1. 積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来

積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来

積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来 1番目の画像

 シーエー・モバイル(以下CAM)は、2000年に創業したサイバーエージェントのグループ会社。メディア事業、広告事業、投資事業を軸にインターネット・スマートフォンサービスに特化した事業展開をしている。中でも、有名音楽アーティストのファンサイト運営や占い事業、広告事業はマーケットの拡大を図っており、更なる事業成長が見込まれている。

 そんなCAMが、キャリア採用を強化。同社と共に新たな挑戦をしてくれる同士、人材を募集している。

 とはいえ、応募する側としては自分の適性、待遇や福利厚生、入社後の人間関係などに不安を抱きがち。そこで、みずからも中途採用で入社した人事・広報担当の田口佳澄さんに、同社の課題も含めたリアルな声をうかがった。

インタビューに答えてくれたのはこの人

株式会社シーエー・モバイル
人事ディビジョン中途採用グループ/広報室
田口 佳澄さん
積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来 2番目の画像
2016年7月、中途採用にて入社。人事、広報担当。人と接すること、新たな挑戦に挑み続ける25歳。
積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来 3番目の画像

転職の決め手は“人”!生き生きとした社員の姿を見て入社

積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来 4番目の画像
——田口さんも、中途採用で入社したそうですね。

田口:去年の7月に入社したので、まだCAM歴は9カ月です。もともと人事ではなく秘書として応募したのですが、直前で秘書のポジションは充足していて、「仕事内容は変わりますが、一緒に働きませんか?」とお誘いをいただき、人事・広報担当として入社を決めました。

——仕事内容が変わっても、入社を決めたのはなぜでしょう。

田口:決め手は“人”でした。会社ですれ違う方が挨拶してくださったり、面接のアテンドしてくださった人事の方が親切だったりと、「この会社の人と一緒に働きたい」という思いが選考を進めていくうちに強くなりました。

それまでにも10社ほど他社も見てきましたが、CAMは社内の雰囲気も明るくて、社員が生き生きしていたんです。廊下で話している社員の姿からも、それが伝わってきたんです。私服で働いているという要素もあり、カッチリしすぎない空気感も魅力的でした。

——他にも、いろいろな会社を見てきたんですね。

田口:はい。最初は「秘書」という職種重視でいろいろな会社を見てきました。でも、そもそも転職しようと思った理由は、人に寄り添う仕事をしたかったからだったんです。前職は語学学校の斡旋業務で、「留学するとこういうことが身に付きます!」「現地ではこうしたほうがいいですよ!」など、お客様を支援する仕事をしていました。「田口さんが担当で良かった!!」と感謝の言葉をたくさんいただきうれしかったのですが、関係性はそこで終わり。より長期にわたり、大切な方々のフォロー をする仕事をしてみたいと思ったんです。人事も社員に寄り添い、人生にも関わる仕事です。今考えると人事こそが私の理想の仕事だったんですね。

また、前職は約50人規模の企業だったので、もっとたくさんの人に携わりたいと思っていました。CAMは有期雇用を含めて約400人の従業員数になりますので、たくさんの方々と仕事ができるのも楽しいです。

——もともと志望していたポジションとは違いましたが、葛藤や不安はありませんでしたか?

田口:私はもともと、人が好きなので人見知りをしないんです(笑)。緊張はありましたが、不安はそこまでありませんでした。

——ポジティブなんですね。

田口:前に出るのは好きな性格で、昔から率先して発言者になることもあったので。広報・人事として前に出たりするのも抵抗はそこまでありませんでした。緊張はもちろんしますよ。(笑)

——広報としてはどんな業務をしているんですか?

田口:広報は2名体制で、私が社内広報を担当しもう1名が社外広報を担当しています。

——社内広報のお仕事はどんなものでしょう?

