1. 分刻みでネットの話題をまとめる「まとぶる」制作者に会いに行ってみたら恐ろしくピュアだった!

分刻みでネットの話題をまとめる「まとぶる」制作者に会いに行ってみたら恐ろしくピュアだった!

分刻みでネットの話題をまとめる「まとぶる」制作者に会いに行ってみたら恐ろしくピュアだった! 1番目の画像

画像提供:まとぶる http://matobull.com
 「アンテナサイト」と聞いて、正直ピンと来ない人も多いだろう。少なくとも筆者は来なかった。検索してみると、「アンテナサイトで手軽に稼ぐ」みたいな記事も。何だか怪しいゾ。半信半疑で、いや1信9疑で、昨今話題のアンテナサイト「まとぶる」の制作者デジャヴさんに会いに行ってみた。

ピュアなまとめサイト制作者デジャヴさんの素顔

 冷たい海風吹きすさぶ湘南某所、真冬だと言うのに南の島の如く温かい笑顔で出迎えてくれたデジャヴさん。コイツか、怪しいサイトで儲けてる奴は!笑顔の目の奥は¥¥¥¥マークで溢れてるに違いない! 秒速いくら稼ぐ男なんだ、どうなんだ言ってみろ!

 ……とはさすがに聞けないので、出されたお紅茶をすすりながら引きつった笑顔で聞いてみた。「アンテナサイトって結構稼げるみたいですね?」

 「へ? あー、アフィリエイトとかですか?」

 「まとぶるはそういうことやってません!」(キッパリ)
分刻みでネットの話題をまとめる「まとぶる」制作者に会いに行ってみたら恐ろしくピュアだった! 2番目の画像
画像提供:まとぶる http://matobull.com
 勇んで繰り出したパンチがサラッとかわされ、ヨロめく筆者。
 
 じゃああれか、ア、アドセンスってやつだな!

 「アドセンスもやってません、サイトご覧になりますか?」
 確かに、サイトに広告らしきものはない。

 いや、待て。じゃあ何でこの人、手間暇かけてこんなサイトを作ってるんだ!


 「ひと言で言ってしまうと、恩返しみたいなものですね………」(遠い目)

 デジャヴ、アンタなんて澄んだ目をしてるんだ――。

 WEBのまとめサイトなんて「フン、どうせ小銭稼ぎだろ……」という偏見と先入観に満ち満ちていた誌面記者にとって、電脳の世界にこんな澄んだ目をした人がいるとは思いもよらなかった。

アンテナサイトのおかげで460万PVを達成したブログ


 デジャヴさんがブログを始めたのは5年前。最初に立ち上げたブログ名は、当時アフロヘアだったことにちなんで『GO!GO!アフロ!』だったそうだ。

 しかし、思うようにアクセス数も伸びず、更新のモチベーションも下がり、ひと月も経たないうちに閉鎖。1度めのチャレンジは敢えなく終わった。


 しかし、デジャヴは諦めなかった!

 ノリと勢いだけで始めてしまった教訓を元に、今度はネット上のあらゆるブログやサイトを日夜研究。その後改めて立ち上げたブログは1年半後には、月間460万PVの人気ブログに成長した。その時に、アクセス数UPの後押しをしてくれたのがアンテナサイトだったという。


アンテナサイトで恩返し、全てのWEBサイトにチャンスを!


 「いつか自分も色々なサイトの力になれるアンテナサイトを作って恩返しをしたいっていう気持ちがあったんですよね」

 デジャヴさんのピュアな瞳に嘘はなかった。誰からも相手にされず、何をしても効果の出ない哀しきブログデビューの経験から、同じ悩みを持つサイト運営者を応援したいという純粋な気持ちから立ち上げたのが、まとめサイト「まとぶる」だったのだ。
分刻みでネットの話題をまとめる「まとぶる」制作者に会いに行ってみたら恐ろしくピュアだった! 4番目の画像
画像提供:まとぶる http://matobull.com

 「まとぶる」では、アクセス数の稼げる人気サイトだけでなく、新規に立ち上がったブログの配信を行ったり、スマホで見やすくシェアもしやすいサイトにするために日々改良を加えているという。


 「10分に1回ぐらい、動向チェックしてます。リアルタイムでどれくらいのユーザーが見てくれているのか気になって仕方なくて(笑)」


 ネットに数多溢れるアンテナサイトよりも、もっとサイト運営者と閲覧者をマッチングさせていきたい。その一途な気持ちは留まるところを知らない。


 「何年かかるかわからないけど、人工知能に記事選ばせたり、UXを時代に合わせてこまめに変えたりもしたいです。ユーザーの動向をヒートマップでとっているのですが、以前は最下層への到達率が3%だったのに対して現在は38%をキープしているんです。良い時で54%もあったり、ユーザーが回遊してたくさんの面白い記事や為になる記事を読んでくれているって事なんですよね」


 ……難しいワードがいっぱい出てきたけど、とにかくデジャヴさんは頑張っている!!
分刻みでネットの話題をまとめる「まとぶる」制作者に会いに行ってみたら恐ろしくピュアだった! 5番目の画像
出典:matobull.com
 「私自身が記事を書いているわけではないけれど、面白い記事はたくさんの人に読んで欲しくてTwitterやFacebookに10万円くらい使って広告を出しました(笑)」

 なんてことだ……、だんだんWEB界のキリストと呼びたくなってきた……。


 しかし、そんなことしてて大丈夫なんですか!? その資金はどうするんですか?

「もしかしたらいずれ広告を入れる日がくるかもしれません。でも収益出したらその分、サイトの改善に突っ込んじゃいそうですけどね……(遠い目)。そんなことよりも、たくさんのブログが登録してくれて「まとぶるさんのおかげで急成長しておっきくなりましたよー」とかいってもらって、ウェブマスターさんたちと飲みにいけたら最高ですね! こんな社畜な時代にギューギューな満員電車の中とかトイレでため息つきながらでも、まとぶるを少し開いてクスッと笑って息抜きしてもらえたら嬉しいです」

 デジャヴさんの屈託のない笑顔に嘘はなかった。

 そして、もしもブログを開設したら、真っ先に「まとぶる」さんに登録しに行こうと思った筆者であった。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する