1. 服は“買う”から“借りる”時代へ:「ファッションレンタル」はアパレル業界を再編する力を持ってるか

服は“買う”から“借りる”時代へ:「ファッションレンタル」はアパレル業界を再編する力を持ってるか

 「ファッションレンタルサービス」をご存知だろうか? その名の通り定額で料金を支払うと衣服が借り放題、というサービスが今急増しているのだ。

 服を「買う」。そんな当たり前の常識が変わるかもしれない、ファッションレンタルサービスを本記事では紹介していこう。

服借り放題、洗濯不要! 月額制ファッションレンタルサービス

 「買ったはいいものの、ほとんど着なかった……」このような経験から、服を買うことに対し消極的になってしまったり、買っても無難な服を選んでしまったりしている人も多いはず。そんな中、注目が集まっているのがファッションレンタルサービスだ。
 
 基本的に同時レンタルできる数に制限があり、借りたものをすべて返却することで、何度でも新しいアイテムを借りることができる仕組みになっている。
出典:www.air-closet.com
 「月額制ファッションレンタルサービス」の代表は、女性向けのサービスとして始まった、月額6,800円を支払えばプロのスタイリストの選んだ服が毎回3点届く「エアークローゼット(air  Closet)」。

 2014年10月24日にサイトの公開と事前登録の受付を開始したところ、3カ月で約2万5,000人が集まった(ただし会費無料・サイトの閲覧のみの登録者数)。

 サービスには大きく分けて2通りあり、自由に借りたいアイテムを選択できるタイプと、好みを予め登録しておくことでそれに応じたアイテムをセレクトして送ってくれるタイプがある。

 ファッションレンタルサービスのほとんどに共通しているのが、送料が無料でクリーニングが不要だということだ。気に入らなかった時の交換回数にも制限を設けておらず、またレンタル期間も無制限のところが多い。

ビジネスモデルは月額DVDレンタルと同じ

 エアークローゼットは、忙しい女性が、新しい服との出会うチャンスを作ることを目的としして始まったサービス。類似事業としてオンラインDVDレンタルサービスを参考にしており、一般的なECサイトとの違いは、プロのスタイリストが似合う服を選んでくれる点にある。

 プロのスタイリストの待ち時間や移動時間を利用して、ネットで服選びを手伝ってもらっており、「スタイリストの仕事の幅が広がる」という点にも大きな期待が寄せられている。

「衣服レンタル」で既存のアパレル市場はどうなる?

 ファッションレンタルサービスの台頭で気になるのはやはり、既存のアパレル市場への影響。「買う」のではなく「借りる」ことが一般化してしまうと服を買う人が減ってしまうのではないか、という懸念だ。

 そんな懸念から、アパレルブランドも服を貸し出さないようにしているように思われるが、意外にも提携しているブランドは非常に多い。レンタルからそのまま購入、というフローへの期待と、レンタルを通して収集された様々なデータへの期待が集まっているのが主な理由だといえるだろう。

特徴別に紹介! 男性向けファッションレンタルサービス5選

担当スタイリストがつく! 「leeap(リープ)」

出典:leeap.jp
 まず紹介したいのが、月額7,800円で毎月2コーデを送ってくれる、leeap。最大の特徴は専属のスタイリストがつく点。おすすめのコーディネートを選んでくれる以外にも、ファッションで分からない点やアドバイスが欲しい際に気軽に質問することができる。

 EDIFICE(エディフィス)やUNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)といった大手セレクトショップの商品が多く取り揃えられており、気にいったアイテムは購入することが可能なのも嬉しい。
 
 他にも、7,800円のベーシックプランの他にも月額12,700円でレンタルし放題のプランも用意されているなど、ヘビーにサービスを利用することもできるファッションレンタルサービスだ。

leeap(リープ)の特徴

  • 月額7,800円と12,700円のプランを用意
  • 専属スタイリストが付き気軽に相談ができる
  • 大手セレクトショップの服を多く取り揃え、気に入ったら買うことも可能

