1. 新作から超王道まで。New Balanceのタウンスニーカー5選

新作から超王道まで。New Balanceのタウンスニーカー5選

新作から超王道まで。New Balanceのタウンスニーカー5選 1番目の画像
出典:zozo.jp
 タウンスニーカーを語るうえで「New Balance(ニューバランス)」の存在は外せない。

 1906年にボストンで誕生したニューバランスは、「履いた人に“新しい(new)、バランス(balance)”感覚をもたらす」ことが社名の由来となり、機能性に優れた名靴を数多く生み出してきた。

 そして、5月19日(金)には、世界初となるライフスタイルコンセプトストア「New Balance ROPPONGI 19:06」をオープンし、さらに注目を集めている。

 今回はそんなニューバランスのアイテムから、王道から新作まで、厳選した5足を紹介しよう。

スティーブ・ジョブズも愛した「M992」の後継モデル

 スティーブ・ジョブズが愛用し、あの黒タートル×デニムスタイルを足元から支えたという「M992」の後継モデルである「M990 V4」。

M990 V4:¥27,000(税込)

新作から超王道まで。New Balanceのタウンスニーカー5選 2番目の画像
出典:zozo.jp
 オリジナルの「990」は、舗装路用のランニングシューズとして1982年に発売。デビュー当時の広告で「1,000点満点中990点」とニューバランス自らが謳ったことで話題となった。

 「M990V4」は、卓越したサポート性と安定性、クッション性に優れるENCAPミッドソールを採用。爪先、踵、Nマークに反射素材を装備することで、夜間での視認性も確保している。

 スウェードとメッシュが織りなすスポーティ―かつ懐古的なルックスは、コーディネートにオーセンティックなオーラを纏わせる。

「スニーカーのロールスロイス」から派生したモデルの新色登場

 1985年、当時としては異例ともいえる高額でリリースされた記念すべき初の1,000番台「M1300」から派生したモデルの新色。

 「M1300」といえば、“スニーカーのロールスロイス”、“雲の上を歩いているような履き心地”と称された、スニーカーファン垂涎の名作だ。

M1300 DMB:¥29,160(税込)

新作から超王道まで。New Balanceのタウンスニーカー5選 3番目の画像
出典:zozo.jp
 「M1300 DMB」は、そんなニューバランスを代表する歴史的名品「1300」から派生した「M1300CL S」のニューカラーモデル。

 古き良き時代の“アメリカンベースボール”をテーマにした、ポップで清涼感のあるカラーパレットが春夏シーズンの足元を彩る。

 ヌバックとメッシュをコンビ使いしたオフホワイトのアッパーに、渋めのレッドやネイビーがアクセント。

 革命的なミッドソール構造が生み出す卓越したフィット感と安定性は、ぜひ一度その足で確かめてほしい。




あらゆるコーディネートに難なくハマる万能選手

 「M1300」の後継として愛される名作「M1400」。

 クラシックなルックスが味わい深い、MADE IN USAにこだわる最上級モデルの一つだ。

M1400 USA スエード:¥27,000(税込)

新作から超王道まで。New Balanceのタウンスニーカー5選 4番目の画像
出典:zozo.jp
 「M1400」は、開発当時の技術力では量産化にいたらず発売を断念したモデル。90年代初頭より再度開発され1994年より発売された。

 カラーはグレーの他に、アメリカの名門「J.CREW」が別注したネイビースエードや、上品なベージュ、フレッシュな印象のグリーンがラインナップ。

 一体成型ミッドソール仕様・袋縫い製法などを採用した軽量かつ丈夫な機能性はもちろんのこと、ニューバランスらしいボリュームのあるシルエットとスウェードの素材感があらゆるコーディネートにマッチする、カジュアルスタイルの頼れる一足だ。

見た目も履き心地も清涼感抜群の新作

 4つ目に紹介するのは、日々のライフタイルシーンを快適にサポートする新たなコレクション「247」より、春夏を意識して前足部に通気孔を設けた“Breathe Collection”だ。

MRL247BB WHITE(BB):¥11,664(税込)

新作から超王道まで。New Balanceのタウンスニーカー5選 5番目の画像
出典:zozo.jp
 足元を快適に支える通気性に優れたメッシュと、伸縮性のあるネオプレーン素材を使用。ミッドソールには、超軽量素材「REV LITE」を搭載し、心地良いクッション性を実現した。

 アッパーからミッドソール、アウトソールに至るまでオールホワイトでまとめたクリーンなイメージも好印象。

 伝統的なニューバランスのクオリティとクラフトマンシップを残しながら、現代的なライフスタイルのムードを表現した今季注目の意欲作だ。

「990」を再構築した新モデル

 名作「990」を最新のテクノロジーと工法で再構築した「ML1978」。

 モデル名の数字は、「990」の開発が始まった年であり、ニューバランスが革新的な技術を取り入れ始めたシーズンでもある「1978年」に由来する。

ML1978:¥19,224(税込)

新作から超王道まで。New Balanceのタウンスニーカー5選 6番目の画像
出典:zozo.jp
 「990」開発当時、軽量性と耐久性を組み合わせたベストなアウトソールを作るためのパートナーだったVibram社。今回、再びニューバランスとVibram社が手を組み、より軽く、より高い耐久性を実現するワンピースインジェクションソールユニットを「1978」用に開発。

 クッション性と軽量性、ともに優れた先進のソールユニットが快適な履き心地を提供する。

 アッパーのデザインも「990」をモチーフにしつつ、素材にピッグスキンスウェードを使用して高級感を演出。

 テクノロジーとクラフトマンシップが融合した、ブランドの粋を集めた一足だ。


 長きに渡って愛される名作や、春夏を意識した最旬アイテム、最新技術を取り入れた新作など、伝統、トレンド、革新のすべてを担うニューバランスのタウンスニーカー。

 あなたはどれがお好み?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する