1. 「情報の無料化」で新作絵本の売り上げは25万部を突破:西野亮廣の完全無料絵本

「情報の無料化」で新作絵本の売り上げは25万部を突破:西野亮廣の完全無料絵本

「情報の無料化」で新作絵本の売り上げは25万部を突破:西野亮廣の完全無料絵本 1番目の画像
出典:note.mu
 2017年2月3日、西野亮廣氏は2作目の絵本『Zip&Candy〜ロボットたちのクリスマス〜』を自身のLINE BLOG(以下、ブログ)上に無料公開した。

 先日、最新作『えんとつ町のプペル』を無料公開したことで、議論が巻き起こったのは記憶に新しい。

 本記事では、今回の『Zip&Candy〜ロボットたちのクリスマス〜』無料公開の概要と議論を呼んだ『えんとつ町のプペル』無料公開の経緯を振り返ってみようと思う。

今回の無料公開はJASRACの著作権問題から発展

 2017年2月2日、日本音楽著作権協会(以下、JASRAC)は指導者・生徒関わらず、音楽教室での演奏に関して、著作権料を徴収する方針を示した。

 これに対し、ヤマハ音楽振興会や河合楽器製作所などは「音楽教育を守る会」を発足させ、対立する姿勢を示している。

 一連の流れを受け、西野氏は自身のTwitterで以下のようなツイートをし、2月5日にはJASRACの動きについてブログ上で反応している。

全ページを無料公開

「情報の無料化」で新作絵本の売り上げは25万部を突破:西野亮廣の完全無料絵本 3番目の画像
出典:www.gentosha.co.jp
 西野氏はJASRACの著作権料徴収に逆行するかのごとく、自身の絵本『Zip&Candy〜ロボットたちのクリスマス〜』をブログ上で無料公開した。

 今回の『Zip&Candy〜ロボットたちのクリスマス〜』で、西野氏のネット上での絵本の無料公開は2作目となる。

 『Zip&Candy〜ロボットたちのクリスマス〜』の内容は、新型ロボットと性能的に記憶に限界のある旧型ロボットの恋愛物語で、感動の物語となっている。

きっかけは「小学生の一言」

「情報の無料化」で新作絵本の売り上げは25万部を突破:西野亮廣の完全無料絵本 5番目の画像
出典: Amazon.co.jp
 今回、2作目の絵本の無料公開に至ったが、初の無料公開作品『えんとつ町のプペル』はどのような流れで無料公開になったのか。西野氏のブログでの発言と共に振り返ってみよう。

 『えんとつ町のプペル』が無料になったのは2017年1月19日である。その日のブログで西野氏は「お金の奴隷解放宣言。」というタイトルで絵本の無料公開についての経緯を綴っている。

 ブログの中で西野氏は、きっかけとなった小学生の一言を紹介している。また、お金と絵本についての持論を述べるとともに、絵本の無料公開に対する背景を綴っている。

テレビやネット、雑誌や新聞等で、取り上げていただくようになり、連日、『えんとつ町のプペル』に関する色々な声が僕のもとに届きます。

その中で一通、とても気になった声がありました。

それは、「2000円は高い。自分で買えない」という意見。
小学生からでした。

『えんとつ町のプペル』は2000円です。
色を綺麗に出す為に特殊なインクを使っていて、使用するインクの数も一般的な作品より多く、そしてページ数も多いので、2000円という値段設定はギリギリまで頑張ったのですが、それでも2000円。
たしかに、小学生からしてみると大金で、自分の意思で買うことは難しいです。
実は、ここ数日、このことがずっと気にかかっていました。
《自分は『えんとつ町のプペル』を子供にも届けたいのに、たった「お金」という理由で、受けとりたくても受けとれない子がいる。》

出典:キングコング 西野 公式ブログ - お金の奴隷解放宣言。 - Powered by LINE

「立ち読み」をWEB上で

 きっかけは前述の通りだが、無料公開の意図は何なのか?

