1. 立ち居振る舞いすら美しく魅せる。小回りの利くクラッチバッグ5選

立ち居振る舞いすら美しく魅せる。小回りの利くクラッチバッグ5選

立ち居振る舞いすら美しく魅せる。小回りの利くクラッチバッグ5選 1番目の画像
出典:zozo.jp
 ブリーフケースやトートバッグ、バックパック、メッセンジャーバッグなど、さまざまな種類が存在するバッグの中でも異彩を放つ「クラッチバッグ」。

 ハンドルがないにも関わらず、一度持つとその使い勝手のよさに驚く人も少なくない。

 各ブランドがラインナップするクラッチバッグで、ミニマルな男性を目指してみよう。

異素材のコントラストが楽しめる2WAYクラッチバッグ

 まずは、片面にスムースレザー、もう片面にスウェードレザーを使ったnano・universeの2WAYクラッチバッグを見てみよう。

nano・universe レザーコンビクラッチバッグ:¥7,690(税込)

立ち居振る舞いすら美しく魅せる。小回りの利くクラッチバッグ5選 2番目の画像
出典:zozo.jp
 質感の異なる素材を組み合わせることで、それぞれの面で雰囲気の違いが楽しめる2WAYデザイン。

 スウェードレザー面に配されたオープンポケットは、使用頻度の高いスマートフォンなどを入れておくのに便利だ。

 リアルレザーの上質感が、スタイリングに大人の風格を与えてくれる。

 シンプルだからこそ飽きることなく、長く愛用できる信頼感抜群の逸品だ。

エレガントなスクエアシルエットがドレススタイルをアップデート

  続いては、ハンサムなフェイスに注目が集まるgreen label relaxingのクラッチバッグを紹介。

green label relaxing レザードキュメントケース / クラッチバッグ:¥6,912(税込)

立ち居振る舞いすら美しく魅せる。小回りの利くクラッチバッグ5選 3番目の画像
出典:zozo.jp
 直線的なスクエアシルエットと、英国式の封筒をイメージさせるフラップのデザインが印象的。

 A4サイズの書類やファイルが納まるサイジングもポイントだ。

 ビジネスシーンやブライダル・パーティーシーンにはもちろん、シンプルなデザインなのでキレイ目カジュアルなスタイルにも活躍。

 小脇に挟んで街に出れば、そのエレガントな佇まいは一目置かれる存在になることだろう。

カジュアルスタイルにも馴染むコンパクトクラッチ

 3つ目はコンパクトサイズで使い勝手のよい、BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSのクラッチバッグ。

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS BY コンビレザー クラッチバッグ 3:¥15,120(税込)

立ち居振る舞いすら美しく魅せる。小回りの利くクラッチバッグ5選 4番目の画像
出典:zozo.jp
 定番のフラップ型クラッチバッグをややコンパクトにリニューアル。

 片手に収まりやすく、サラッと手に取る仕草は包容力のある男性像を想起させる。

 また、先ほど紹介したnano・universeのアイテムと同様、両面使いの2WAYでスタイリングの幅も広がる。

 ネイビーやライトブルーといった清涼感溢れるカラー展開は、これからの季節にも相性がいい。

栃木レザーを使ったジャパンメイドの上質クラッチ

 4つ目は、次世代のファッション業界を担うクリエーターと有力セレクトショップの”ビジネスマッチング”イベント、「ドラフト!」でデビューを果たした日本のバッグブランド「AMIACALVA(アミアカルヴァ)」のクラッチバッグ。

AMIACALVA for SHIPS “栃木レザー” 二つ折り/クラッチバッグ:¥18,900(税込)

立ち居振る舞いすら美しく魅せる。小回りの利くクラッチバッグ5選 5番目の画像
出典:zozo.jp
 日本が世界に誇る“栃木レザー”を使用したレザークラッチバッグ。

 揉み加工を施した風合いが絶妙で、使い込むほどにさらなる経年変化を楽しめる。

 A4ファイルが収まるサイズ感もポイント。

 半分に折り曲げればクラッチバッグになるが、そのまま持ち手を掴めばハンドバッグとして使用できる。

 シンプルながら、素材から縫製までこだわった、日本のモノづくりが息づく逸品だ。

キャンバスとレザーを使ったタフな逸品

 最後に紹介するのは、クラフトマンシップにこだわる417 EDIFICEのコレクションライン「HERISSON」から、頑強なキャンバス素材とクラス感を演出するレザー素材をコンビで使ったこちらのクラッチバッグだ。

417 EDIFICE HERISSON CANVAS クリテCLUTCH:¥7,344(税込)

立ち居振る舞いすら美しく魅せる。小回りの利くクラッチバッグ5選 6番目の画像
出典:zozo.jp
 内部には使い勝手のよいサイドポケットを2つ設置。

 また、底部分の生地を2重にすることで重い荷物を入れた際にもヘタリにくく、キレイなシルエットをキープする。

 ハンドルも配されているため、ハンドバッグとしても使用可能。

 タフな素材使いで、なおかつ底マチもありクラッチバッグとしては大容量という、デイリーバッグのスタメンとしても活躍してくれる優秀選手だ。

 クラッチバッグで少ない荷物を片手に携えて、涼しい顔で日々を乗り切る。

 そんな男性でありたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する