1. またクレジットカードで無駄遣い? 現金感覚で利用できる「デビットカード」のメリット・デメリット

またクレジットカードで無駄遣い? 現金感覚で利用できる「デビットカード」のメリット・デメリット

またクレジットカードで無駄遣い? 現金感覚で利用できる「デビットカード」のメリット・デメリット 1番目の画像
 ここ最近、「現金感覚で使える」ということを売りにしたデビットカードの宣伝が増えている。発行枚数や種類はクレジットカードに遠く及ばないが、支払い方法の新たな形として徐々に浸透してきているのも確か。

 本記事では存在感を増しつつあるデビットカードについて、そのメリットとデメリット、どのような種類があるのか紹介をしたい。

デビットカードを利用するメリット3つ

またクレジットカードで無駄遣い? 現金感覚で利用できる「デビットカード」のメリット・デメリット 2番目の画像
 現金不要で買い物ができるのは勿論、デビットカードには独自のメリットもある。

①高校生でも作ることができる

 クレジットカードの場合、つくることができるのは18歳以上で、その上審査に通らなければならない。大学生やフリーターでもつくることができるクレジットカードは数多くある。しかし、高校生はつくることができないのが現状だ。

 一方、デビットカードなら15歳以上(中学生を除く)から申し込みができる。高校生、クレジットカードの審査に落ちてしまったという人でもつくれる可能性が高い(銀行に口座をつくることができればよい)カードなのだ。

②残高以上に使えない

 デメリットと考える人もいるかもしれないが、残高以上に使うことができないということは、出費の抑制につながる。クレジットカードは残高以上の買い物ができてしまうため、気が大きくなってしまいがちだ。

 しかし、デビットカードなら口座にある分しか使うことはできないため、自然と出費を抑えることができる。毎月明細書の額に戦々恐々としている人は、切り替えてみるのもよいかもしれない。

③即時引き落とし

 使った分のお金が即時に引き落とされるのは、デビットカード最大のメリットではないだろうか。一ヶ月分の使用額を翌月(※カードによっては翌々月初頭など)に支払うことに抵抗のある人は多く、そういう人は日頃クレジットカードよりも現金を使う傾向にある。

 即時引き落としのデビットカードなら日々の支出が分かりやすく、家計簿もつけやすい。お金の管理をする上では非常に有効なアイテムになる。

デビットカードを利用するデメリット3つ

またクレジットカードで無駄遣い? 現金感覚で利用できる「デビットカード」のメリット・デメリット 3番目の画像
 上述の様に独自のメリットもあるデビットカードだが、筆者の意見としては、デメリットの方が目立つ印象を受ける。

①ポイント獲得量が少ない

 クレジットカードにもポイントを貯めにくいものはあるが、ほとんどの場合、デビットカードはポイント獲得量が少ない。年会費がかかるものの場合、それを取り戻すだけの獲得は難しいだろう。

②補償に上限がある

 クレジットカードと同様、デビットカードにも不正利用されてしまった際の補償がある。しかし、カードによっては補償金額が「100万円に設定」されていることがあるのだ。

 クレジットカードと異なり、デビットカードには補償上限が存在する。銀行の預金残高が100万円以上の人は、デビットカードをつくるリスクが高いかもしれない。

③選択肢が少ない

 クレジットカードの場合、各種店舗と提携するなど、非常に多種多様なカードが存在する。様々な特徴があるカードの中から、自分に合ったものを選ぶことができる。

 一方デビットカードの場合は各種カードにあまり違いはなく、どの銀行を選ぶか、という程度である。目立った特徴が無い分、どのカードもいまいちメリットが無いのが現状だ。

デビットカードの種類

 デビットカードには大きく分けると、J-Debit、VISAデビット、JCBデビットの3種類がある。以下、代表的なカードを紹介しよう。

J-Debit

またクレジットカードで無駄遣い? 現金感覚で利用できる「デビットカード」のメリット・デメリット 4番目の画像
出典:jdebit.jp
 金融機関のキャッシュカードをそのままデビットカードとして使用できるサービスが「J-Debit」だ。

 独自のポイントがつかないなどのデメリットはあるが、「新たにカードをつくるのが面倒」という人にとっては、最有力の選択肢になるだろう。

VISAデビット

またクレジットカードで無駄遣い? 現金感覚で利用できる「デビットカード」のメリット・デメリット 5番目の画像
 三菱東京UFJなどのメガバンク、住信SBIなどのネット銀行で申し込めるのが「VISAデビット」だ。国際ブランドを冠するこのカードは、使用可能な店舗数の多さで際立っている。(VISAデビットが申し込み可能な銀行一覧

JCBデビット

またクレジットカードで無駄遣い? 現金感覚で利用できる「デビットカード」のメリット・デメリット 6番目の画像
 みずほ銀行やセブン銀行などで申し込めるのが「JCBデビット」だ。VISAに比べて海外の利用可能店舗数は少ないが、日本では十分に活躍が期待できる。(JCBデビットが申し込み可能な銀行一覧

おすすめは「楽天銀行デビットカード(JCB)」

 現在発行されているデビットカードの中で最もおすすめできるのは「楽天銀行デビットカード(JCB)」だ。年会費無料で、しかも100円の利用につき1ポイントと、ポイント獲得もクレジットカードと遜色ない。


 筆者は基本的にはデビットカードよりもクレジットカードをおすすめしたい。しかし、ついお金を使い過ぎてしまうという自覚のある人後払いは収支が把握しにくいから嫌だという人は、現金の代わりとしてデビットカードを使うのもよいかもしれない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する