 大きな意図の一つは、『えんとつ町のプペル』を無料公開した日のブログのタイトルのように「お金の奴隷解放宣言」である。この意図はブログ全体で細かく表現されているため、ぜひブログを読んでいただきたい。
 
 他にも意図はあり、西野氏は『えんとつ町のプペル』無料公開の三日後のブログで綴っている。西野氏は「本屋での立ち読みをWEB上で行う」ことも意図であったことを明かし、その上でお金を出して買いたいという人に買ってもらうという方針をとった。

何度も申し上げますが、絵本『えんとつ町のプペル』は今日も2000円で売られているのです。
子供が『えんとつ町のプペル』を買おうと思ったら、頑張ってお小遣いを貯めなきゃ買えないんです。
(中略)

事情があって買えない人でも『えんとつ町のプペル』が読めるように"Web上のみ"無料したわけです。

つまり、本屋さんの立ち読みをWeb上でできるようにしたわけです。

その上で、
「お金を出して買いたい人は、本屋さんで本を買って、無料で読みたい人はWeb上で無料で読んでね」
と、「お金を払う・払わない」の選択権をお客さんに委ねたわけです。

出典:キングコング 西野 公式ブログ - 絵本とフリーミアムの相性 - Powered by ...
 また、西野氏は子どもを持つファンの意見を参考に、絵本業界に対する持論も述べており、そこにも絵本の無料公開の意図が現れている。

僕は今、36歳なのですが、デビュー当時から応援してくれているファンの方が、子を持つ親になっているんですね。
(中略)
そこで、お母さんになった子達の悩みを聞くと、お母さんはとにかく頑張っていて、朝から晩まで本当に忙しくて、自由に使えるお金も、自由に使える時間も、本当に無いんです。

絵本は安くありません。
なので、『絵本を買う』となると、絶対にハズすわけにはいかないので、まずは本屋さんで(若干、店主の目を気にしながら)最後まで立ち読みすることが少なくありません。

ただ、当たりの本に出会うまで、何冊も何冊も、何日も何日も本屋さんに通う時間もありません。

これが、結果的にどうなるかというと、「子供の頃に読んだ絵本を買う」という決断に至ります。
絵本業界は、もう何十年もそのループを繰り返しています。
おかげで今でも本屋さんの絵本コーナーでは、もう何十年も昔に出版された作品(『ぐりとぐら』や『はらぺこあおむし』)が今でも平気で平積みされています。
昔の作品が素晴らしいのはもちろんですが、仕組み上、新陳代謝が起こりにくいのです。
仕組み上、若手の絵本作家さんが、なかなか入っていきにくいのです。
クリエイターが食いっぱくれ続けているのです。

これを突破するには、Web上で無料公開し、時間の余裕のないお母さんに"自宅で立ち読み"してもらい、まずは「買うか・買わないか?」のステージまでもっていかないといけません。

出典:キングコング 西野 公式ブログ - 絵本とフリーミアムの相性 - Powered by ...

Amazon、楽天ブックスの書籍ランキングで1位獲得

「情報の無料化」で新作絵本の売り上げは25万部を突破:西野亮廣の完全無料絵本 7番目の画像
出典:sezonartgallery.com
 『えんとつ町のプペル』の無料公開を行った翌日には、Amazon、楽天ブックスの書籍ランキングで1位を獲得した。その後も、重版が決定し、売り上げは25万部を突破している。

 2017年2月5日現在もAmazon絵本ランキングでは1位をキープしている。結果的に、西野氏が行った無料公開は「WEB上での立ち読み」として活用され、販売促進につながっている。

 ここからは筆者の持論であるが、西野氏の絵本の無料公開については賛成である。

 西野氏はブログで「クリエイターには最初の段階で給料を支払い、本が売れた分は臨時ボーナスとしてお金を支払っている」とお金の流れについての説明をした。

 世間の人々に「お金の話」をする芸能人は少ない。西野氏が行った「無料公開」はきれいごとだけで収められない物事である。あえてきれいごとにするためにお金の話をしている西野氏のビジネスとお金の関係への「筋」が見える。

