1. 初めての結婚式で困っているあなたに。知っておくべき結婚式のマナー【ゲスト編】

初めての結婚式で困っているあなたに。知っておくべき結婚式のマナー【ゲスト編】

初めての結婚式で困っているあなたに。知っておくべき結婚式のマナー【ゲスト編】 1番目の画像
 友人や会社の上司、後輩、家族--社会人になると結婚式に参加する機会が増える。中には初めて参加する人も多いだろう。招待状の返信から、ご祝儀の金額、中袋の包み方、服装、スピーチまで、結婚式には様々なマナーが存在する。

 自分だけではなく、新郎新婦やそのご家族に恥をかかさないように、今一度結婚式のマナーを確認する必要がある。本稿では、主に結婚式披露宴においてのマナーについて順を追って紹介する。

1.招待状の返事

初めての結婚式で困っているあなたに。知っておくべき結婚式のマナー【ゲスト編】 2番目の画像
 結婚式に参加する最初の過程として、招待状が届く。その際、用意すべきは毛筆・黒インクの万年筆、又はボールペンだ。一般的には毛筆・万年筆がいいと言われている。グレーは不祝儀の色のため、黒を使うことを心がけよう。また、忙しい新郎新婦を煩わせないよう、早い返信(2~3日、遅くても一週間以内)をするといい。

 様々な事情で当日ギリギリまで返答できないという場合は、相手にその旨を電話をすること。相手の招待状に対して、反応を全くしないのは失礼である。最低限相手に事情を説明し、相談しよう。

 先ず、宛名の相手の「一行」を二重線で定規を使って消し、「様」に書き換えよう。原則として、書いてある言葉を修正するときは定規で二重線を引く。同様に、「御(ご)出席」「御欠席」などにつく、受け手側を表す「御(ご)」や「御芳」という言葉も消し忘れずに。更に、二重線の代わりに寿消し(「御」などの文字の上に「寿」と書く)も存在するため、慣れてきた人は試してみると良い。

 自分の予定を確認し、返事ができる状況になったら、「出席」もしくは「欠席」のいずれかに○をしよう。そして、自分の返答と異なるものに二重線を引く。例えば、出席の場合は「欠席」の方に二重線を引く。更に、余白があったら自分の参加状況がいずれにせよ、相手へのメッセージを書くと良い。その際、丁寧な言葉遣いを心がけよう。

 また、出席する場合その前に「慶んで」、そしてその後に「させていただきます」と付け加えるとなお良い。その逆に、欠席する場合は「残念ながら」と記入しよう。その際、句読点を打たないといい。これは、「お祝い事には終止符を打たない」という縁起に関連するものだ。

招待状の返事

  • 毛筆・黒インクの万年筆、又はボールペンを準備する
  • 「御」や「様」などに二重線を引く

欠席する場合

 欠席する場合は、2〜3日ですぐ返答するのは失礼にあたるため控えよう。期限内で、一週間程度空けて返信しよう。また、招待状が家族にあてられていて、誰かのみ出席できる場合は、わかりやすく明記する。そのときは、「出席」に○をしよう。

 欠席する際、その事情を書き記せる時と書き記せない時がある。注意すべきは、弔事、忌中、病気などの、相手にとって喜ばしいと思われないことは、言葉を濁して伝えるということだ。

2.ご祝儀のマナー 

 ご祝儀袋

 ご祝儀で先ず注意すべき点はご祝儀袋選びである。ご祝儀袋は、結び切りの水引きがついたものがいい。これは「一度結ばれたら離れない」という縁起の良さからである。

 また、ご祝儀袋は包む額によって種類が違うため、気を付ける必要がある。実際に包む額の1/100のものを目安に購入しよう。これらに注意し、ご祝儀袋が用意できたら水引きの下に名前を記入しよう。加えて、表書きの名目がプリントしていない袋を購入した場合は、自分で書き記く。4文字は「死文字」と言われ、縁起の悪いため避けよう。

 最後に、ご祝儀袋の包み方・折り方を注意しよう。なぜなら、これをうっかり間違えてしまうと不祝儀になってしまうからだ。袋の上の折り返しが下の折り返しに重ねられた状態がご祝儀袋である。

ご祝儀袋

  • 結び切りのものを選ぶ
  • 実際に包む額の1/100の袋を購入する
  • 袋の折り方を気を付ける

中袋

 お札を包む中袋には、住所と金額を明記する。その際に注意すべきは、「金○萬円」の中に旧字体の数字を記入することだ。例えば、3万円包む場合は、「金参萬円」と書く。

 ご祝儀袋・中袋に記入するものはいずれも、毛筆・筆ペンまたはサインペンで見える文字で記入する。そして、受け取る側が読めるような丁寧な文字で書くのがなによりも大切である。

中袋

  • 住所と金額を明記
  • 金額は旧字体で書く

お札

 多くの人が困るのが、ご祝儀に入れるお札の額である。お札についても、様々な注意点がある。先ず、包む金額を決める必要がある。一般的に、金額は割り切れない数であるほうが好ましい。これには、2人の仲が割れないという意味が込められている。ご祝儀の相場は3万円である。

 金額を決定したら、その額を新札で用意しよう。新札は銀行で両替する際に、「新札」と記入すると手に入る。最後に、お札の向きを揃え、表が上になるよう中袋に入れる。以上を踏まえた上で、ご祝儀袋をふくさに包もう。

