1. 映画好きにはたまらない!2017年“冬限定”映画イベント&今春オープン予定のシネマカフェ

映画好きにはたまらない!2017年“冬限定”映画イベント&今春オープン予定のシネマカフェ

映画好きにはたまらない!2017年“冬限定”映画イベント&今春オープン予定のシネマカフェ 1番目の画像
出典:www.facebook.com
 映画好きは思わず出かけたくなる、冬限定の映画イベントと今春に吉祥寺でオープン予定のシネマカフェという2つのニュースを紹介していく。

北欧のカルチャーを体感「北欧映画の一週間」

 毎年この季節になると催されているイベントがトーキョー ノーザンライツ フェスティバル2017だ。渋谷のLOFT9やユーロスペースなどで開催される。

 北欧の音楽やアート・食文化を体感できる。会場では北欧のビールやソーセージが提供され、アルコールや食事と共に一味違う雰囲気の映画を楽しむことができる。

 1月28日には、国立西洋美術館にて映画「マリー・クロヤー 愛と芸術に生きて」
特別試写会・19世紀の北欧の芸術家達によってできた芸術家村「スケーエン:デンマークの芸術家村」展講演会が無料で実施される。

 その中でメインイベントとなるのが、「北欧映画の1週間」と題された映画イベントだ。

 2月11日〜2月17日の期間に上映。1日5作品ずつ上映され、特別先行上映のものや、劇場未公開作品が公開予定となっている。

 旧作から新作まで質の高い北欧の傑作映画を一気に体感できるイベントだ。冬しか楽しむことのできないイベントに参加してみてはいかがだろか。

シネマカフェ「ココロヲ・動かす・映画館◯」この春オープン

映画好きにはたまらない!2017年“冬限定”映画イベント&今春オープン予定のシネマカフェ 2番目の画像
出典:maru-movie.com
 「ココロヲ・動かす・映画社 ◯」がプロデュースする「ココロヲ・動かす・映画館 ◯」が今春、吉祥寺にオープンする。
 
 上映作品は、「ココロヲ・動かす・映画社○」が配給している映画が予定されている。

 1階は座席数約70席の映画館。2階は飲食スペースと映画やライブ同時に楽しむことが出来るスペース。3階はVRシアターのみならず映画に関連した展示・イベントが開催されるスペースになる予定だ。

 料金体系は、2階カフェスペースでは、映画館としては珍しい課金制が導入予定。作品によるが映画開始30分まで無料、1時間以内800円、それ以降は1,500円という価格設定になる見込みだ。

 ここでしか出会えない作品、映画好きな人たちとの交流を楽しむことが出来そうだ。


 今回は2つの映画イベントを紹介した。普段普通に生活しているだけではなかなか味わうことの出来ない体験ができるはず。一味違う映画イベントと共に残り少ない冬を満喫してみてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する