1. ホテルや入浴施設の併設は当たり前に? 進化し続ける、2大アウトレットモールに迫る

ホテルや入浴施設の併設は当たり前に? 進化し続ける、2大アウトレットモールに迫る

出典:www.photo-ac.com
 ブランド品を安く手に入れることができるアウトレット。様々なブランドが出店して、一大商業施設となっているのが「アウトレットモール」である。

 セールや初売りの福袋を目当てにアウトレットに足を運んだことがある人も少なくないのではないだろうか。今後、アウトレットモールはますます大規模になっていく。本記事では、今後見込まれているアウトレットの大規模化に迫る。

現在は「2強」の状態

 以下は、日本ショッピングセンター協会(以下、JCSC)が定義する「アウトレットモール」である。

メーカーが季節外商品や旧商品、難あり商品やデッドストックなどの処分を目的として運営している直営店(アウトレット)で構成されるディスカウント型ショッピングセンター。

出典:アウトレットモール一覧 | 一般社団法人 日本ショッピングセンター協会
 この定義に基づくと、全国には38ものアウトレットモールがあり、特に関東圏や御殿場などの関東から行ける範囲にも出店している。その38店舗のうち22店舗を、三井不動産が運営する「三井アウトレットパーク」、三菱地所・サイモン株式会社が運営する「プレミアム・アウトレット」の2つが占めている。

 つまり、現在のアウトレットモールは、三井と三菱・サイモンの2強状態にあるということである。

プレミアム・アウトレット一覧

  • りんくうプレミアム・アウトレット(大阪府):約210店舗
  • 神戸三田プレミアム・アウトレット(兵庫県):約210店舗
  • 御殿場プレミアム・アウトレット(静岡県):約210店舗
  • 佐野プレミアム・アウトレット(栃木県):約170店舗
  • あみプレミアム・アウトレット(茨城県):約150店舗
  • 酒々井プレミアム・アウトレット(千葉県):約180店舗
  • 仙台泉プレミアム・アウトレット(宮城県):約80店舗
  • 土岐プレミアム・アウトレット(岐阜県):約180店舗
  • 鳥栖プレミアム・アウトレット(佐賀県):約150店舗

三井アウトレットパーク一覧

  • 三井アウトレットパーク 大阪鶴見(大阪府):約70店舗
  • 三井アウトレットパーク マリンピア神戸(兵庫県):約140店舗
  • 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島(三重県):約280店舗
  • 三井アウトレットパーク 滋賀竜王(滋賀県):約230店舗
  • 三井アウトレットパーク 倉敷(岡山県):約120店舗
  • 三井アウトレットパーク 多摩南大沢(東京都):約110店舗
  • 三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド(神奈川県):約80店舗
  • 三井アウトレットパーク 入間(埼玉県):約210店舗
  • 三井アウトレットパーク 木更津(千葉県):約250店舗
  • 三井アウトレットパーク 幕張(千葉県):約140店舗
  • 三井アウトレットパーク 北陸小矢部(富山県):約170店舗
  • 三井アウトレットパーク 仙台港(宮城県):約120店舗
  • 三井アウトレットパーク 札幌北広島(北海道):約170店舗

最大の違いは規模と出店店舗

 三井アウトレットパークは13店舗あるが、プレミアム・アウトレットは9店舗と数は負けている。しかし、プレミアムアウトレットのうちの8店舗はそれぞれ150以上のストアを有している。

 また、三井アウトレットパークにあり、プレミアムアウトレットにないストアもあり、その逆もある。そのため、自分の目当てのブランドがあれば、どちらか選択することが必要となってくる。

プレミアム・アウトレットにしか出店していないブランド

  • PRADA(プラダ)
  • Saint Laurent(サンローラン)

三井アウトレットパークにしか出店していないブランド

  • aniary(アニアリ)
  • FRED PERRY(フレッドペリー)

ショップの数が2倍になるモールも存在

出典: www.city.yokohama.lg.jp
 昨年の暮れから今年の年始にかけて、あるアウトレットのショップで働いていた知人に話を聞くと、インバウンドの影響とローカルの消費も相まって1月1日だけで5,000万円以上の売り上げを出したという。

 やはり、ブランドの商品が定価以下で買えるのは消費者側からすると嬉しい限りである。そんなアウトレットモールは大規模化していく見込みの店舗が多い。大規模化が見込まれている店舗を紹介していく。

日本一の店舗数を誇るモールへ:三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島

出典:www.mitsuifudosan.co.jp
 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島は、2017年の春と秋に分けて店舗の入れ替えを含む大規模リニューアルを行い、店舗数を約40店舗増加、店舗面積を約6,200㎡拡大し、日本一の店舗数を誇るアウトレットモールとなる予定だ。

