1. 「西川ダウン」はなぜ売れるのか? ナノ・ユニバース×東京西川が作るコスパ最強ダウンの魅力に迫る

「西川ダウン」はなぜ売れるのか? ナノ・ユニバース×東京西川が作るコスパ最強ダウンの魅力に迫る

出典:store.nanouniverse.jp
 真冬の寒さを凌ぐ上で、思い浮かぶアイテムと言えば“ダウンジャケット”だろう。そんなダウンジャケットの中でも抜群の人気を誇るのが「西川ダウン」。

  日本を代表するセレクトショップ「nano・universe(ナノ・ユニバース)」と寝具業界を牽引する「東京西川」のコラボレーションにより開発されたダウンジャケットである。

 本記事では、ナノ・ユニバースの冬季アイテムではダントツの売上を誇り、各種ECサイトでも売上ランキング上位の常連となっている「西川ダウン」の魅力に迫る。

東京西川の技術を結集した「西川ダウン」とは?

出典:www.nishikawasangyo.co.jp
 寝具のイメージが強い東京西川。オリジナルのファッションブランドとしても名高いナノ・ユニバースとは無縁なようにも思われる方も多いだろう。西川ダウンはダウンジャケットの新たな価値を模索するナノ・ユニバースが、羽毛のプロフェッショナル集団である東京西川の技術に惹かれ始まったものなのだ。

 創業400年以上の歴史を持つ東京西川とのコラボレーションから生まれた西川ダウンは、従来のダウンとは一線を画した、革新的な要素を多く備えたシリーズとなっている。

西川ダウンはなぜ売れるのか? ①抜群の防寒性能

出典:store.nanouniverse.jp
 西川ダウンの魅力は何と言ってもその抜群の防寒性能。羽毛布団で有名な東京西川が羽毛を提供しているだけあり、西川ダウンは厳冬にも難なく耐え得る逸品なのだ。誤解を恐れず言うならば、西川ダウンの防寒性能は“超”がつく高級ダウンに匹敵する。

 ダウンジャケットに何より求められる要素を高水準で備えている点が、西川ダウンが売れている要因の一つだと言えるだろう。

西川ダウンはなぜ売れるのか? ②スタイリッシュなシルエット

出典:store.nanouniverse.jp
 防寒性に優れたダウンジャケットは、往々にして野暮ったいシルエットになりがちである。必要以上に着膨れして見えてしまったり、着丈が微妙だったりというダウンジャケットは国内外どのブランドを問わず多い。

 西川ダウンのシルエットは非常にスタイリッシュ。シャープなシルエット作りに定評があるナノ・ユニバースの血統を、西川ダウンは色濃く受け継いでいる。抜群の防寒性能を保ちながらもスマートなスタイリングを西川ダウンは約束してくれるのだ。

西川ダウンはなぜ売れるのか? ③脅威のコストパフォーマンス

 上記の魅力を踏まえれば、西川ダウンを選ぶ最大の理由にもなるかもしれない。西川ダウンはとにかく、安いのだ。通常、高水準の防寒性能とスタイリッシュなシルエットを両立するダウンジャケットの値段は10万円前後とされている。高級ブランドともなれば、さらに値段は倍以上に跳ね上がる。

 対する西川ダウンの価格は、4万円前後のアイテムがほとんど。高級ダウンジャケットと同等なパフォーマンスを持ちながらも、高級ダウンの相場の半額以下で手に入れることができるのである。両メーカーの技術の粋を結集した最上モデルでも価格は約6万円台。脅威のコストパフォーマンスだと言えるだろう。

進化を遂げた西川ダウン2016年モデルを一挙紹介!

