1. ブリーフケースは時代遅れ?5万円以内で買えるスーツに合うビジネスバックパック5選

ブリーフケースは時代遅れ?5万円以内で買えるスーツに合うビジネスバックパック5選

ブリーフケースは時代遅れ?5万円以内で買えるスーツに合うビジネスバックパック5選 1番目の画像
 近ごろ街行くビジネスマンを見ると、これまで主流とされていたブリーフケースではなく、バックパックを持っている人が増えてきた。これが新しいスタイルである。彼らは機能性をより重視し、会社に必要なものを運ぶのに合理的な方法を選んだのだ。

 今回は、今後ビジネスマンの主流ファッションとなるであろうバックパックの、ビジネスシーンに適したものの選び方について、そしてコストパフォーマンスの良いもの5選を紹介する。

バックパックの利点

 一世代上から見ると、やはりスーツとバックパックの組み合わせに違和感を感じる人も多いようだ。しかし、その実用性と収納力を加味すると、バックパックの右に出るものはない。

実用性

 現在、多くのビジネスマンは電車通勤に加えて、移動の際など走らなければいけないシーンも少なくない。

 そんな時、片手がふさがるブリーフケースに対して、両手が空くバックパックは非常に利便性が高い。これは、近頃流行の自転車通勤に関しても同じことが言える。普段からマルチタスクをこなす必要のあるビジネスマンは、両手が自由の方が良い。

収納力

 収納力においても、バックパックは圧倒的に他に勝っている。ブリーフケースを使っている人の中では、荷物が多い時、収納に困っている人も多いだろう。

 容量が大きく、様々なものを整理して収納できるバックパックは、そんな悩みを解決してくれること間違い無い。

スーツに合うバックパックの選び方

ブリーフケースは時代遅れ?5万円以内で買えるスーツに合うビジネスバックパック5選 2番目の画像
 ひとことにバックパックと言っても、近年ではその流行に乗って、様々なタイプのものが発売されている。

 ビジネスシーンにフィットするバックパックとは、どのようなものだろう?選ぶ基準をある程度知っていこう。

 あまり派手な、ビジネスシーンにそぐわない色は避けよう。スーツの色にもよるが、黒や茶、紺あたりを選べば問題ないだろう。

バックパックの収納性

 ブリーフケースより多くのものが入らないと、バックパックにする意味が半減してしまう。普段、最低限会社に持っていくものの容量を考え、それにプラスした収納スペースがあるものを選ぶと良いだろう。

5万円以内のビジネスバックパック5選

Porter-3WAY BRIEF CASE:37,000円(税別)

 こちらは3Wayビジネスバッグで、ブリーフケース、ショルダーバッグ、バックパックとして持つことが可能だ。そのため、様々なシーンで忌憚なく使える。

 更に優れた耐水性、耐摩耗性、耐引き裂き性を持つ加工が施されている。バックパックをビジネスで使うことに不安を感じる人は、これを選べば間違いないだろう。

ACEGENE-プログリットSi(バックパックタイプ): 35,640円(税別)

ブリーフケースは時代遅れ?5万円以内で買えるスーツに合うビジネスバックパック5選 4番目の画像
出典:www.ace.jp
 プログリットSiはACEGENEによるシリーズで、このバックパックタイプは自転車通勤の人にも便利なサイズである。A4サイズを収納可能で、機動性も抜群である。

 また利便性だけでなく、スマートな見た目はビジネススーツにフィットするデザインとなっている。

Jack Wolfskin-ジャックポットDX: 14,500円(税別)

 アウトドア用品メーカーとして名を馳せたこの製品は、機能性・機動性において非常に優秀だ。着脱可能のノートパソコンケースとアクセサリーケースを備えているため、様々なシーンに合わせて使いやすく、また衝撃にも強い。

 快適に背負える仕様が施されているため、移動時間が長い人にも嬉しい。付属品のレインカバーによって、雨の日も心配無用だ。この価格帯でここまでの利便性を実現しているメーカーは少ないだろう。

 

ARTPHERE-Horse Line: 38,000円(税別)

ブリーフケースは時代遅れ?5万円以内で買えるスーツに合うビジネスバックパック5選 6番目の画像
 このバックパックは馬の本革が使用されており、高級感が全面に出されているのが特長だ。また、様々な収納ポケットがついているので、物の整理も不便なく行える。

 このような本革仕様のバックパックは、ビジネスシーンだけではなく、プライベートでも使用可能だ。しかし、本革は雨にとても弱いので、耐水性を求める人には注意が必要だ。

SAMSONITE-Vigon Laptop Backpack:16,800円(税別)

 実用性と伝統を大切にしたブリーフケースから始まったVigonシリーズは、ビジネスシーンで使うには申し分のない製品だ。

 その優れた収納性は、PCだけではなく一泊分の着替えなども入る。突然の出張が多い人にはおすすめだ。スーツケースとセットで購入して、長期出張に備えるのも良いだろう。

 バックパックは、ブリーフケースに勝るその機能性により、今後主流となっていくだろう。

 もし今ブリーフケースを使っていて、少しでも不便に感じているのなら、ぜひ購入を考えてみてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する