海外有名ブランドのレンタルが魅力! FreshNeck(フレッシュネック)

出典:www.freshneck.jp
 続いて紹介するのはアメリカニューヨーク生まれの定額制ファッションレンタルサービス、FreshNeck。leeapとは違い、レンタルアイテムをネクタイなどの小物に限定しているのが特徴。

 創業者が弁護士という、異色の経歴を持つこのサービスの最大の魅力は、やはりBrooks Brothers(ブルックスブラザーズ)などの海外有名ブランドのアイテムが期限無しで借り放題、という点だろう。

 3点までアイテムをレンタルすることができ、返却するとまた新しいアイテムをレンタルできる、という仕組みだ。

 月額3,800円と5,900円のプランがあり、5,900円のプランではDolce & Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)やPRADA(プラダ)などのハイブランドアイテムのレンタルが可能だ。

FreshNeck(フレッシュネック)の特徴

  • アイテムはネクタイなどの小物に限定
  • 海外有名ブランドのアイテムが無期限で借り放題
  • 月額3,800円と月額5,900円のプランが存在
  • 月額5,900円のプランでは海外ハイブランドのアイテムが借り放題

女性目線でスタイリングしてくれる! bemool(ビモール)

出典:bemool.com
 「どんな服を着れば女性に好感を持たれるか分からない……」という悩みをお持ちの方におすすめしたいのが、bemoolだ。必ず女性のスタイリストがつき、女性目線でコーディネートを提案してくれる点が魅力。

 月額4,980円と6,980円のプランがあり、前者はトップスとボトムス、後者はアウター
がプラスされたコーディネートが送られてくる。

 また、女性スタイリストに「買い物を代行」してもらえるサービスがあるのも嬉しい。レンタルだけでなく、ショッピングも手伝ってくれるサービスだ。

bemool(ビモール)の特徴

  • 女性スタイリストが女性目線でのコーデを提案
  • 月額4,980円と6,980円のプランがあり、6,980円のプランはアウターがプラス
  • 30,000円からの購入代行サービスも存在

幅広い値段設定が魅力:KASHIKARI(カシカリ)

出典:kashi-kari.jp
 KASHIKARIは、メンズ小物を中心としたファッションレンタルサイト。アイテムを無期限で利用でき、返却するとまたレンタルができるようになるなど、先ほど紹介したフレッシュネックと基本的なシステムは同じだ。

 最大の違いは、料金プランの豊富さだろう。月額3,600円、5,800円、12,600円の3プランが存在し、自らのライフスタイルに合わせたプランが選択できる。

 3,600円のプランでもPaul Smith(ポール・スミス)などの有名ブランドのアイテムがレンタルできるなど、コスパも良好なファッションレンタルサービスだ。

KASHIKARI(カシカリ)の特徴

  • レンタルできるアイテムは小物に限定
  • レンタル期限は無期限で、返却すると新しいアイテムがレンタルできる
  • 月額3,600円、5,800円、12,600円と幅広くプランを選択可能

シーン別に選べる、DMMいろいろレンタル

出典:www.dmm.com
 ビジネス、パーティー、冠婚、葬祭など、シーン別でのファッションで困ったときにオススメしたいのが、DMMいろいろレンタル

 アイテムごとに値段が設定されており、「パーティ用に高級スーツを着ていきたいが、買うのはちょっと……」という時に重宝する。

 気に入ったものは購入でき、万が一破損してしまったときも修理費用が請求されないのも嬉しいポイントだ。

DMMいろいろレンタルの特徴

  • 料金はアイテムごとに設定
  • シーン別で様々なアイテムがレンタルできる
  • 安心レンタル制度で、破損してしまったときも安心

 
 服の値段を気にせず、手軽にオシャレを楽しむことができるファッションレンタルサービス。ファッションは好きだが、お金が……という人や、そもそも服をどう選んでいいのか分からない、という人など幅広い人が利用できるサービスと言えるだろう。

 忙しくて服を買いにいく暇がない、という人にも非常におすすめのサービスとなっているので、一度利用してみてはいかがだろう?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する