財布

その堅牢さに恋をする。オトナを魅了し続ける「ホワイトハウスコックス」の財布

出典:zozo.jp
 財布はシーズン問わず「そろそろ買い替えたい」と思うことが多いアイテム。

 歳を重ねるたびに自分なりの“こだわり”が強くなって、買い替えようと思ってもなかなか決心がつかなくなってしまうもの。

 今回は、男性にとって“常識”といっても過言ではないブランド「Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)」から、型が異なる革財布たちをピックアップ。

「革へのこだわり」に惹かれる

出典:zozo.jp
 ホワイトハウスコックスの魅力は、ブランドを代表する「イングリッシュブライドルレザー」が物語っている。

 約10週間、樹皮や種子などの自然の草木を使って丁寧にタンニン鞣しを施したレザーに、天然素材の染料を深部までしっかり染み込ませている。
出典:zozo.jp
 じっくり時間をかけて作られた最高のレザーは、強い耐久性を手に入れる。

 職人たちが丹精込めて仕上げる堅牢な皮革製品に、こだわり派の男性も納得。

<好みのカタチ別>ホワイトハウスコックス定番の財布

 長財布、二つ折り、三つ折り……好みの財布のカタチは、人それぞれ。

 収納力のある長財布から、ジップの有無まで、こだわりのカタチ別にホワイトハウスコックスの革財布たちを見てみよう。

【長財布・ジップ無】WHC 9697 L/WLT ¥45,360(税込)

出典:zozo.jp
 ジップ無しの定番長財布がこちらのアイテム。

 シンプルなデザインながら、美しいステッチが施され、エレガントな風格が漂う。

 サッと支払いができるジップ無しの長財布は、もちろん収納力抜群。

 8ポケットあるカード入れ、マチのある小銭入れ、2つあるお札入れが付いているので、メインの財布にするにはもってこい。

 

【長財布・ジップ有】Derby Collection ZIP ROUND PURSE ¥41,040(税込)

出典:zozo.jp
 ラウンドジップタイプでおすすめしたいのは、ホースハイド(馬革)を使用した長財布。

 フルベジタブル・タンニングという植物性のタンニンのみで鞣した後、オリジナルブレンドのナチュラルなオイルをたっぷり染み込ませている。

 重厚感ある男らしい雰囲気も漂わせつつ、しなやかさも感じる逸品。

 コインケースを中央に配し、左右対称に仕切った作りになっている。

【二つ折り】レザー2つ折りウォレット(コインポケット付)¥36,720(税込)

出典:zozo.jp
 やっぱり長財布じゃなくてポケットに収まる二つ折り、という方も満足するブライドルレザーを使った二つ折り財布。

 エイジングしていくのが楽しみなシンプルなデザイン。

 二つ折り財布を選ぶ際に重要な収納力も、4つのカードポケット、2つの紙幣入れ、多機能ポケット2つと十分。

【三つ折り】別注リージェントブライドルレザー三つ折りウォレット ¥42,120(税込)

出典:zozo.jp
 コンパクトにバッグに収まる三つ折りウォレットは、1度使うとそのミニマルな魅力から戻れない。

 ブライドルレザーに自然なシボ模様を型押しした「リージェント・ブライドルレザー」を採用し、特別感のある仕上がりになっている。

 通常のブライドルよりも優しげな表情の表面で、使う人を選ばない財布だ。

 堅牢でいて、上品。

 男らしさの漂うホワイトコックスの革財布たちは、使えば使うほどに艶が増していく。

 長く愛用できる財布を探している方は、ぜひホワイトハウスコックスの財布を候補に入れてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する