1. 【超初心者向け】株・投資信託をやらなくてもお金は増やせる! 気軽にできる資産運用3つ

【超初心者向け】株・投資信託をやらなくてもお金は増やせる! 気軽にできる資産運用3つ

by Dick Thomas Johnson
 お金を増やすのに最も堅実な手段は会社で働くことだろう。そして、次に思い浮かぶのは株や投資信託などへの投資ではないだろうか。2014年1月にはNISA(少額投資非課税制度)も始まり、資産運用にチャレンジするには丁度良い時代である。

 巷には初心者向けに投資や株取引の説明をする記事が溢れているが、どこかに苦手意識があってなかなか踏み出せない、という読者もいるのでは。

 そこで、本記事では投資よりも気軽にできるお金の増やし方を3つピックアップした。投資には大なり小なりリスクが付き物。ある程度は割り切るしかないが、以下の方法なら比較的安全な資産運用が可能だ。

①クレジットカードを作ってミニマルな財布に

by TAKA@P.P.R.S
 日本は現金文化が根強いが、お金を増やそうと思うなら、日々の支払いにはクレジットカードを使ったほうが良い。日本には多種多様なクレジットカードが発行されており、生活スタイルに合わせて使えば、得られる恩恵は少なくない。

ポイントが貯まる

 クレジットカードの最大のメリットはやはりポイントが貯まること。カード払いをすればポイント還元率の分だけお得になり、会員優待で割引ができるものもある。

 近年は即引き落としのデビットカードも増えているが、ポイント還元率があまり高くなかったり、付帯保険が充実していなかったりするものが多いので、後払いの仕組みには慣れてしまったほうが良い。

多額の現金を持ち歩く必要が無い

by yto
 財布を落とした際の被害を予防するためには、なるべく現金を入れないことだ。

 クレジットカードなら盗難保険が備わっているため、たとえ悪用されたとしても被害額は0円。せいぜいカードの再発行手数料がかかるくらいである。

 また、ATMでお金を下ろす必要もなくなるため、時間外で手数料を取られる心配をすることもない。クレジットカードを持っていれば急な出費にも慌てることもなくなるのだ。

ネット通販で手数料がかからない

 ネット通販には代引きや銀行振り込みなど様々な支払方法があるが、クレジットカードであれば手数料が無料のケースが多い。クレジットカードで払えば無駄な出費をせずに済むし、そもそもクレジットカード払いしかできないケースもある。

②家計簿アプリでお金の支出管理

出典:moneyforward.com
 どちらかといえば節約の側面が強いが、(結果として)お金を増やすためには、家計簿をつけて支出の全体像を把握する必要がある。節約すべきところに目処がつけば、給料から天引きして貯金に回すことも可能になる。

 家計簿はつけたいが支出内容を一つ一つ書き込むのは面倒、という人におすすめなのが家計簿アプリ。「Zaim」や「マネーフォワード」などが家計簿アプリでは有名だ。

 レシートを撮影してデータ化するのが基本機能で、銀行、クレジットカード、電子マネーと連携させることもできる。また、自動でグラフ化されるので、お金の流れを容易に把握できる。

③ネット銀行に貯蓄口座を開設する

by hm7hm7
 給与受け取りなどで、3大メガバンクやゆうちょ銀行に口座を持っている人は多いと思う。これらの銀行における普通預金金利は、0.001%

 預けていてもほとんどお金は増えない。物価が上昇することを鑑みれば資産は目減りする一方だ。

ネット銀行が高金利のケースも! 株の売買を考えている人は証券口座を

 そこでおすすめするのが、貯蓄口座をネット銀行に変えることである。ネット銀行の方がメガバンクよりも金利が高いケースが多く、グループ証券会社と連携することで金利が上がるところもある。

 将来的に株の売買も考えている、という人は証券会社に口座をつくるのもおすすめだ。証券口座に入金すれば、多くの場合自動的にMRF(マネー・リザーブ・ファンド)に投資され、普通預金と同じ様な感覚で分配金を得ることができる。

 MRFは非常に安全性の高い投資信託でありながら、銀行の普通預金よりも金利が高い。資産運用の勉強をするためにもおすすめの方法だ。


 以上、お金を増やす方法を3つピックアップした。全体としていえることは、お金を増やすためにはお金について詳しくなければならない、ということだ。資産運用は、投資家や経営者だけがやるものでは決してないのである。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する