そして、『お金』の整備もキチンとせねばなりません。

今回、『えんとつ町のプペル』の参加クリエイターさんには、一番最初の段階でギャランティーをお支払いたしました。
生活を賭けてしまうような、一か八かのリスクを背負うのは僕と出版社だけでいいと思ったので、たとえ1冊も売れなくても、クリエイターさん達には『お給料』が入るようにしました。

クリエイターさん達の生活を守る為には『印税』よりも『給食』の方がいいだろう、という判断だったのですが、ただ、「絵本が売れなくても一定のお給料が入るけど、絵本が売れてもお給料が一定というのも、どうなんだ?」ということを、『えんとつ町のプペル』がヒットしてから思うようになり、(事務所経由で僕に入ってくる印税を切り崩すことになるので)事務所と掛け合って、今回、本当に僅かではありますが、『臨時ボーナス』という形で、全クリエイターさんのお給料に上乗せさせていただくこととなりました。

出典:キングコング 西野 公式ブログ - 分業制と給料のこと - Powered by LINE
 また、TwitterやLINEなど無料のコンテンツがあふれている中で、世界的に「情報の無料化」が進むだろうと西野氏は考えている。

遅かれ早かれ、すべての情報は無料化されていく。
人は体験にお金を払い、そしてグッズ(物質)にお金を払うようになる。
(中略)
クリエイターさんは、「情報を無料にするな!」と叫ぶことに時間を割くのではなく、その時間を使って、情報が無料化される時代を読んで、高品質の作品を作り出すべきだと僕は思う。
自分の作品作りに時間を使うことが、自分や家族やスタッフを守ってくれる最善の策だと思う。
情報が無料化されればされるほど、作品の強度はこれまで以上に求められる。

出典:キングコング 西野 公式ブログ - 声優・明坂聡美の危うさ。 - Powered by ...
 最新作『えんとつ町のプペル』を無料公開するにあたって、西野氏は無料のもの有料のものに線を引いた。具体的に言うと「無料のデータとしての絵本」と「有料の物質としての絵本」を区別したということである。

 無料のデータとしての絵本を無料公開した分、絵本の立ち読みができるようになり、信頼したものを買えるようになった。さらに、有料の物質としての絵本の価値が上がったという相乗効果もある。

 西野氏は情報が無料化されいくであろう将来の流れを読んで、先立って「データとしての絵本」を無料公開した。未来を見据え、時代の流れに負けないシステムを作ろうとしている。未来を見据える力は凄まじいものがあり、先駆的な取り組みをするスピードは「ビジネスマン」として2歩も3歩も素早い

ここを絶対に押さえておかないといけないのだけれど、『えんとつ町のプペル』は″情報は無料だけれど、物質は有料"という点。

今回、僕がやったのは、「お金を払って読みたい人は有料の本を買って、無料で読みたい人は無料のインターネットで読めるモノにする」というアプローチ。
(中略)
今回、絵本の情報を無料公開したことによって、Amazonや楽天の書籍総合ランキングが1位になり、本屋さんでもたくさん買っていただいたそうだ。
「無料で読んでみたら、手元に置いておきたくなった」と言って買ってくれた人もいたし、
「無料で見せてくれて、ありがとう」というお礼で買ってくれた人もいた。
これが全てだよ。

出典:キングコング 西野 公式ブログ - 声優・明坂聡美の危うさ。 - Powered by ...


 賛否両論の多かった、西野氏の絵本の無料公開。西野氏は今後も自信の作品の無料公開を進めていくらしく、オンライン上で全作品が無料で読める図書館を作ろうと計画している。

 筆者は西野氏のしがらみをなくした動きとずば抜けた行動力、「未来」についての価値観に惹かれ、西野氏の独演会などイベントに顔を出している。ファンとして好感を持っているとはいえ、実際に西野氏の革新的な動きは多くの実業家も一目置き、注目するほどのものである

 西野氏はビジネスマン、芸人、絵本作家など様々な顔を持っている。すべての活動が注目され、『Discovery Japan 2月号』では空海に次ぎ、Discovery Japan史上2人目の人物特集が組まれた。今後も芸人、ビジネスマン、絵本作家など西野氏の多面的かつ革新的な動きに目が離せない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する