 また、大規模リニューアルの目的としてインターナショナルな高級ブランドの誘致も進められる予定で、プレミアム・アウトレットにしか入っていなかったブランドが出店する可能性もある。

 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島は、遊園地のナガシマスパーランドや温泉施設、ホテルなどのナガシマリゾートの一角に位置しており、アウトレットモールを含め一大リゾートとなっている。

 リニューアルを伴う拡大により、一大リゾートのブランドに拍車がかかり、さらなる来場客の増加が見込める。

三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島の拡大

  • 店舗面積約46,000㎡、店舗数約280店舗の拡大
  • インターナショナルな高級ブランドの誘致

ホテル・温泉施設・約100店舗増設:御殿場プレミアム・アウトレット

出典:www.odakyu.jp
 現在、日本最大のアウトレットと呼び声の高いのが御殿場プレミアム・アウトレットである。都内から車で約70分、バスタ新宿から直通バスで約1時間30分と「都内からアクセスが良く、規模が大きい」ということが何よりの強みである。

 2016年9月、御殿場プレミアム・アウトレットのエリア内に、宿泊施設の「小田急御殿場ホテル」と日帰り温泉施設の「小田急御殿場温泉」を2019年の冬に開業することが決まった。
 
 2020年の春には、店舗面積約1万6,000㎡の拡大に伴い、約100店舗が新たに加わる見込みだ。

 御殿場プレミアム・アウトレットには、現在すでに200店舗以上のショップがあるため、2020年には約300店舗にまで拡大する見込みだ。

 ホテルは、地下1階から地上8階までの9階建ての建物で、客室は約180室という一大宿泊施設になる予定だ。温泉は富士山を目の前に見ることができる露天風呂や約20室程の貸切個室露天風呂も含まれる予定である。都内からのアクセスも良い御殿場プレミアム・アウトレットの拡大に期待せずにいられない。

御殿場プレミアム・アウトレットの拡大

  • 店舗面積が約60,000㎡、店舗数は約300店舗
  • 約180室の9階建て宿泊施設の建設
  • 貸切個室露天風呂もある日帰り温泉施設の建設

10店舗目のプレミアム・アウトレットがオープン

出典:www.city.fukaya.saitama.jp
 2018年ごろに、埼玉県深谷市に国内10店舗目となるプレミアム・アウトレットが開業されることが決定した。

 深谷市のアウトレットは「花園IC拠点整備プロジェクト」の目玉となっている。このプロジェクトは花園インターチェンジの近接地に新たな観光施設を創出し、観光客を呼び込もうとするプロジェクトであり、イオンモール株式会社との競合で三菱地所・サイモン株式会社が優先協議権を得た。

 事業規模は国内最大級であり、現在の御殿場プレミアム・アウトレットと同規模になることが見込まれている。また、プロジェクトは20年間で約130億円以上の黒字が見込まれており、今後どのような発展を遂げていくのかに期待がかかる。

深谷市のプレミアム・アウトレットの拡大

  • 国内10店舗目となるプレミアム・アウトレット
  • 花園インターチェンジと近くアクセスが良好
  • 事業規模は現在の御殿場プレミアム・アウトレットと同規模

現在の約2倍のモールへ:三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド

出典:www.city.yokohama.lg.jp
 横浜市は現在の三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドがある横浜市金沢区の横浜ベイサイドマリーナ地区の平成30年度4月以降の事業予定者を募っていたが、2017年1月20日に三井不動産が事業を行うことが決定した。

 それに伴い、横浜市金沢区にある横浜ベイサイドは2023年に約2倍弱の拡大する見込みだ。

 その決定に伴い、現在2階建ての横浜ベイサイドは3階建てになり、店舗面積は約19,000㎡から約26,000
に、店舗数も現在の80店舗から約2倍の約150店舗へと拡大の見込みだ。

 横浜市内という立地で都内からもアクセスが良い横浜ベイサイドだが、店舗面積、店舗数ともに小さかったのが弱点であった。その弱点が解消されるという今回の規模拡大は、都内をはじめとする県外やインバウンドの来場客の増加が大いに見込める。

三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドの拡大まとめ

  • 店舗面積が約1.5倍、店舗数も約2倍に拡大
  • 現在の2階建てから、3階建てへ
  • 海と緑が融合した施設設計
 現在大人気のアウトレット。今後はさらに、新たなアウトレットや既存のモールの規模拡大が見込まれ、より魅力的な商業施設やリゾートエリアになっていくことが期待される。今後のアウトレットモールの拡大に目が離せない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する