1. サムスンのVR体験イベント「Galaxy Studio Tokyo」は絶叫間違いなし!

サムスンのVR体験イベント「Galaxy Studio Tokyo」は絶叫間違いなし!

サムスンのVR体験イベント「Galaxy Studio Tokyo」は絶叫間違いなし! 1番目の画像
 ここ最近、VRを活用したアトラクションが体験できる施設が続々とオープンしている。VRはスマホとVRゴーグルさえあれば楽しめるが、アトラクションとして楽しめるのは、専用施設ならではの魅力だ。

 サムスンは、Galaxyの世界観を体験できる「Galaxy Studio Tokyo」を5月26日~7月3日にかけて、東京・原宿のギャラリースペース「原宿 BANK GALLERY」に期間限定オープンする。

 同社はこれまでもスマホの最新モデルやウェアラブル端末「Gear VR」などのサムスン製品の体験の場として「Galaxy Studio」を全国各地で期間限定で設置してきたが、今回オープンするGalaxy Studio Tokyoは、これまで以上に“絶叫間違いなし”のコンテンツを体感できる。

初心者でも安心の「ULRTLA JAPAN 2016」VR体験

 VRをこれまで体験したことがない人でもその面白さを手軽に体験できるのが、ダンスミュージックフェス「ULRTLA JAPAN 2016」のVR体験だ。
サムスンのVR体験イベント「Galaxy Studio Tokyo」は絶叫間違いなし! 2番目の画像
 Gear VRとヘッドホンを装着すると、ULRTLA JAPAN 2016の会場にいるかのような体験が楽しめる。入場ゲートでのリストバンドチェックや、きらびやかな男女との乾杯といったリアルな映像はもちろん、自分がDJブースに立っている視点での映像も見られる。

 体験中は卵型のシートに座るので没入感があり、周囲の目が気にならないのもポイント。音楽フェスに行ったことがない人でも、野外フェスならではの解放感を疑似体験できるだろう。

山の中の坂道を一気に下る「VR MTB」でダウンヒルを体感

 「VR MTB」は、マウンテンバイクに乗って山の中の坂道を一気に下る選手の様子を体験できるアトラクションだ。
サムスンのVR体験イベント「Galaxy Studio Tokyo」は絶叫間違いなし! 3番目の画像
 Gear VRを装着した状態でマウンテンバイクにまたがるのだが、体験前はこんなの余裕だろうと高を括っていた。

 しかし、実際に体験すると、これがとにかく怖い!
サムスンのVR体験イベント「Galaxy Studio Tokyo」は絶叫間違いなし! 4番目の画像
 山の中の坂道は、とにかく凹凸があり、その振動がダイレクトに体に伝わってくる。しかも、目の前に広がるのは傾斜が急な下り坂。視覚と振動が組み合わさっただけで、実際に自分が坂道を下っている感覚になる。

「VR KAYAK」でカヤックでの渓流下りを体験

 「VR KAYAK」は、カヤックに乗りながらVRで渓流下りを体験できる。実際にカヤック型の乗り物に乗り、オールを持つようにしてハンドルを握る。
サムスンのVR体験イベント「Galaxy Studio Tokyo」は絶叫間違いなし! 5番目の画像
 座っているとはいえ、ダイレクトに水流を受けるので、かなりリアルな体験に感じるようだ。

 実際に体験した人によると、VRに慣れていないこともあってか、体験後に船酔いのような感覚に陥ったそうだ。
サムスンのVR体験イベント「Galaxy Studio Tokyo」は絶叫間違いなし! 6番目の画像
 周りで見ている人は体験者の見ている映像をモニターで見られるようになっているのだが、その映像を見ているだけでもかなり本格的だった。

 また、体験中は案内係のスタッフがうちわで風を送ってくるので、さらにリアルな体験に感じるとのこと。さらに、体験中に仲間とハイタッチするシーンがあり、そこでは実際にスタッフがハイタッチしてくれるようで、映像と実際の体験がシンクロする面白さもある。

ジェットコースター以上? 360度回転する「Air Show」

 今回のイベントのなかでも、とくに注目したいのが「Air Show」というアトラクション。横方向に360度回転するイスに座って飛行体験をするというものだ。
サムスンのVR体験イベント「Galaxy Studio Tokyo」は絶叫間違いなし! 7番目の画像
 正直に言うと、ほかの人たちが乗る様子を横から眺めているだけで、筆者は乗るのを断念した。なぜなら、びっくりするぐらいにイスがぐるんぐるんと回っていたから!

 飛行体験と聞くともっとゆったり飛ぶようなVRコンテンツが多いイメージだが、これはとにかく早いし激しい。腰元のシートベルトだけでなく、足もしっかりイスに固定されている意味がよくわかる。
サムスンのVR体験イベント「Galaxy Studio Tokyo」は絶叫間違いなし! 8番目の画像
 Air Show以外にも、VRで1,450メートルの氷上を下る「VR SKELETON」といったなかなか絶叫度の高いアトラクションもある。

 いずれも日本初上陸なので、「我こそは!」という人はぜひ体験してほしい。

4Dチェアに座って敵を打ち落とす「SWAY CHAIR」

 プレスイベントでは残念ながら体験できなかったのが「SWAY CHAIR」というゲーム。これはGalaxy Studio Tokyo内にある10種類のコンテンツのなかから、各フロアの規定数のスタンプ合計4個を集めると体験できる。 
サムスンのVR体験イベント「Galaxy Studio Tokyo」は絶叫間違いなし! 9番目の画像
 Gear VRのコントローラー付属モデルを使ったシューティングゲームで、画面と連動して動くイスに座り、画面に映し出された敵を手元のコントローラーで撃ち落としてスコアを競う。

 合計8人で楽しむようになっており、座った感じはMX4Dの映画館のようだった。
サムスンのVR体験イベント「Galaxy Studio Tokyo」は絶叫間違いなし! 10番目の画像
 ゲーム自体は1回あたり4分ほどと短いものではあるが、五感を使ったゲーム体験は仲間と一緒に盛り上がれること間違いなしだ。
サムスンのVR体験イベント「Galaxy Studio Tokyo」は絶叫間違いなし! 11番目の画像
 ほかにも、360度カメラ「Gear 360」を使って、雪の舞う空間で写真や動画撮影を楽しめる「SNOW GLOBE」や、モニターテーブルと連動するGlaxy S8/S8+の最新機能が体験できる「INTERACTIVE TABLE」など、純粋にテクノロジーの進化に感動できるコンテンツが満載。
サムスンのVR体験イベント「Galaxy Studio Tokyo」は絶叫間違いなし! 12番目の画像
 建物内にはドリンクブースも用意されており、思わずインスタにアップしたくなるようなカラフルな飲み物が楽しめる。

 期間中にコンテンツ体験の様子をSNSに投稿すると、会場近くの穏田商店街の18店舗で使えるクーポン券がもらえる。また公式Twitterをシェアすればオリジナルドリンクを、スタンプラリー対象のコンテンツを5つ以上体験するとオリジナルエコバッグがもらえるというお得なサービスもある。

 今回紹介したコンテンツはすべて無料で楽しめるので、ぜひ仕事終わりや休日に足を運んでみてはいかがだろうか。

Galaxy Studio Tokyo
場所:原宿BANK GALLERY
住所:東京都渋谷区神宮前6-14-5
期間:2017年5月26日(金)~7月3日(月)
時間:11:00~20:00

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する