1. まるで公道を走るレーシングカー! ポルシェの新型「911 GT3」はモンスターマシンだった!!

まるで公道を走るレーシングカー! ポルシェの新型「911 GT3」はモンスターマシンだった!!

まるで公道を走るレーシングカー! ポルシェの新型「911 GT3」はモンスターマシンだった!! 1番目の画像
 ポルシェの代名詞的存在である911シリーズの中にあっても「911 GT3」は特別なモデル。

 2シーター化されたハイパフォーマンスモデルというだけでなく、ポルシェの原点であるモータースポーツの血脈を継承する存在だからだ。

ほぼレーシングマシンそのもののエンジンを搭載

まるで公道を走るレーシングカー! ポルシェの新型「911 GT3」はモンスターマシンだった!! 2番目の画像
 それは搭載されるパワーユニットに如実に表れている。新型「911 GT3」は同シリーズのサーキット専用モデルである「911 GT3カップ」のものを、ほとんど仕様を変更することなく搭載。

 4.0Lの水平対向6気筒で、自然吸気でありながら500PS/8,250rpmの最高出力と460Nm/6,000rpmを発揮する。昨今のダウンサイジング化の流れの中で、姿を消しつつある大排気量で高回転型の自然吸気エンジンをあえて搭載しているのも、サーキットを意識したモデルだからこそだろう。

 組み合わせられるのは専用設計の7速デュアルクラッチトランスミッション(PDK)だ。速さを追求すればこその2ペダル(もちろんパドルシフト付き)トランスミッションだが、オプションで6速MTを用意しているところに、ポルシェが旧くからのドライビング好きも視野に入れていることが見て取れる。
まるで公道を走るレーシングカー! ポルシェの新型「911 GT3」はモンスターマシンだった!! 3番目の画像
 車重は1430kgでパワーウェイトレシオは2.86kg/PS。7速PDKモデルは0-100km/hの加速が3.4秒、最高速は318km/h、6速MTモデルは0-100km/h加速が3.9秒、最高速320km/hと発表されている。

 リアからの写真ばかりが並ぶのには理由がある。エンジンがリアに搭載されたRR(リアエンジン・リアドライブ)であることに加え、新型「911 GT3」にはリアタイヤでも操舵を行う4WSシステム「リアアクするステア」が装備されているからだ。

 これは、ステアリングを切った際にリアタイヤが車速に応じて同じ向きか逆向きに切れるシステム。コーナーリング時の俊敏性と安全性を向上させるもので、前モデルから継承されている。

先進のナビも備えるコックピット

まるで公道を走るレーシングカー! ポルシェの新型「911 GT3」はモンスターマシンだった!! 4番目の画像
 インテリアも高性能スポーツカーにふさわしいもの。ステアリングは360mm径のGTスポーツタイプを「918スパイダー」から受け継いでいる。

 シートはサイドサポートが強化され、高速でのコーナーリング中も体をしっかりとサポートする「スポーツシート プラス」を運転席と助手席に採用。これは前後調節は手動で、高さとバックレストは電動で調整が可能なものだ。

 そのほかにもシートは3つの仕様が用意される。18Wayすべての調整機能が電動化された「アダプティブ スポーツシート プラス」、可倒式バックレストと内蔵式胸部エアバッグを備えた「スポーツバケットシート」、そしてカーボン模様仕上げの軽量なCFRP製「フルバケットシート」だ。
まるで公道を走るレーシングカー! ポルシェの新型「911 GT3」はモンスターマシンだった!! 5番目の画像
 スマートフォンで詳細なドライビングデータの表示や記録、分析の可能な「トラックプレシジョンアプリ」にも標準対応。

 リアルタイム交通情報やオンラインナビゲーションモジュールを含む「ポルシェ コミュニケーション マネージメントシステム(PCM)」も標準装備している。
まるで公道を走るレーシングカー! ポルシェの新型「911 GT3」はモンスターマシンだった!! 6番目の画像
 卓越した運動性能だけでなく、先進的なナビゲーションなども備えた新型「911 GT3」。4月6日より予約受注が開始され、価格は7速PDKのモデルで2,115万円。ハンドルは左のみとなっている。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する