1. マッキントッシュ フィロソフィーから待望の「トロッタースーツ」が発売:プレゼントキャンペーンも

マッキントッシュ フィロソフィーから待望の「トロッタースーツ」が発売:プレゼントキャンペーンも

マッキントッシュ フィロソフィーから待望の「トロッタースーツ」が発売:プレゼントキャンペーンも 1番目の画像
 英国の伝統と格式を体現するマッキントッシュのセカンドラインにあたるマッキントッシュ フィロソフィーから、「トロッタースーツ」が発売された。トロッターとは英語で、「活動家」という意味。スタイリッシュで活動しやすいスーツ、「トロッターシリーズ」を紹介していく。

 マッキントッシュとは、バーバリーやアクアスキュータムなどのブランドと肩を並べる英国を代表とする老舗ブランドだ。

 マッキントッシュのモノづくりの精神を継いで誕生した、マッキントッシュ フィロソフィーから3月15日より「トロッタースーツ」が発売された。新年度のスーツ買い替えの時期に向かい、様々なスーツが店頭に並んだ。今回はその中でも「トロッタースーツ」の魅力についてみていこう。
マッキントッシュ フィロソフィーから待望の「トロッタースーツ」が発売:プレゼントキャンペーンも 2番目の画像
出典:www.mackintosh-philosophy.com

トロッターシリーズとは

 マッキントッシュ・フィロソフィーが展開する、英国伝統のトラッドスタイルと30代の男性ビジネスマンが出張を快適に過ごすために必要な要素を兼ね備えた商品で構成されたコレクション。

 特徴としては、しわになりにくく、吸水速乾性があり、家庭洗濯が可能など機能性に優れていながらもシックな雰囲気を合わせ持つ。

 ベストセラー商品である「トロッタージャケット#000」は、2013年2月の発売から現在までに累計販売着数が約3万着に上る。
 オールシーズン着回すことができるとビジネスマンに好評を博し不動の地位を確立した。

 「トロッタジャケット」シリーズの累計販売数はおよそ7万着に達する大ヒットを記録している。

 今回の「トロッタスーツ」発売に際してベストセラー商品の「トロッタジャケット#000」からは新色のインクブルーとブラウンが登場した。

シリーズ初:上質な雰囲気を醸し出す「トロッタスーツ」

トロッタスーツ本体価格:¥72,000+税

 トロッタシリーズのノウハウを集約して完成したこのスーツ。

 カラーバリエーションはグレンチェック(グレー)、ピンストライプ(ネイビー)、無地(ネイビー)の計3色。

 これまでのトロッターシリーズのラインアップは、ポリエステルのような高機能素材を100%使用したセットアップをメインとして構成していた。

 しかし今回の「トロッタスーツ」では、シリーズならではの機能性は保ちながら高級感のあるウール素材を使用し仕上げられている。

 一般的にウォッシャブルウールは、毛の表面を樹脂でコーティングすることで縮みを防いでいる。

 しかしこの場合、生地が硬くなりウール本来の質感が損なわれてしまう。

 「トロッタスーツ」では特殊技術を用いた生地を使用しており、ウールの質感を保ったまま家庭洗濯を可能にした。

 ウールの上品な質感とこれまでのシリーズの機能性(ウォッシャブル、しわになりにくい、ストレッチ性など)を掛け合わせたハイブリット型のスーツに仕上がっている。

 マッキントッシュ  フィロソフィーを代表する「TROTTER#000(ナンバーゼロ)」からは新色の二色(インクブルーとブラウン)が店頭にラインナップ。

 ブランド一番人気のシリーズからの新色として、ファンの心をくすぐる二着になること間違いなし。

 トロッターシリーズからは他にも、ネクタイから雑貨まで様々なアイテムが豊富に取り揃えられている。

 スーツと合わせて購入してみるのも、上級者の着回しとして他よりもお洒落にビジネスコーディネートに仕上げることができるのではないだろうか。
マッキントッシュ フィロソフィーから待望の「トロッタースーツ」が発売:プレゼントキャンペーンも 8番目の画像
出典:www.mackintosh-philosophy.com
  今回紹介した「トロッタースーツ」の発売を記念したフェア「2017 SPRING TROTTER SUITS CAMPAIGN」が全国百貨店・直営店にて3月15日より開催中。

 28日までの期間限定でトロッタースーツを購入した方に先着でオリジナルタイクリップをプレゼントしている。
マッキントッシュ フィロソフィーから待望の「トロッタースーツ」が発売:プレゼントキャンペーンも 9番目の画像
出典:www.mackintosh-philosophy.com
 これを機にスーツの新調を考えているビジネスマンの方はぜひ検討してみてはいかがだろうか。

 新年度のスタートをフレッシュな気持ちで迎えられることに間違いない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する