1. 【体験談】「会話型」新TOEICに使える、よりネイティブな耳に近づくためのリスニング学習法

【体験談】「会話型」新TOEICに使える、よりネイティブな耳に近づくためのリスニング学習法

 2016年5月29日からTOEICは新たな形式を実装した。このような変更は実に10年振りである。未だに就職活動などで用いられているこの試験は、多くの企業で個人の英語能力を計る重要な役割を果たしている。
 
 変更点の大きなポイントの1つとしては、よりネイティブに近づいたリスニング試験である。新たな形式となったTOEICに取り残されない第一歩として、新たな対策法を身につけよう。

TOEIC改訂の背景・内容

背景

 新TOEICの対策を効果的に行うには、その変更の背景を知る必要がある。以下がETSのTOEICプログラム・エグゼクティブディレクターのFeng Yu氏による、変更についての理由だ。

「英語の使い方は日々進化、変化しています。その変化に合わせて、テスト問題も進化、変化させる必要があります。TOEICテストが、現在使われている英語を反映し、そして受験者が必要とする英語のスキルを確実に測定するテストであるために、ETSでは、この度TOEICテストの出題形式を一部変更してまいります」

出典:TOEIC|プレスリリース|2015年度|ETSは、TOEICテストの出題形式 ...
  日々グローバル化している中で求められる英語能力をより的確に測定するために、このような変更が実装されたのである。

内容

 本稿ではTOEICのリスニング試験に集中している。そのため、ここではリスニングの変更点のみを書こうと思う。具体的な変更点は以下の通りである。

リスニングの主な変更点

  • 会話問題の設問が増える
  • 3名が会話する設問がある
  • 省略形(I'm going to → I'm gonna)や省略表現(Could you do ~? → Could you?)を含む会話
  • 会話と図を関連付けるものや会話の中で話し相手が暗示している意図を問う設問
 特に注目すべき点は、リスニング問題に3名で会話するものが含まれるのと、省略形や文の一部分を含む会話が出題されることだ。

 これは、リスニングがより外国人との会話で実用できるようにと作られた。このようなリスニングテストには、日本の従来の学習方法では対応できない。そのため、新たな対策を打つ必要がある。

 下記は英語経験の少なかった筆者が実際にアメリカに滞在した際に、実践した学習方法である。

1.英語の映像をひたすら観る

英語字幕の利用

出典: Amazon.co.jp
 ネイティブな英語の学習方法でよく言われているのが、洋画を観てリスニング能力を養うことである。確かに、この学習方法は飽きないし、楽しくできるだろう。しかし、このような勉強方法を試して日本語字幕に頼ってしまい、ただ楽しんで終わってしまった人はいないだろうか。

 そのような人にオススメしたいのが英語字幕を利用するということである。そして、ネイティブの発音に徐々に慣れ、内容も理解してきたところで、英語字幕を消してみることもしてみよう。好きな映画を何回か観直し、英語を聞き取れるようになるのが大切である。

TED

出典: Amazon.co.jp
 U-NOTE読者の皆さんはTEDをご存じだと思う。TEDというのは様々な分野のプロフェッショナルたちがプレゼンを行う場である。この団体は非営利団体であり、様々なプレゼンの動画を公式サイトに無料で提供している。
 
 動画は1本18分以下で、映画を観る時間をなかなか作れないという人も気軽に観られる。さらに、TEDは最新の動画以外は字幕があるため、聞き取れない人も気軽に観ることができる。

学習方法

  • 英語字幕を活用しよう
  • 時間に余裕がない人はTEDを観よう

2.積極的に外国人と交流する

 英語能力を鍛える一番の方法としては、やはり外国人と実際に英語で交流することである。実際にネイティブの人と会話するのは、新しいTOEIC対策としてとても役立つ。なぜなら、その場に何人かいれば3人の会話問題対策になる。それに加え、英語圏での日常会話では省略語や省略表現が使われているからだ。
 
 そのため、「イングリッシュパブ」や「アイリッシュパブ」などといった、外国人が多くいる場に行ってみるといいだろう。体験として、多くの外国人は日本人との交流を喜ぶので、恐れずに話しかけてみよう。

 いやいや、そんなことは恥ずかしくて出来ない!という人は、「英会話カフェ」に行こう。英会話カフェではネイティブや日本人の英語学習者と英語学習希望者が集まり、会話を楽しむことができる。それに加え、「オンライン英会話」など、リーズナブルな値段で英会話を楽しむことができるので、是非行ってみてほしい。

一番確実な学習方法

  • 実際にネイティブの人と交流しよう
  • パブや英会話カフェなどを活用するといい


 最近になって、英語試験の形態が急速に変化している。この変化に乗り遅れてしまうと、試験で点数を取りづらくなってしまう。しかし、答えは明白である。よりネイティブな英語に慣れればいいのだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する