田口:今まで広報室がなかったため、隔月で社内報を作り、社員の活動を紹介しています。すごく楽しいお仕事です。

社内報はあえて紙で発行しているのですが、紙にすると特別感があっていいんですよ! 誌面に登場することに恥ずかしさはありますが、載れば誰かに自慢したくなりますし、地元の両親に見せて「こういう仕事をしている」「こういう活躍をして表彰された」とアピールもできます。功績や思い出が形に残るのってやっぱり特別でいいなと感じます。

最近うれしかったのは、配布直後にみんなが「誰が載っているんだろう」って読んでくれたことです。うれしさのあまり、みんなが社内報を読んでいる姿を写真に撮りまくりました(笑)。会社の規模が大きくなると、顔も名前も知らない社員が増えてしまいますが、社内報が社員の距離を近づけるきっかけづくりになればいいなと思います。
積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来 5番目の画像

216休暇、年間50万円のスキルアップ支援…大充実の福利厚生

積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来 6番目の画像
——CAMに入社してよかったなと思うのは、どんな時ですか?

田口:まだ入社から1年未満ですが、すでにある程度の裁量権を持たせてもらっています。代表取締役社長の石井(洋之氏)と、1対1で話し合うことも。まだ25歳で社歴も浅い私が、経営者と時間を共に、一緒の目線で働けるなんて、この規模の企業ではなかなかありませんよね。入社時に「やる気と行動が伴えば、誰にでもチャンスはある」と言われていましたが、まさに今それを実感しています。

——プレッシャーよりもやりがいが大きいようですね。

田口:最初は「ここまで私がやってもいいの?」と思うこともありました。でも、ある時からそういう固定観念は捨て、「私がやるんだ!」と思うようになったんです。間違っている時は指摘してもらえるので、今は自分で考えてまずはやってみる・行動してみるようにしています。

——積極的にプロジェクトに関わりたい人は、社風に合いそうですね。

田口:そうですね。手を挙げてやりたいことを言える人、自ら積極的に行動できる人であれば、チャンスはみんなにあります。

——福利厚生についてはいかがでしょう。

田口「CAM+」(キャムプラス)というプログラムがスタートします。「スキル」「ヘルス」「ファミリー」「バケーション」の4カテゴリーで、社員のCAMライフをプラスにする取り組みです。
積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来 7番目の画像
CAM+の資料より。
例えば「スキル」なら、スキルアップ支援として年間50万円まで支援します。セミナーやWeb講座はもちろん、書籍の購入にあててもOK。将来のキャリアアップにつながる目的であれば、働き方に関する書籍なども認められます。

また、モバイルを軸にした会社なので、いち早く最新機種に触れてほしいという意味を込めてスマートフォン、ウェアラブルデバイスの購入費を会社が半額負担しています。もちろん社用ではなく、プライベート用の端末ですから、CAMの社員は新しい機種が発売されるとみんなすぐに買い換えるんです。これは滅多にない珍しい制度ですよね!

——その他のカテゴリーについてはいかがでしょう。

田口:「バケーション」で特徴的なのは、「216バカンス」。2年働いたら、3年目に最大16日連休を取れる制度です。分割して休んでもいいですし、一気に16日休んでも構いません。これだけの休みがあれば、海外旅行にも行けますよね。
積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来 8番目の画像
CAM+の資料より。
「ヘルス」で言えば、最近では、特定のスポーツジムの利用料も月1万円まで補助しています。

「ファミリー」では、結婚休暇が5日間あったり、キッズデー休暇として、お子さんの運動会や参観日には年に2回半休を取れたりします。時短勤務のママさんもいますし、「家族を大切にしてね」というメッセージを込めています。

——設備面で優れているポイントを教えてください。
積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来 9番目の画像
シーエー・モバイルのオフィス内。
田口:大門に出店している「BYRON BAY COFFEE」というカフェが社内にあって、バリスタがおいしいコーヒーをいれてくれます。お店なら3、400円するコーヒーも、会社が7割負担してくれるので100円程度で飲めます。他にも、1フロアに3台ぐらいずつ冷蔵庫があり、紙パックの野菜ジュースや豆乳など10種類ほど常備しています。こちらはフリードリンクになっているので無料で利用できます。

——IT企業は人材の流動が激しいですが、CAMは定着率も高そうですね。

田口:いい人材は離しません(笑)。私も中途採用ですが、採用後のフォローアップ体制もどんどん強化しています。面談でコンディションをチェックしたり、面談の時間を取らなくても「最近どうですか?」と廊下で声をかけたりランチに行ったりするのも大事だなと思っています。「誰かが自分のことを気にかけている」と実感できることって、人間にとって大事だと思うんです。私は人事としてそういう人材でありたいなと思っています。
積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来 10番目の画像

