1. 特典・優待に特徴あり! サブで持っておきたいクレジットカード3選

特典・優待に特徴あり! サブで持っておきたいクレジットカード3選

特典・優待に特徴あり! サブで持っておきたいクレジットカード3選 1番目の画像
 クレジットカードをつくる際、ほとんどの人は「どれだけポイントを獲得できるか」に焦点をおいているだろう。多くのポイントを獲得できればそのポイントで商品を買ったり、マイルであれば航空券と交換できたりする。

 加えて、クレジットカードの中には特定の店舗で割引が効くものもあり、半永久的に使えるクーポンも多い。店舗が近くにあったり、頻繁に利用する店があれば、作成を検討するのも良いだろう。

 今回は店舗での割引など、ポイントの還元率以外で着目すべき特徴のあるクレジットカードを3枚ピックアップした。メインで使うにはやや向かない面もあるが、サブカードの有力候補になるかもしれない。

エポスカード

特典・優待に特徴あり! サブで持っておきたいクレジットカード3選 2番目の画像
出典:www.eposcard.co.jp
 丸井グループのクレジットカードである『エポスカード』。年に4回開催される『マルコとマルオの7日間』において10%オフで買い物ができることは有名だが、マルイが近くに無い、利用しないという人にとってもおすすめのカードだ。

 何と7,000もの店舗において、割引やポイントアップのシステムが活用できるのである。例えば、ファミリーレストランの『ロイヤルホスト』では食事代が10%オフ、またカラオケ店である『BIG ECHO』や『カラオケ館』ではルーム料金が30%オフ、などかなり凡用性が高い。どのカードでも割引などのサービスはあるが、エポスカードはなかでもトップクラスと言って良いだろう。

 その他遊園地やスパなどの割引サービス、またイベントや舞台のチケット優待も備わっていて、券面デザインも豊富だ。休日は外出することが多かったり、イベントに参加するのを好む人にとっては是非とも所持しておきたいカードの一つだろう。

イオンカード

特典・優待に特徴あり! サブで持っておきたいクレジットカード3選 3番目の画像
出典:www.aeon.co.jp
 イオングループが発行するクレジットカードである。『イオンカード』は種類が豊富でやや分かりづらいが、引き落とし口座がイオン銀行のみになっているのが『イオンカードセレクト』だ。その他の銀行口座でもOKなものは、電子マネーが異なったり、特定の店舗と提携していたりする。

 毎月20日・30日はお客様感謝デーとなっており、『イオン』や『マックスバリュー』などの店舗で代金が5%オフになるのが、最大の特長といえる。また、イオンシネマの映画鑑賞割引もかなりお得だ。

イオンシネマ(旧ワーナー・マイカル・シネマズ含む)の一般通常料金(1,800円(税込)または、1,700円(税込))をイオンカードでお支払いいただくと、会員の方と同伴の方(大人1名さままで)各300円引きいたします。

出典:旅行・レジャーでもおトク!|暮らしのマネーサイト
 カラオケ店の『BIGECHO』では一般室料から30%OFFになるなど、レジャー施設での優待も充実している。イオンが近くに無い人にとっても、2枚目以降のカードとして保有をおすすめできる。

 また、『イオンカードセレクト』の特典として、イオン銀行の普通預金金利が年0.12%(税引き後年0.095%)になる。日本経済新聞社が実施した第13回日経金融機関ランキングではイオン銀行が顧客満足度で初の首位を飾っており、お金を貯める手段としても注目したいカードだ。

セゾンパール・アメリカン・エクスプレス・カード

特典・優待に特徴あり! サブで持っておきたいクレジットカード3選 4番目の画像
出典:www.saisoncard.co.jp
 “永久不滅ポイント”でお馴染みのセゾンカードは、アメリカン・エキスプレスブランド(以下アメックス)のカードを多数発行している。「セゾンパール・アメリカン・エクスプレス・カード」は、その中で最もスタンダードなものだ。

 アメックスのカードは富裕層向けのカードとして有名だが、最近は審査基準が以前より緩和したといわれている。

 しかし、VISAやMasterCard、JCBブランド程の多様性はなく、年会費無料のカードとなると選択肢はかなり絞られる。今回のカードも年会費無料は条件付きで、キャンペーン適用時のものである(他の年会費無料カードは次のリンクから:セゾンカード公式 クレジットカード一覧)。

 毎月5日と20日に西友・LIVINでのショッピングが5%OFFになる、などの特典もあるが、ここではアメリカン・エキスプレス特有のサービスに着目したい。それが「アメリカン・エキスプレス・コネクト」である。
特典・優待に特徴あり! サブで持っておきたいクレジットカード3選 5番目の画像
出典:www.saisoncard.co.jp
 プロパーカード(提携会社ではなく国際ブランドが独自に発行するカード)程のサービスは無いものの、年会費無料でその一端を知ることができるカードは非常に貴重である。将来的にアメックスカードの入手を考えている人には特におすすめしたい。


 今回は年会費無料のものに絞ってカードを紹介したが、『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』の様に、初年度のみ年会費無料キャンペーンを行っているようなものもあるので、入手を検討する際には注意が必要だ。

 ぜひこの機会に、自分のライフスタイルに合ったサービスや特典のあるクレジットカードを入手してみてはいかがだろうか。今より更に“お得”に生活できるかもしれない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する