1. 写真を眺めながら、至福の一杯を。NESPRESSO Love Loungeが期間限定オープン!

写真を眺めながら、至福の一杯を。NESPRESSO Love Loungeが期間限定オープン!

ルネ・グローブリ「The Eye of Love, # 535」© René Groebli, The Eye of Love, # 535, 1953. Courtesy Galerie Esther Woerdehoff, Paris
 
 LOVEストーリーから生まれた至福の一杯。

 京都国際写真祭が、4月15日〜5月14日に開催される。その中で、誰もが知っているコーヒーブランド、NESPRESSO(ネスプレッソ)のコーヒーを味わうことができる。

 ネスプレッソのコーヒーは、一般家庭だけでなく高級レストランやホテルなど幅広く愛されている。

 今回で5回目になる写真祭。テーマは、「LOVE」。

LOVEストーリーと共に楽しむ、格別な一杯をどうぞ。 

ルネ・グローブリ「The Eye of Love, # 500」© René Groebli, The Eye of Love, # 500, 1953. Courtesy Galerie Esther Woerdehoff, Paris 

 ネスプレッソは、味わいと品質を追求して世界中の人々から絶大な人気を得ているコーヒーブランドだ。

 コーヒー豆にもこだわり、希少で高品質な、Grands Crus(カプセルコーヒー)と、業務用レベルの高圧力抽出による高品質な香りと味わいが評価されている。

2組の夫婦のLOVEを視覚と味覚で堪能できる、NESPRESSO Love Lounge

ルネ・グローブリ「The Eye of Love, # 522」© René Groebli, The Eye of Love, # 522, 1953. Courtesy Galerie Esther Woerdehoff, Paris
 
 会場内にオープンする、NESPRESSO Love Loungeでは、夫婦のLOVEストーリーから生まれたネスプレッソの「至福の一杯」が無料で提供される。

 日本では初の写真展示会となる、ルネ・グローブリの作品。今回の写真祭では、1954年に発表した妻リタとの新婚旅行を綴った小さな写真集『The Eye of Love』を鑑賞することができる。

 写真を眺めながら、コーヒーを味わうことができる。極上のひと時となること間違いない。

2017年4月15日〜5月14日(月曜休館)
時間:10時~19時
場所:京都文化博物館別館2階(京都市中京区三条高倉)
入場料:無料
コーヒー:無料
コーヒー(平日、土日)、アレンジコーヒー(土日のみ)の提供は、1日200杯の数量限定。Lounge内には、女性書道家・川邊りえこ氏作のネスプレッソコーヒーを使って描いたカリグラフィーの展示もある。

NESPRESSO Love キャンペーン

 NESPRESSO Love Loungeの会場に行くことができない方にも、嬉しいお知らせ。

 「#NespressoLove」または、「#ネスプレッソラブ」のハッシュタグをつけて、LOVEを感じるコーヒーの写真や、コーヒーのあるLOVEな瞬間をとらえた「Love with Coffee」の写真を投稿した方の中から抽選で、自宅でも簡単に本格的なコーヒーを味わえるネスプレッソのコーヒーメーカー「イニッシア」を5名様にプレゼント。

期間:2017年4月15日〜5月14日24時まで
応募要件:Instagramに、#NespressoLoveまたは#ネスプレッソラブのハッシュタグをつけて、LOVEを感じるコーヒーの写真や、コーヒーのあるLOVEな瞬間をとらえた「Love with coffee」の写真を投稿された方。

ネスプレッソブティック(京都)
ジェイアール京都伊勢丹:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町8F
高島屋京都店:京都市下京区四条通川原町西入真町52-6F

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する