求めるのはハングリー精神があり、自分の力で走れる人

積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来 11番目の画像
——ここまでメリットばかりをお聞きしてきましたが、まだ発展途上な面はありますか?  あえてマイナス面も語っていただければと。

田口:代表の石井は「挑戦と革新をし続ける企業」と目標を掲げ、社員が一丸となって更なる事業成長を目指しています。広告事業にも注力し、実際に売上も伸びているのですが、環境変化が激しいので自ら環境に馴染もうとする人、自分から学べる人でないとなかなか厳しいのではないでしょうか。例えば、環境の整った大手企業で仕事を行ってきた方にとっては、けっこう苦しいかもしれません。

——自分で考えて走れる人でないと厳しそうですね。

田口:まだまだ発展途上なので、もっと環境を整える必要性は感じています。「成長途上のベンチャー企業だから」と言い訳することもできますが、社内の教育制度や環境整備は今後の課題です。正直に言えば、その点はまだ伸びしろがあると考えています。

——新規事業の創出は、どのように行っているのでしょう。

田口:半期に一度、新規事業を創出する会議を全社で行っています。入社4年以下の社員4、5人がメンバーとなって、マネージャーの指導のもとで情報収集やプレゼンを行ったり、マネージャー以上の幹部で行ったり、いろいろなケースがあります。評価の点数が高い案は、実行に移します。

——実行の際には、アイデアを出した人がマネジメントするのでしょうか。

田口:必ずしもそうとは限りません。全社として人材を適材適所に配置することは重要なので、その点を加味した人選をします。現状で取り組んでいる事業との兼ね合いもありますので。

——こうした会議から、すでに新規事業が生まれているようですね。
積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来 12番目の画像
出典:mimi-lab.jp
田口:昨年4月の会議で、マッチングアプリのプレゼンがありました。その企画が通り、去年12月にローンチしたのが『mimi - 好きな顔、みつけた -』です。

——スピード感がありますね。

田口:6月に新規事業推進部が発足して、約半年でローンチしましたからね。すごいスピードです。サイバーエージェントグループで『タップル誕生』『CROSS ME』といった同じ分野でのサービスを展開していたので、スピード感をもって動くことができました。ナレッジを共有しつつ、どこで差別化するかを考えながら開発を進めたそうです。ノウハウを共有できるのは、グループ内の強みだと思います。

——では、求めている人材についてうかがいます。CAMはEXILEmbileやHKT48mobileなどのサイトを運営していますが、やはりエンターテイメント業界に強い人を求めているのでしょうか。

田口:エンタメ系の事業に関しては、そうですね。有名アーティストのサイトを運営するチームは、エンタメ好きの方は大歓迎です。サイト運営だけでなく、企画を考え、現場に行き、ライブにも帯同います。仕事内容は多岐にわたるので大変なこともありますが日本有数のグループに自分たちの企画が反映されることはとても魅力的だと思います。その他、ゲッターズ飯田さんの占いをはじめとする占い事業やヘルスケアコンテンツなども運営しているので、メディア事業に携わっていきたい方はホームページをご覧ください。

——最後に、CAMが求める人材についてお聞かせください。

田口:ひと言でいうならば、挑戦を楽しめる方です。他社には「○年働かないと課長になれない」など規定がある会社様も多いですよね。しかし、CAMにはそうしたルールがなく、自分次第で活躍の場を広げることができます。自分のスキルを会社と一緒に伸ばしたい方、新規事業にチャレンジしたい方は、ぜひ応募してほしいです。先ほど申し上げたとおり、「挑戦と革新をし続ける企業」という目標があるので、そういったハングリー精神のある方はぜひ一緒に新規事業に取り組んでいただきたいと思います。
積極キャリア採用中!人事・広報担当者が語る、シーエー・モバイルが描く未来 13番目の画像
 新しいことにチャレンジしたい人、自ら学ぶ姿勢のある人なら、大きな成長が見込めそうなCAM。ベンチャーの勢いは保ちながらも、400人規模で福利厚生が充実している点も大きな魅力だ。次回以降は、CAMで働くエンジニア、営業担当の声もお届けしよう。なお、中途採用の応募は以下を参照してほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する