1. 4,980円でオーダーできる「KEI」:ビジネスシャツは“スマホ”でオーダーメイドの時代へ

4,980円でオーダーできる「KEI」:ビジネスシャツは“スマホ”でオーダーメイドの時代へ

4,980円でオーダーできる「KEI」:ビジネスシャツは“スマホ”でオーダーメイドの時代へ 1番目の画像
出典:ke-i.co
 オンラインでオーダーできるユニクロの「セミオーダージャケット」や、紳士服量販店のAOKIやコナカが格安でオーダースーツを始めるなど、本格的にアパレルにカスタムオーダーメイドの波が押し寄せつつある昨今。

  そんなオンラインカスタムオーダーの波はユニクロにとどまらない。今回は注目すべき“激安”カスタムオーダーシャツブランド、「KEI(ケイ)」を紹介していこう。

4,980円でシャツを“スマホ”でオーダーできる「KEI」

4,980円でオーダーできる「KEI」:ビジネスシャツは“スマホ”でオーダーメイドの時代へ 2番目の画像
出典:ke-i.co
 今回紹介する「KEI」の特筆すべき点はまずその値段。1万円を切ることは少ないと言われているオーダーシャツ業界で4,980円という価格帯を実現し、一躍話題となっているのである。

なぜこの価格が実現できるのか?

4,980円でオーダーできる「KEI」:ビジネスシャツは“スマホ”でオーダーメイドの時代へ 3番目の画像
出典:www.makuake.com
 「KEI」が4,980円という驚異的な価格を実現できた理由は「中間マージンの省略」にある。資材調達、生地開発、縫製、販売を一貫して自社で行い、流通コストを極限まで下げているのである。

 糸を作る会社、ボタンを作る会社、更にはボタンを付ける会社まで存在し「中間マージン」が積み重なって服を作るアパレル業界においては、簡単そうに見えて非常に難しいことなのである。製造から販売をできる限り一括しているユニクロなどのファストファッションブランドの価格が安いのはこのためである。

 価格を抑えながらも、上質なコットン100%、ボタンもプラスチックではなく貝で作るなど、品質にも妥協は見られない。まさしくコストパフォーマンスに優れたオーダーシャツだと言えるだろう。

スマホで注文できる独自の採寸システム

4,980円でオーダーできる「KEI」:ビジネスシャツは“スマホ”でオーダーメイドの時代へ 4番目の画像
出典:www.makuake.com
 価格もさることながら、「KEI」はオーダーシステムも非常に特徴的かつ魅力的。10種のパーツを自由にカスタマイズすることが可能で、袖や襟の形はもちろん、ポケットの有無、ボタンのタイプ、ネーム刺繍などの様々なカスタマイズができるのだ。
4,980円でオーダーできる「KEI」:ビジネスシャツは“スマホ”でオーダーメイドの時代へ 5番目の画像
出典:www.makuake.com

バリエーション豊かな採寸方法

4,980円でオーダーできる「KEI」:ビジネスシャツは“スマホ”でオーダーメイドの時代へ 6番目の画像
出典:www.makuake.com
 シャツの細かなカスタマイズだけでなく、採寸システムも特筆的。3,000人以上の体型データを取得し、誰でも簡単に採寸できるオート採寸システムで、手元にメジャーがなくとも、身長、体重と簡単な設問に答えるだけで体型に合った採寸を自動で行ってくれるのだ。

 オート採寸以外にも3つの採寸方法があり、バリエーションは非常に豊か。中でも注目したいのが、お気に入りのシャツを郵送する方法。手持ちのシャツを送ると、そのシャツのサイズに合わせた採寸を行ってくれる。つまり、自分が持っているベストなサイズ感のシャツを量産できるのである。
4,980円でオーダーできる「KEI」:ビジネスシャツは“スマホ”でオーダーメイドの時代へ 7番目の画像
出典:ke-i.co

オーダーシャツの一例を紹介

「THE DRESSY HERRINGBONE」:4,980円(税別)

4,980円でオーダーできる「KEI」:ビジネスシャツは“スマホ”でオーダーメイドの時代へ 8番目の画像
出典:ke-i.co
 「KEI」のベーシックとも言えるのが、こちらのドレッシーへリンボーンシャツ。
 
 その見た目から「にしんの骨」を意味し、日本語では杉綾織と呼ばれるヘリンボーンの魅力を引き出した白シャツは、綿100%の美しい光沢感が特徴的。

 また、「KEI」のシャツは化学繊維を使わず、コットン100の「永久ストレッチ素材」を使用。基本的に劣化していくストレッチに比べ、永久に劣化しないのはビジネスシーンにおいて非常に嬉しいポイントだ。

「THE SMART LONDON STRIPE」:4,980円(税別)

4,980円でオーダーできる「KEI」:ビジネスシャツは“スマホ”でオーダーメイドの時代へ 9番目の画像
出典:ke-i.co
 シンプルな白シャツのみならず、画像のようなストライプシャツもラインナップされている。

 シーンを選ばない、シンプルなブラックとホワイトの組み合わせとなっており、日本人に合わせて計算されたストライプの規則性はスマートな印象をプラスする。
 
 もちろん永久ストレッチで作られており、実用性は抜群。これで値段は最安の4,980円だというのだから驚きの価格設定だと言えるだろう。

「THE LIGHT STRETCH ROYAL OXFORD」:12,800 円(税別)

4,980円でオーダーできる「KEI」:ビジネスシャツは“スマホ”でオーダーメイドの時代へ 10番目の画像
出典:ke-i.co
 4,980円のレギュラーモデルだけでなく、最高級のモデルも選べるのが「KEI」の強みの一つ。

 綿100%でありながら程よく伸縮する革新的なストレッチ機能を装備しており、身体にフィットするシャツが動きに応じて伸びることで、着ている間の動作もストレスなく行える。

 エジプトの高級綿GIZA(ギザ)コットンを用いており、レギュラーモデルよりさらに光沢を放つモデルとなっている。


 上質なオーダーシャツのカスタムが、スマホで簡単に行える「KEI」。外連味を帯びたサイトデザインやイメージ画像も大きな魅力だ。

 4,980円のレギュラーモデルがもちろんおすすめだが、カスタムを重ねて自分だけのこだわりが詰まったシャツをオーダーするのも非常に楽しい。人気が集中してオーダーに時間がかかるモデルが続出しているため、気になった方は早めにチェックして頂きたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する