1. ホンダ「N-BOX」売上3ヶ月連続首位、好調の理由は「利便性と走り」にあった

ホンダ「N-BOX」売上3ヶ月連続首位、好調の理由は「利便性と走り」にあった

出典:www.honda.co.jp
 3月6日に発表された2月の車名別の新車販売台数で、ホンダの軽自動車「N-BOX」が3ヶ月連続の首位となった。近年の軽自動車の売上でもトップの地位を不動にしつつある。

 老若男女、幅広く支持されているN-BOX。何がユーザーを惹きつけるのか? N-BOXの人気の秘訣を探ってみた。

人気の秘訣①:カラー、モデルともにバリエーション豊富

出典:www.honda.co.jp
 N-BOXが人気である理由1つ目は、モデルとカラーのバリエーションの多さ。ホンダの車種の中で最も派生タイプが多い車種であり、選ぶだけで楽しくなってしまう。

用途に合わせて選べるモデル

 N-BOXは通常モデル以外にも、N-BOXプラス、N-BOXカスタム、N-BOXカスタムプラスなどから選べる。

 N-BOXプラスは外装のデザインは通常モデルとほとんど同じだが、室内長が30cm短く、荷室スペースがその分長くなっている。

 ターゲットは、親の介護などが必要なファミリー層。
出典:www.honda.co.jp
 N-BOXカスタムはライトやバンパーなど、外観をスタイリッシュにしたモデル。通常性能は変わらないが、販売台数は通常モデルと拮抗。人気モデルとなっている。

全20種! 超豊富なカラーバリエーション

 選べるカラーが多いのもN-BOXの魅力。通常モデルだと、20種類のカラーから、カスタムだと12種類から選ぶことができる。
出典:www.honda.co.jp
 中でも特徴的なのは、2トーンカラーを採用しているところ。9種類の組み合わせから選べる。

人気の秘訣②:ゆったりと楽々収納、使いやすい車内スペース

出典:www.honda.co.jp
 続いてのN-BOXの強みは、室内の広さ。外観だけだとコンパクトな車体だが、軽自動車の中では最大級の広さを誇る。

 軽自動車ながら、コンパクトカーよりも広い室内を感じさせてくれる。

圧倒的広さは軽自動車の枠を超えている

出典:www.honda.co.jp
 N-BOXのドアはスライド式。その開口幅はどの車種よりも大きい64cm。お年寄りや子どもがいるファミリー層からの評価が高い。

 もちろん、室内の広さも言うことなし。室内長は218cm。後部座席に大人が座っても、楽々足が組めるほど広いつくりだ。

 室内高も140cmと子どもが立って着替えができるほど。後部座席をスライドさせて、荷室に自転車を積み込むことも可能。

 後部座席をスライドさせる機能が備わった軽自動車は少なく、使用シーンに合わせてシートアレンジがしやすいのもN-BOXの特長だ。

人気の秘訣③:軽とは思えない走り、改善され続ける燃費

出典:www.honda.co.jp
 小回りが効くが、走りには期待できない……軽自動車にはそんなイメージを持ちがちだが、N-BOXは軽自動車らしからぬ走りで支持を勝ち取っている。

走りも弱く軽いのかと思いきや、確かに軽いのですがいい走りをします。
車体が軽いということももちろんありますが、滑り出しも良く、軽やかに、いつのまにか一気にスピードが出ているという感じ。
こりゃまずいと思ってブレーキを踏むと、ブレーキングも軽やかな優しい踏み心地。
なかなか良いフィーリングに感じました。

出典:ホンダ・N-BOX試乗 ノンターボでも街乗りなら十分な走り(1/5) | スター ...
 また、広い車内と相まって、長時間の運転でも疲れないと評判。運転席の高さも軽自動車にしては高く、普通車に乗っている感覚とほとんど同じ! と感じるユーザーも多い。

どんどん改善される燃費から垣間見る「ホンダの本気度」

 燃費の改善にも余念がない。発売当初は「22.2km/L」と、ライバル車と比べ優れた数字ではない。だが、何度かの改善で今では「25.6km/L」まで上昇

 2000年代後半までは軽自動車が手薄だったホンダ。方針を転換してNシリーズを手始めに、ラインナップを充実させてきた。N-BOXはその中でもF1開発に携わったスタッフが関わるなど、力の入った車種。

 繰り返す燃費改善からは、多方面から最上を求める「ホンダの本気度」が垣間見える部分でもある。


 2016年も通算4度目となる軽自動車トップの売上を記録したN-BOX。売れ続ける理由は、使いやすさと走りが両立した軽自動車らしからぬ性能にあった。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する