1. 無骨なエレガンスに熱視線。男らしいディーゼルのレザーシューズたち

無骨なエレガンスに熱視線。男らしいディーゼルのレザーシューズたち

無骨なエレガンスに熱視線。男らしいディーゼルのレザーシューズたち 1番目の画像
出典:zozo.jp
 日々のファッションにマンネリを感じてしまったら、ときには強力なスパイスが必要だ。しかしながら、いたずらに奇をてらうと滑稽に見えてしまったり、自分でもしっくりこなかったりするだろう。

 イタリアの人気アパレルブランド「DIESEL(ディーゼル)」のアイテムは、唯一無二の力強い存在感で、コーディネートに刺激を与える。

 そんなディーゼルから、スタイリングを足元から支えるシューズたちをピックアップ。

エスパドリーユとウイングチップの融合

 オーセンティックなウイングチップシューズに、エスパドリーユのようなジュート素材のソールを合わせたシューズから見ていこう。

Y01484P1090:¥52,920(税込)

無骨なエレガンスに熱視線。男らしいディーゼルのレザーシューズたち 2番目の画像
出典:zozo.jp
 ビンテージ加工のゴートレザーをアッパーに採用した、タフな雰囲気が漂うウィングチップシューズ。

 春夏の定番シューズであるエスパドリーユのようなジュート素材をソールの側面に採用することで、重厚感のあるデザインが軽やかな印象に。

 クロップドパンツやキャンバストートなど、サマームード漂うアイテムとも相性のいい旬顔だ。

ブランドのDNAが息づくデニムスリッポン

 ディーゼルの人気スリッポン「METRO-POLISS」の中でも、履きつぶしたようなタフなデニムの風合いがクールなこちらの一足。

Y01049P1362:¥20,304(税込)

無骨なエレガンスに熱視線。男らしいディーゼルのレザーシューズたち 3番目の画像
出典:zozo.jp
 カジュアルなフォルムと洗練されたファブリックが融合した、DIESELの大人気アイテムグループ「METRO-POLISS」。

 こちらは、ブランドのDNAでもあるストーンウォッシュのデニム素材をアッパーに採用した、まるで一点モノのような特別なオーラが漂う。

 さらなるダメージ感を演出するアッパーの無造作なステッチも、ディーゼルらしい遊び心。

 着脱しやすいスリッポンタイプで、デイリーユース確定だ。

明るいトーンのデニムが春夏にピッタリ

 先ほど紹介したシューズ同様、ブランドを象徴するデニム素材を使用しつつ、ハイカットで印象の異なるレースアップシューズ。

Y00023P1239:¥22,680(税込)

無骨なエレガンスに熱視線。男らしいディーゼルのレザーシューズたち 4番目の画像
出典:zozo.jp
 ディーゼルの定番スニーカー「MAGNETE」に、デニム素材をタイダイ加工でアレンジしたアッパーをセット。

 ハイカット&レースアップというスポーティ―かつスタイリッシュなイメージに、素材感で開放的かつ明るい印象を加えた個性全開の一足だ。

ジーンズのコインポケットやベルトループを思わせるデザインも散りばめられ、遊び心も満点。

ボリュームのあるソールに注目

 トレンドの“白スニ”でもやはり無難に終わらせない。ひと癖効かせたのが、こちらの一足。

Y01412PR013:¥22,680(税込)

無骨なエレガンスに熱視線。男らしいディーゼルのレザーシューズたち 5番目の画像
出典:zozo.jp
 オーバーサイズのラバーソールに光沢のある上質なカウレザーのアッパーを採用し、洗練されたイメージとブランドならではの大胆さが同居するレースアップスニーカー。

 さらに、サイドにはディーゼルのデニムポケットにも施されているオリジナルモチーフのステッチを施し、シンプルなデザインながらも個性的な表情に仕上がっている。

 履いたときに放たれる美しいシルエットは、ぜひ自分の足で確かめたい。

ストリートで履きたいモードサンダル

 ストリートモードなテイスト溢れるシリーズ「STUD-RIDERS」のレザーサンダル。

Y01487PR080:¥27,000(税込)

無骨なエレガンスに熱視線。男らしいディーゼルのレザーシューズたち 6番目の画像
出典:zozo.jp
 上質なカウレザーを採用し、アンクル部分からレザーストラップでしっかりとホールド。

 グラディエーターを思わせるタフなイメージとともに、長時間履いても疲れにくい作りに。

 サンダルでありながらカジュアル過ぎず、モードな風格をまとったルックス。

 ショートパンツとの身軽なコーディネートをストイックなアーバンスタイルにアップデートする、注目度の高い一足だ。


 定番のワードローブに、ディーゼルのシューズを一点投入。

 それだけで、コーディネートの新しい扉が大きく開かれることだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する