出典:store.nanouniverse.jp
 西川ダウンの魅力をもう一つ付け加えるならば、「毎年アップデートを重ね進化するブランド」という点が挙げられるだろう。

 2016シーズンのテーマは、山から下りて街へ行く、山にも街にも使えるダウンという二つの意味を持ち合わせる 「DOWN, from mountain to town.」

 文字通りアウトドアでも、街でも圧倒的なパフォーマンスを発揮する西川ダウンの進化を遂げた新シリーズを紹介していこう。

西川ダウン2016の特徴

  • テーマは空港の多様性をイメージした「Air Terminal」
  • 「メタルギア・ダウンテック」と呼ばれる新技術で更なる暖かさに
  • 「フレッシュアップ加工」により、長く衛生的に使用することが可能
  • 復刻モデルやメモリアルモデルもラインナップ

「西川ダウンG2ジャケット」:¥39,744(税込)

 まず紹介したいのは、西川ダウンの代表的なモデル「西川ダウンG2ジャケット」。 

 極薄のナイロン生地に特殊な裏コーティングを施す東京西川の特殊技術で生み出された超軽量ナイロンをメイン素材に新たに採用している。

 防寒性能はもちろん、野暮ったくない、かといって細すぎない絶妙なシルエットが魅力の、西川ダウンが誇るバランスがとれた鉄板モデルと言えるだろう。

「西川ダウンカグラJKT」:¥39,744(税込)

 始めに紹介した「西川ダウンG2ジャケット」よりも全体的にコンパクトでスッキリとしたスリムシルエットでモードな雰囲気のモデルが「西川ダウンカグラJKT」。

 ラグジュアリーな印象も与える、ナチュラルな光沢感とハリ感のある生地もまた魅力。

 計算された十字キルトがダウンに立体感を出しつつも、体に沿った美しいラインも同時に兼ね備えたスリムモデルだ。

西川ダウンG2ウールJKT:¥42,984(税込)

 西川ダウン2016年モデルに共通するのが、薄いアルミニウムを蒸着させた素材「METALGEAR(R)」を背面の体感部分に配置し体を効率よく保温するという技術。

 それに加えて、ウール生地の銘産地・尾州(愛知)の生地を使用した西川ダウンのニューラインナップが、こちらの西川ダウンG2ウールJKTだ。

 海外メゾンにも供給される100%ウール生地は、独特の柔らかさと膨らみを持ち、 落ち着いた大人の雰囲気を放つモデルとなっている。

西川ダウンポーラーJKT:¥67,824(税込)

 最上級の暖かさを備えた西川ダウンのフラグシップモデルがこちらの西川ダウンポーラーJKT。

 襟元のコヨーテファーや、蓄熱保温性能のあるサーモトロン(R)という素材を裏地に使用することで、抜群の防寒性能を実現している。 

 西川ダウンの中でも異彩を放つ、極地仕様のシベリアンコートをベースにミリタリー要素が加えられたデザインも非常に秀逸。値段は少々張るものの、買ってまず損は無い逸品だ。

西川ダウンリバーシブルベスト:¥15,984(税込)

 数ある西川ダウンの中でも、“隠れた名作”と言えるのがダウンベスト。

 西川産業450周年のメモリアルを記念して作られた、高品質なポーランド産ダウンがこちらの西川ダウンリバーシブルベスト。 

 遊び心のあるクレイジーパターンで仕上げられたダウンベストとなっており、落ち着いた単色面とクレイジー面のリバーシブル仕様。インナーにもアウターにも活用しやすいボリューム感も魅力だ。

 春先まで便利に使い倒せるうえに、¥15,984(税込)という価格が嬉しい。一着は持っておきたいモデルとなっている。

西川ダウン リモンタコンビJKT:¥51,624(税込)

 ラグジュアリーモデルとして2014年にリリースされ人気を博した「西川ダウン リモンタコンビJKT」も数量限定で復刻している。 

 ダウン選定は勿論、生地の選定に至るまでこだわったモデルが、こちらのリモンタコンビジャケット。 

 フェイクインナー仕様の迷彩ダウンパーカーのみを閉めて着たり、フロントドットを全て閉めて完全防寒したりと、 他の西川ダウンとはひと味違った着こなしが楽しめるモデルとなっている。


 防寒具としての性能は言うまでもなく、美しいシルエット、そして抜群のコストパフォーマンスを誇る西川ダウン。ダウンジャケット初心者にも、日常的に気軽にダウンジャケットを着たい、という人にも自信を持ってオススメできるアイテムだと言えるだろう。

 オンラインストアで購入するのもおすすめだが、機会があれば是非店舗に足を運んでみてほしい。西川ダウンの持つ魔力を肌で感じることができるはずだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する