1. 今更聞けないWi-Fi超入門①:そもそも「Wi-Fi」って何?利用するメリットとは?

今更聞けないWi-Fi超入門①:そもそも「Wi-Fi」って何?利用するメリットとは?

 スマホやタブレット、パソコンなどをインターネットに接続する手段として、すっかりおなじみになった「Wi-Fi(ワイファイ)」。駅構内や店先などで、「Wi-Fiつかえます。」と記載したステッカーを見かける機会も多いだろう。

 しかし、Wi-Fiについては接続の仕方はなんとなく理解しているけど、詳しいことはよくわからない、今更聞けない……という人も多いのでは。そこで今回は、そもそもWi-Fiとは何か? 無線LANとの違いは? といったWi-Fiに関する基礎知識を改めて確認しよう。

そもそも「Wi-Fi」って何だっけ? 

 Wi-Fiとは、スマホやタブレット、パソコンなどの機器を無線(ワイヤレス)でインターネットに接続できる技術のこと。自宅や職場などでWi-Fiを利用するには、「Wi-Fiルーター」と呼ばれる機器が必要になる。

 Wi-Fiルーターは「親機」とも呼ばれ、スマホやタブレットなどのWi-Fi機器(子機)との間で、電波をやり取りしてデータを送受信する。ADSL回線や光回線などのモデムにWi-Fiルーターを接続することで、インターネットに接続できる。Wi-Fiルーターは、自宅のインターネットを複数の機器で利用するための中継役と捉えるとわかりやすいだろう。

Wi-Fiを利用するメリットって何?

 Wi-Fiを利用する最大のメリットは、文字通り、ケーブルを使わずに無線でスマホやパソコンなどの機器に接続できること。これまではケーブルが届かなかった場所でも、インターネットが使えるようになる。

 最近はプリンターやテレビなどにもWi-Fi接続機能が備えられている。こうした機器をWi-Fiに接続することで、より便利な使い方ができるのも特徴だ。

 例えば、プリンターであれば、ケーブルの制限を受けずに置きたい場所に設置できる。写真などをプリントする場合、従来はデータをパソコンに移してから送らなければならなかったが、Wi-Fi接続したスマホから直接プリントするといったことも可能だ。

 スマホのデータ容量の節約になるのも大きなメリットのひとつ。スマホのデータプランには、ひと月あたりに利用できるデータ容量が定められているが、Wi-Fi接続時はこの容量を減らさずに済む。

 「動画を何も考えずに視聴していたら速度制限に引っかかってしまった」、「大容量のデータを頻繁にやり取りしているうちに規定容量を超えてしまった」など、容量不足で困ったことがある人には恩恵が多い。

「無線LAN」との違いは?

 Wi-Fiという言葉じたいは「無線LAN」と同じ意味で使われるケースが増えているが、厳密には意味が異なる。

 まず、無線LANについて解説しよう。「LAN」は、「Local Area Network(ローカルエリアネットワーク)」の略で、自宅や職場などの小さなエリアで作ったネットワークを指す。このネットワークに対して、「無線」でアクセスできることを意味するのが「無線LAN」だ。
 
 これに対してWi-Fiは、そもそも「Wi-Fi Alliance」という業界団体が定めたブランド名だ。この団体が定めた無線LANの標準規格に準拠している製品に対して付与される。

 現在では、市販されている無線LAN機器のほとんどがWi-Fiの認証を得ている。また、Wi-Fiという言葉の知名度も高まっているため、Wi-Fiは「無線LAN」と同じ意味で使われることが多いが、ほぼ同義であると考えても問題はないだろう。

 今回はWi-Fiの基礎知識をおさらいした。Wi-Fiを使えば、ケーブルのしばりから解放され、より自由にインターネットが利用できる。また、いまはスマホ全盛期。スマホで大量にデータ通信を行っている人にとっても大いに役立つツールだ。自宅にインターネット回線を引いているけど、そのままにしているという人はぜひ活用してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する