1. 梅雨でも安心。ビジネスシーンで活躍する防水シューズ5選

梅雨でも安心。ビジネスシーンで活躍する防水シューズ5選

出典:zozo.jp
 6月に入り、いよいよジメっとした梅雨が始まる。

 雨降りの憂鬱はビジネスマンの天敵。通勤で靴の中が濡れてしまったりすると、仕事のモチベーションにも影響してしまう。

 今回は、そんな梅雨のビジネスライフを快適に乗り切るために欠かせない防水タイプのシューズを5アイテム紹介しよう。

幅広いスーツスタイルに馴染む王道オックスフォード

 最初に紹介するのは、オックスフォード&プレーントゥという定番デザインがさまざまなスーツスタイルに馴染むこちらのシューズ。

FREAK'S STORE レインプレーントゥ OX:¥7,493(税込)

出典:zozo.jp
 ビジネススタイルに相応しいハンサムなルックスでありながら、アッパーにはポリ塩化ビニルを使った防水仕様。ソールのステッチもリアルに再現されている。

 インソール素材はクッション性に優れ、歩行時の負担を軽減。

 ボリュームを抑えたシルエットも美しく、野暮ったくなりがちな雨の日のスタイリングもスッキリと決まる。

 スーツスタイルはもちろんのこと、ジャケパンスタイルや、クロップドパンツと合わせた休日のコーディネートまで楽しめる、晴天、雨天問わず活躍してくれる一足だ。

こなれたムード漂うレインローファー

 「防水シューズといえばブーツ」というイメージを覆すMACKINTOSH PHILOSOPHYのレインローファー。

MACKINTOSH PHILOSOPHY レインローファー:¥17,280(税込)

出典:zozo.jp
 コンパクトな印象のラウンドトゥと細身のフォルムがスマートな男性像を想起させる防水仕様のローファーシューズ。

 アッパー素材に使用した合成皮革は、上品かつマットな質感。さらに、シボ型押しをすることでオーセンティックな表情に仕上がっている。

 軽量かつクッション性に優れたソフトな履き心地で、長時間履いても疲れにくいという機能性もポイント。
 
 悪天候の日でも遊び心を忘れない、ローファーファンには堪らない一足だ。

フランスの老舗ブランドならではエレガントな佇まい

 フランスの老舗シューズファクトリー「UMO」のラバーシューズライン「MEDUSE」が手掛けるレインブーツ。

MEDUSE レインブーツ:¥6,318(税込)

出典:zozo.jp
 足首までをカバーするショート丈で、雨水の侵入をしっかりと防いでくれる優秀アイテム。

 サイドゴア仕様で着脱しやすく、安定感のあるソールを採用しているため、雨の日でも動きやすい。

 光沢のあるラバーを使用したエレガントな素材感と、プレーントゥのスッキリとしたフォルムが、ビジネススタイルの洗練度をUP。

 雨の日用といわず、1年を通してフル活用したい頼れる一足だ。

アンティークな風合いが美しいチャッカブーツ

 職人の手作業により仕上げられた、アンティーク調のルックスが印象的なチャッカブーツ。

RAINFUBS レインチャッカブーツ PLUBO:¥10,800(税込)

出典:zozo.jp
 素材にはPVC(塩化ビニール樹脂)を採用しつつ、革靴のような履きシワやステッチを忠実に再現。

 ソールとアッパーは水の浸入を防ぐ一体型成形で、グリップ力に優れた滑りにくい靴底を採用するなど、雨の日を意識した高い機能性が足元の快適性をタフにサポートする。

 また、クッション性の高い抗菌防臭インソールを採用することで、履き心地はさることながら、常に靴の中がクリーンに保たれる。

 通勤用はもちろんのこと、普段使いでもフル活用できる一足だ。

クールビススタイルに相性抜群のウォータープルーフスニーカー

 最後に紹介するのは、異素材を組み合わせたサドルシューズ風のデザインが男前なikkaのウォータープルーフスニーカー。

ikka ウォータープルーフスニーカー:¥5,940(税込)

出典:zozo.jp
 防水インナーを使用し、水の染み込みをしっかりシャットアウト。

 梅雨時期にはもちろん、夏の夕立や天候が不安定な日などにも活躍してくれる。

 アッパーに異なる2つの素材を使うなど、レインシューズとは思えない遊びの効いたデザインは、クールビズやビジカジスタイル、休日のカジュアルなコーディネートまで楽しめる。

 本格的な防水ブーツとは別に、少しライトなレインシューズを求める人にとっては最適なアイテムだ。

 雨の日も足元は快適に。

 すぐれない空模様でも、気持ちはいつでも晴れやかに行こう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する