1. 「LINE Pay」対応サービス「タピネス」誕生!自販機に「LINE」をかざしてドリンク無料に

「LINE Pay」対応サービス「タピネス」誕生!自販機に「LINE」をかざしてドリンク無料に

 キリンビバレッジバリューベンダーとLINEは、自動販売機にビーコン端末を接続し、「LINE」やその関連機能を活用することで実現した、独自の自動販売機コミュニケーションサービス「Tappiness(タピネス)」を2017年4月13日より首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)・近畿圏(大阪、京都、兵庫)で開始する。

 自動販売機でポイントが貯まるサービスといえば、コカ・コーラが「Coke ON」というサービスを提供している。すでに後発サービスであるタピネスは、一体どんな差別化を図っているのかを紹介しよう。

現金、電子マネー、LINE Payでの利用に対応

 タピネスは、「LINE」と自動販売機がビーコン経由でつながることで、購入ごとに1ドリンクポイントが付与される。購入には現金や電子マネーだけでなく、LINEの決済サービス「LINE Pay」を使うことも可能だ。

 今回は実機に触れることができたので、実際の手順を紹介しよう。まずはLINEアプリを起動する。その際起動さえしていれば、どの画面を表示してもいい。また、iOS、Androidともに、Bluetoothをオンにしておく必要がある。Androidの場合は、位置情報サービスの設定もオンにしよう。
 アプリを立ち上げた状態で自動販売機にかざすと、初回起動時は「LINE Beacom」の許諾画面が表示される。

 LINE Beaconとは、Bluetooth発信機から配信されるクーポンやメッセージなどのコンテンツを、公式アカウントを経由してLINEで受信できるサービスのこと。「同意して利用を開始」をタップし、次にキリンの公式アカウントを友だち追加しよう。
 あとは、商品を選択し、スマホの画面上で決済方法を選択すれば購入は完了。

 LINE Beaconの許諾や友だち追加は初回のみ表示されるだけなので、2回目以降はスマホをワンタップするだけでいい。
 また、決済方法でLINE Payを選択すると、初回起動時のみLINE Payのパスワードの入力が必要だが、2回目以降は不要だ。

15ポイント貯まれば1ドリンク無料!

 タピネスでは、ドリンクを1本購入するごとに1ドリンクポイントが付与される。

 ドリンクを購入すると、「LINEショップカード通知」からメッセージが届き、キリンのショップカードを表示すると貯まったポイントが確認できる。
 15ポイントが貯まると自動販売機で好きなドリンクと無料で交換可能な特典チケットが付与されるのが、このサービスを利用する大きなメリットと言えるだろう。
LINE 代表取締役社長 出澤剛氏
 特典チケットはLINEの友だちにプレゼントすることもできる。

 LINE代表取締役社長の出澤剛氏は、「人とサービス、コンテンツなどあらゆるものをつなげようとLINEの事業を展開している」とし、「オンラインとオフラインには断絶があるが、それをつなげていく必要がある。LINE Beaconを使えば、自販機とLINEをつなげられる。オンラインとオフラインをシームレスにつなげるLINE Beaconを今後広めていきたい」と語った。

メーカーアプリにはない普及率の高さが強み

 自動販売機は現在、日本に220万台あると言われ、この20年間で台数の増加はほぼ横ばいとなっている。それに対して、コンビニはチケットやATMといった付加価値を見出したことで、20年前は3.4万店だったのに対し、いまや5.5万店へと急増している。

 この自動販売機の現状を打破するために、キリンビバレッジは「キリンビバレッジバリューベンダー株式会社」を2015年7月に設立。

 設立以来、売上、稼働台数ともに大幅アップを達成するなか、2015年にはLINEと強力してデジタルサイネージ自動販売機を導入した。この自動販売機は、飲料を購入すると写真が撮影でき、その写真をLINEで取得可能。観光地や商業施設で展開されたそうだ。
キリンビバレッジバリューベンダー 代表取締役社長 岩田実氏
 次に、スマホと自動販売機を結びつけたいと考えたときに、「飲料メーカーの独自アプリではダウンロードが面倒で、そのうちどこにいったのかがわからなくなる。そこで月間6,600万人が利用するLINEに注目した」と、キリンビバレッジバリューベンダー 代表取締役社長 岩田実氏は話す。タピネスは4月中に1,000台、7月以降は全国に拡大予定。1年後には2万台の対応を見込んでいるという。
キリンビバレッジバリューベンダー イノベーション推進部 部長 澤田禎彦氏
 また、タピネスでは利用者のデータを集められることもメリットだ。

 同社のイノベーション推進部 部長 澤田禎彦氏は、「利用者がタピネスを利用するだけでは属性データはわからない。キリンの公式アカウントと友だちになることで、今後いろんな案内を発信し、年代やエリアといった情報が集まるはずだ」と明らかにした。
 始まったばかりのこのサービスの開始を記念して、タピネスを初めて利用するユーザーに10ドリンクポイントがもらえるキャンペーンを実施している。

 また、5月には特典チケットプレゼントキャンペーンも開催予定。首都圏や近畿圏に住んでいる人は、タピネスとLINEでお得にドリンクをゲットしよう!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する