1. 格安SIMで使えば確実にコストダウン! SIMフリーのモバイルルーターが便利

格安SIMで使えば確実にコストダウン! SIMフリーのモバイルルーターが便利

格安SIMで使えば確実にコストダウン! SIMフリーのモバイルルーターが便利 1番目の画像
 外出先でも簡単に安定したインターネット環境を構築できる「モバイルWi-Fiルーター」。ノートPCやタブレットなどのモバイル機器を外出先でもバリバリ使いたいときに有力な選択肢になるツールだ。

 しかし、大手キャリアの製品は運用コストがやや割高。導入を検討したものの料金がネックになり、二の足を踏んでいる人もいるのではないだろうか。そこでオススメしたいのが、格安SIMが利用できる“SIMフリー”のモバイルルーターだ。

 格安SIMは、最近では毎月20〜30GBの容量が使える大容量プランを用意する事業者が増えている。月額料金が割安な格安SIMとSIMフリーのルーターを組み合わせれば、割安な料金でモバイルルーターが持てるのだ。

 今回はSIMフリーのモバイルルーターを利用するメリット・デメリットなどの基礎知識を解説するとともに、NECの「Aterm MR05LN」を代表例として、製品の特徴や基本的な使い方なども紹介しよう。

格安SIM×SIMフリールーターのメリットとは?

毎月数千円程度の節約が可能!

格安SIMで使えば確実にコストダウン! SIMフリーのモバイルルーターが便利 2番目の画像
 格安SIMでモバイルルーターを利用するメリットから解説しよう。まずは何と言っても、運用コストが割安であるという点が挙げられる。

 大手キャリアの製品を利用する場合、どれだけ割安でも毎月2,500円前後がかかる。しかも、利用できる容量は毎月5GB程度と、少なくなってしまう。20GBの大容量プランになると、毎月7,000円以上のコストがかかってしまうことも珍しくない。

 それが格安SIMであれば、20GBの大容量プラン(データ通信専用)を利用しても毎月の支払いは4,000円程度。容量は10GBでも十分ということであれば、2,000円台前半で済ませられる。月額料金だけを見れば、圧倒的に格安SIMを利用したほうがお得だということがわかるだろう。

スマホのテザリングに頼らずに済む

 そしてモバイルルーターを利用する最大のメリットといえるのが、外出先でネットを利用したいときにスマホのテザリングよりも簡単に安定した通信環境をつくれることだ。

 スマホテザリングは、環境によっては不安定になりやすい。また、使いすぎるとスマホのバッテリーを多く消費してしまう。モバイルルーターを使えば、こうした心配は皆無。心おきなくネットを利用できる。

デメリットもあるが正しく理解すれば問題なし

 いいことずくめのようにも思えるが、デメリットもある。ひとつはルーター本体を、常に携帯しなければならないということだ。外出時は荷物を極力増やしたくないという人は、スマホのテザリングに頼ったほうがいいだろう。

 ただし、最近はコンパクトな製品が増えている。カバンに入れて持ち運ぶだけなら、ほとんど負担にならないので、そこまで過剰に心配する必要はないだろう。

 また、格安SIMは利用する場所や時間帯(朝の通勤時、昼食時、帰宅時など)によっては回線が込み合う影響で、つながりにくくなる場合がある。格安SIMを提供する事業者にもよるので、必ずそうなるとは限らないが、回線が混雑しているときは速度が遅くなる場合があると認識しておこう。

人気のSIMフリールーター「Aterm MR05LN」をチェック

格安SIMで使えば確実にコストダウン! SIMフリーのモバイルルーターが便利 3番目の画像
 格安SIMと組み合わせることで、割安に利用できるSIMフリーのモバイルルーター。その代表的製品といえるNECの「Aterm MR05LN」を見ていこう。

 Aterm MR05LNは、家電量販店のほか、格安SIMを取り扱うMVNOからも販売されている。一例を挙げると、楽天モバイルでは一括で2万1,900円(税抜)、分割では毎月985円(×23回)で購入できる。

2枚のSIMカードが使える「デュアルSIM」仕様

格安SIMで使えば確実にコストダウン! SIMフリーのモバイルルーターが便利 4番目の画像
 最大の特徴は、2枚のSIMカードを装着できる「デュアルSIM」仕様である点。ルーターを利用するシーンに合わせて、2枚のSIMを切り替えて使うことができる。

 例えば、プライベートでは個人名義のSIM、勤務時間帯には会社名後のSIMに切り替えるといった使い方や、海外にでかける機会が多い場合は、海外用のSIMと国内用のSIMを同時に装着しておき、利用場所に応じて使い分けるといったことが簡単に行える。

APN設定が簡単に行える

格安SIMで使えば確実にコストダウン! SIMフリーのモバイルルーターが便利 5番目の画像
 格安SIMを利用する場合、回線の接続先を指定する「APN(アクセスポイントネーム)」を登録しなければならないが、その設定が簡単なのもポイント。契約している事業者を選ぶだけで設定できるので、格安SIM初心者でも無理なく設定できる。

 また、本体のタッチパネルは文字入力にも対応しているので、手動でAPN設定を行うこともできる。

 本体はスーツのポケットに無理なく収まる幅63mm、薄さ11mmのスリムな設計。本体のみの重さは約115gと軽量で、携帯性にも優れている。バッテリー容量は2,500mAhで、省電力で長時間通信できる「Bluetoothテザリング」で利用すれば、最大約30時間使える。

 スマホだけでなく、ノートPCやタブレットなどでもネットをフル活用したければ、格安SIMで割安に運用できるSIMフリールーターを検討してみてはどうだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する