ご祝儀額

  • 割り切れない額にする
  • 表が上になるように中袋の中に入れる

3.服装

初めての結婚式で困っているあなたに。知っておくべき結婚式のマナー【ゲスト編】 3番目の画像
 結婚式の男性ゲストの服装は基本的に黒のスーツ以外の派手すぎない色のもの(グレーやネイビー)を選ぼう。特にNGなのは、白のスーツである。これは、新郎と服装の色が被ってしまうためである。また、ネクタイも黒や濃い色、動物柄のものはマナー違反と言われる。中でも黒は、不幸を連想してしまうのでやめておこう。

 また、アクセサリーに関してだが、時計は基本的にNGである。なぜなら、時計を持っていると、時間を気にしていて、早く去りたいという印象を与えるからだという。以上を注意し、清潔感に気を付ければ服装マナーは大丈夫である。

当日着ていくスーツ

  • スーツは派手すぎないもの
  • ネクタイは黒や濃いものを避ける
  • 時計はNG

4.結婚式会場でのマナー

初めての結婚式で困っているあなたに。知っておくべき結婚式のマナー【ゲスト編】 4番目の画像

結婚式会場

 結婚式会場には、時間に余裕をもって行こう。不規則の事態で遅れてしまいそうな場合は、他に出席している知り合いに連絡をするのが大切である。

 このときに気を付けたいことは、新郎新婦に連絡しないこと、そして電話で連絡をしないこと。というのも、新郎新婦は当日準備で忙しいのである。また、電話してはいけない理由は、その相手が既に会場内にいることを想定してのことだ。

控室にて

 ここでは、最低限のマナーを気を付ければいい。久しぶりに会う友人や知り合いに会って、騒ぎすぎないことを注意しよう。また、アルコールがサービスドリンクとしてある場合は、飲みすぎないように。
 
 更に、新郎新婦のご家族に気がづいたら、相手のタイミングを伺って挨拶をしよう。ここで注意すべきは、あまり長く話し込まないことである。新郎新婦の家族は多くの人に挨拶するからである。

披露宴会場

 スタッフに案内され、披露宴会場に入ると入り口には新郎新婦とそのご両親がいる。一言挨拶を交え、流れに沿って入場しよう。着席の際は、席の左側から座る。そして、手荷物は背もたれと背中の間に置く。

 いくら手荷物が小さくても、テーブルの上には置かないように気を付けよう。

会場にて

  • 会場に遅れる場合は知り合いにメールする
  • 手荷物は背もたれと背中の間に置く

5.スピーチを行う際の注意点

 近しい人が結婚して、スピーチを頼まれることは少なくない。その際の注意点も紹介して行こうと思う。

スピーチ本番の流れ

 先ず、司会者に名前を呼ばれてからその場で着席したままお辞儀をする。あなたの紹介がすんだら起立をし、お辞儀をしよう。そしてマイクの前でまた、一礼をする。マイクは大抵の場合スタッフが調整するので、自分で動かさないようにしよう。これが一通り終わった後に、お祝いの言葉を新郎新婦に向かって言い、スピーチが始まる。

 スピーチが終わったら、ゲスト側、新郎新婦側の順で深くお辞儀をしよう。そして着席前にもう一度お辞儀をするのだ。以上がスピーチの流れである。
 
 ゆっくり、聞き手に気を配りながらスピーチを進めよう。どのようなスピーチにしても、相手に気を配るのは重要である。次に、肝心なスピーチ作成時の注意点について書く。

忌み言葉

 結婚式のスピーチでの大原則は忌み言葉を使用しないことである。

 忌み言葉とは、特定な場面において、不幸を連想してしまうため、使用するべきではないとされている言葉である。詳しくは以下のとおりである。 

忌み言葉:
別れる、壊れる、離れる、死ぬ、終わる、終える、割れる、嫌う、切る、切れる、捨てる、途絶える、断る、失う、冷える、破れる、敗れる、飽きる、帰る、帰す、戻る、逃げる、出る、出す、去る、衰える、負ける、放す、裂く、裂ける、消える、返る、返す、褪(あ)せる、倒れる、潰れる、閉じる、悲しむ、弔う、泣く、退く、散る、ほどける、薄くなる、弱る、病む、とんでもない、しめやかに、苦しい、薄い、浅い、憂い、痛ましい、仏、葬式、九、四、お釈迦、最後、終わり、など

重ね言葉:
ますます、くれぐれも、いろいろ、またまた、なお、なおも、たびたび、かえすがえす、かさねがさね、重々、再び、また、またも、さらに、再度、繰り返し、皆々様、など

出典:結婚式スピーチ成功コツは?挨拶事前準備と本番の流れ | 結婚準備 ...
 このように、不幸な過去や不幸を連想させる言葉を結婚式では言わないのがマナーとされている。

 これらを含まないように作成時から注意しよう。万が一本番で忌み言葉を使ってしまったことに気がづいたら、「失礼いたしました」と一言添える。

タブーまたは不適切な内容

 スピーチの内容によっては、不適切な内容、新郎新婦が触れてほしくない内容もある。不適切内容かどうかは、一般常識で判断しよう。

 しかし、タブーな話題かどうかは自分で判断がつかない場合が多い。自分でタブーな内容か判断がつかない場合は、その部分は触れない、もしくは新郎新婦に確認しよう。

 新郎新婦に確認する際、自分で判断がつかない内容のみでいい。全ての内容を確認してしまうと、当日の楽しみがなくなってしまうためである。

スピーチ

  • 忌み言葉は言わないようにしよう
  • タブーかもしれない内容は新郎新婦に事前に確認しよう

 以上のマナーを念頭に置いておくと、結婚式が不具合なく進む。新郎新婦を困らせたり、恥をかかせないのはとても重要なことだ。「招待して良かった」と思われるような振る舞いを心がけよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する