1. 紳士の装いは“腰元”から! 憧れのラグジュアリーベルト特集

紳士の装いは“腰元”から! 憧れのラグジュアリーベルト特集

出典:zozo.jp
 紳士がこだわりたい小物は人それぞれ。

 消耗品とはいえ、人に見られる機会が多いからシャツにこだわる人もいれば、大事にすればいつまでも使える財布や手帳といった小物にこだわる人もいる。

 今回は、腰回りから男の格を上げる高級ベルトにクローズアップ。

紳士らしさを引き立たせるベルトブランド

出典:zozo.jp
 スーツ姿を引き締めて見せるベルト。

 あまり注目されない場所かもしれないが、意外にもベルトでスーツ姿の印象が異なってくる。

 もう少しで手が出せそうな価格帯のハイブランドから、おすすめのベルトを見ていこう。

WHITE HOUSE COX(ホワイトハウスコックス)

 イギリスの伝統的で希少なブライドルレザーを取り扱うホワイトハウスコックスは、1860年に設立された老舗ブランド。

 イギリスでハンドメイドで作られたアイテムは、堅牢で長きにわたって使える品質。

 厳選された素材と丁寧に手作業で仕上げたアイテムは、男性から圧倒的な支持を誇っている。

B8665 BRD 28mm ¥18,360(税込)

出典:zozo.jp
 ホワイトハウスコックスの代表的素材「ブライドルレザー」を使った贅沢なベルト。

 スーツやドレスパンツにマッチする28mm幅で腰回りを紳士的に、エレガンスな雰囲気に演出する。

 カラーはベージュ、ブラック、ダークブラウンの全3色。

28mmメッシュベルト ¥18,380(税込)

出典:zozo.jp
 メッシュベルトを使えば、スーツスタイルにこなれ感を簡単にプラスすることができる。

 バックルデザインもシンプルで、カジュアルコーデにも合うのでオンもオフもヘビロテ必至。

CALVIN KLEIN(カルバン・クライン)

 世界でも有数のデザイナーズ・ライフスタイル・ブランドの一つのカルバン・クライン。

 同ブランドオリジナルのカラフルでモダンなデザインは、シーズンごとに新たな解釈がプラスされ続けて進化を遂げていく。

 ビジネスパーソンからの支持率も高く、特に20代の若手ビジネスパーソンから人気を集めている。

シンプルロゴピンバックルベルト ¥13,608(税込)

出典:zozo.jp
 シンプルなピンバックルで、ブランドロゴがレザーに大きく刻まれたベルト。

 ロゴがさりげないアクセントになり、スタイリングをワンランク上のものに魅せる。

 ジーンズ合わせでもキマるので、ジーンズを取り入れたビジカジスタイルをするときにベルトをつけるなど、使用シーンはさまざま。

ベーシックリバーシブルベルト ¥15,120(税込)

出典:zozo.jp
 こちらもシンプルなピンバックルのベルト。

 ベルト部分がリバーシブルになっていて、ブラックとネイビーの2色でコーデイネートを楽しめる。

 気分やスタイルに合わせて色を変えられる、飽きのこない1本だ。


PRAIRIE(プレリー)

 こだわりの素材を使い、デザインや裁縫などのディテールにまで妥協なくこだわり抜いた高級皮革製品を取り扱うプレリー。

 プレリーのアイテムに使われるレザーは、世界中から集められた希少価値の高いもの。大人の贅沢が詰まったブランドだ。

コードバン ベルト ピンタイプ クロコダイル型押し 30mm本革 ¥19,440(税込)

出典:zozo.jp
 革好きにはたまらない、コードバンを使用したベルト。

 高級レザーにクロコダイル風の型押しをすることで、ワイルドで大人の色気が漂う仕上がりに。

 カジュアルでもビジネスでも、シーン問わず幅広く使える。

コードバン ベルト ピンタイプ30mm 馬革 本革 レザー ¥19,440(税込)

出典:zozo.jp
 先ほど同様、コードバンを使用したレザーベルト。

 クロコダイル風の型押しをしていたデザインのものとは異なり、ナチュラルグレージングという技術を施すことで、大人の色気を感じさせるような自然な光沢感を放つ。

 使えば使うほど、自分オリジナルのベルトが仕上がる。

1 piu 1 uguale 3(ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ)

 日本の有名な俳優やスポーツ選手が愛用しているブランド「AKM」の現デザイナーの小澤智弘の完全プライベートコレクション「1 piu 1 uguale 3」。

 アイテムのみならず、映像や音楽にもこだわり抜いたコレクションは、国内外含めても厳選された高感度セレクトショップのみでしか展開されていない。

CRAFT 113 BUCKLE BELT ¥104,760(税込)

出典:zozo.jp
 ベーシックなように見えるベルトも、ディテールへの一切の妥協を許さない。

 馬具をデザインに落とし込んだこちらのベルト。

 一見プレーンな形状のバックルも側面を流線フォルムにすることで、着用時のベルトの収まりに一体感が出るような仕上がりに。

 直径8mmのスターリングシルバーで作られたオリジナルリベットが、アクセントになっている。

 腰元から男を格上げするアイテム「ベルト」。

 ビジネスでもカジュアルでも小物にまで手を抜かなければ「立派な紳士」として、勝負どころを決める大人になれるはず。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する