1. 【昼からとことん飲み明かせる!】ワイワイ飲むならここで決まり:都内おすすめ花見スポット5選

【昼からとことん飲み明かせる!】ワイワイ飲むならここで決まり:都内おすすめ花見スポット5選

【昼からとことん飲み明かせる!】ワイワイ飲むならここで決まり:都内おすすめ花見スポット5選 1番目の画像
 3月に入り、花見しながらお酒を飲むことに思いを馳せているのは私だけではないはず。2017年の開花予想(3月1日現在)では、東京で桜が満開になるのは3月31日(金)とのこと。

 今回は、飲兵衛な読者にオススメしたい都内でお酒を飲みながら花見できるスポットを5つ紹介したい。

隅田公園

【昼からとことん飲み明かせる!】ワイワイ飲むならここで決まり:都内おすすめ花見スポット5選 2番目の画像
 個人的ナンバーワンの花見スポットは、隅田公園。東武スカイツリーライン・東京メトロ銀座線の浅草駅から徒歩約5分、隅田川沿いの公園だ。広大な芝生広場などはないが、スカイツリーと桜並木のコラボレーションを見ることができる。

 浅草駅付近にはコンビニやスーパーもあるので、お酒やつまみの仕入れもしやすい。
【昼からとことん飲み明かせる!】ワイワイ飲むならここで決まり:都内おすすめ花見スポット5選 3番目の画像
2016年4月3日、隅田公園にて筆者撮影。帰り際に雨が降ってきたが、ビール片手にスカイツリーと桜を拝めて満足。
 夜になると提灯が桜を照らし、期間限定で桜色にライトアップされたスカイツリーが。大きなグループでの宴会には不向きだが、デートや15人程度の飲み会、気の知れた友人グループと飲み交わすには申し分ない広さがある。

 景色の美しさの他にも、隅田公園付近にたくさんある居酒屋の存在も欠かせない。「ホッピー通り」や「初音小路飲食店街」など、浅草のディープな居酒屋で二次会を楽しもう。

上野恩賜公園

【昼からとことん飲み明かせる!】ワイワイ飲むならここで決まり:都内おすすめ花見スポット5選 4番目の画像
 王道だが、飲兵衛の花見には上野恩賜公園は外せない。桜のトンネルのような並木道の様子は、テレビなどで見たことがある読者も多いだろう。

 賑やかに大人数で飲むのも、少人数グループで花見酒するのも楽しいのが上野恩賜公園。公園付近の屋台で焼きそばやモツ煮などのお酒のつまみを購入することもできる。

 隅田公園同様、上野恩賜公園の周辺にもディープな居酒屋が揃っている。小洒落た店よりも、とにかく楽しく酔える店がいい! という飲兵衛が好きそう(というより飲兵衛の私好み(笑))な店が多い。

 缶ビール片手に桜並木を散歩した後に、居酒屋でワイワイ過ごす……そんな花見の仕方もオススメだ。

飛鳥山公園

【昼からとことん飲み明かせる!】ワイワイ飲むならここで決まり:都内おすすめ花見スポット5選 5番目の画像
 知る人ぞ知る花見スポットが飛鳥山公園。北区にある飛鳥山公園は、JR京浜東北線・東京メトロ南北線の王子駅を出てすぐのところにある。

 江戸時代から桜の名所として、愛されて来た飛鳥山公園。少し階段を登らなければならないが、公園の下に東武ストアやマクドナルド、松屋などがある。つまみやお酒の調達がしやすい。

 比較的静かな場所で、日没から21時まで、ぼんぼりに灯りがついているため夜桜を楽しむこともできる。

 2017年は4月1日・2日10:00〜16:00に「北区さくら SAKASOまつり」が開催予定。おでんやモツ煮、鉄板焼きなどの屋台が出店されるので、飲兵衛のつまみ調達にはもってこいだ。

代々木公園

【昼からとことん飲み明かせる!】ワイワイ飲むならここで決まり:都内おすすめ花見スポット5選 6番目の画像
by angelicalbite
 花見シーズンでなくとも、芝生の上でピクニックを楽しむ人がたくさんいる代々木公園。春になると約700本もの桜が園内のいたるところに咲き誇るため、花見シーズンも大人気のスポット。

 代々木公園は、大人数でスポーツなどをやりながら宴会をしたい人にオススメしたい。公園の面積が広いので、30人程度の規模であれば休日でも9時前に場所取りすれば間に合うだろう。

 表参道でフォトジェニックがグルメを買い込んで、レジャーシートの上に広げればインスタ映えすること間違いなし。ただ、トイレに30分待ち……というケースもあるので、お酒を飲むと頻繁にトイレに行きたくなる読者には不向きかもしれない。

砧(きぬた)公園

【昼からとことん飲み明かせる!】ワイワイ飲むならここで決まり:都内おすすめ花見スポット5選 7番目の画像
出典:kinutakoen.com
 駅から離れているが、気の知れた仲間で外でゆったり飲むとしたら砧公園がオススメだ。東急田園都市線・用賀駅から徒歩20分、または東急バスの利用で公園へ行くことができる。

 約840本の桜と、青々とした芝生のコントラストを楽しめる砧公園。公園の近くにはスーパーなどの買い出しスポットは少ないが、花見シーズンには「カクヤス 用賀店」が公園の北門までお酒を配達してくれるので、お酒類の心配は不要だ。

 楽天デリバリーなどの出前サービスを使えば、ピザや寿司、ケータリングを公園まで持ってきてもらうこともできる。出前などを頼んで、いつもとは一味違うリッチな花見をしてみよう。

番外編:花見に持って行った方がいいもの7選

 紹介した5つの花見スポットは混雑が予想される場所から、比較的に場所取りしやすい場所まで様々。しかし、花見に持って行った方がいいものは、どの場所にも共通している。

花見に持って行くべきアイテム7つ

  • レジャーシート
    大人数での宴会では使い捨てできるブルーシートが良い
  • ダンボール
    長時間地面に座るのが楽になる。箱状に戻せばゴミ箱にもなる
  • 膝掛け・防寒具
    空気が冷え込んだときのための寒さ対策
  • お湯
    花見中は暖かい飲み物が欲しくなったときに役立つ
  • ウェットティッシュ
    準備・片付けで手足が汚れたときに使用。オススメは大容量タイプ
  • 水に流せるティッシュ
    トイレでペーパーが切れているときに便利
  • 靴下
    こぼしたお酒などで靴下が汚れたときの替え

 以上、都内の花見スポットを紹介した。「花より団子」ならぬ「花より酒」という読者は、花見を理由に堂々と外で宴会をしてみてはいかがだろうか。

 開放的な場所で飲むと、思わず飲みすぎてしまうものだ。飲み過ぎには注意して、桜の美しさとアルコールでほろ酔い気分を味わってほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する