1. 「写真に興味がある」全ての人は要チェック! 最近流行りの“撮影出張サービス”とは?

「写真に興味がある」全ての人は要チェック! 最近流行りの“撮影出張サービス”とは?

「写真に興味がある」全ての人は要チェック! 最近流行りの“撮影出張サービス”とは? 1番目の画像
 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。『堀江貴文のQ&A「流行りは出張!?」〜vol.758〜』では、ホリエモンがInstagramなどによって変革期にある写真業界の新たな潮流を紹介。

 今回取り上げたのは、「自称日本初の思い出写真家として活動したいと思います。内容としては、忙しい人や病気などで身動きの取れない方の思い出場所を代わりにカメラで撮影し、販売します。需要があるのかどうかなど全く分からないので、お金をあまりかけずにとりあえず行動をしてみたいと思います。しかし、良い販売方法や宣伝方法が思いつきません。何かアドバイスを頂けませんか?」という質問。

ホリエモン「クラウドソーシングやSnapmartでやってみれば?」

「写真に興味がある」全ての人は要チェック! 最近流行りの“撮影出張サービス”とは? 2番目の画像
 ホリエモンは、「そういうのってクラウドソーシングでやってもらった方が、コストも安いしスケールすると思うよ。それをプレスリリースして取材してもらう感じかな」と回答。

 依頼主の代わりに思い入れの深い場所の写真を撮影代行する「思い出写真家」というビジネスを始めようとする質問者。ホリエモンは、こうした単発の仕事はクラウドソーシングで始めるべきだとアドバイス。今ならクラウドソーシング自体の話題性もあって、メディアに取り上げられる可能性もある。

 要は窓口をネットにすべきということだが、それはクラウドソーシングではなく、今回のゲストである江藤美帆氏が代表取締役を務めるスナップマート株式会社のサービス「Snapmart」を販売場所にしてもいいだろう。Snapmartはスマホで撮った写真を投稿できると同時に、他人が撮った写真を買い取ることもできるサービスなので、ここをプラットフォームにするわけだ。
「写真に興味がある」全ての人は要チェック! 最近流行りの“撮影出張サービス”とは? 3番目の画像
 他にも江藤氏は、質問者に合いそうなプラットフォームを紹介。例えば、PIXTAの出張撮影サービス「fotowa」やカップルの写真を撮ってくれる出張撮影サービス「Lovegraph」は、質問者のやりたいことともかなり近いだろう。単に出張写真を撮るだけなら、こうしたサービスに登録するだけで十分だろう。

最近の流行りは写真の出張サービス!?

 どうやら、最近はこうした写真販売に関するプラットフォームが賑わいを見せているそう。Snapmartで自身も写真販売の第一線で活躍する江藤氏が、各サービスの特徴を紹介してくれた。
「写真に興味がある」全ての人は要チェック! 最近流行りの“撮影出張サービス”とは? 4番目の画像
 「Lovegraph(ラブグラフ)」は思い出を綺麗な形で残したいカップルのためのサービスで、依頼があった場所に契約したカメラマンが撮影しに来てくれる。Lovegraphで撮った写真をツイッターに上げるカップルも少なくなく、誰に見せても恥ずかしくない美麗な思い出写真が残せるのだ。

 大学生なども撮影を担当するLovegraphに対して、「fotowa」はアマチュアカメラマンの派遣と捉えると分かりやすい。値段も2万円程度と少し高めで、七五三や成人式のような晴れの舞台での写真が欲しい時に重宝しそう。
「写真に興味がある」全ての人は要チェック! 最近流行りの“撮影出張サービス”とは? 5番目の画像
 江藤氏によれば、こうした撮影出張サービスはアメリカでは2〜3年前に爆発的にヒット。それが徐々に日本に波及してきているのが現在なのだという。Instagramなどの登場で写真がより身近になった現在では、相対的にプロが撮ったハイクオリティな写真が求められる場所も増えている。ちょっと良い写真が欲しい人にはもちろん、質問者のような写真で食べていきたい人にとっても、これらのサービスは見逃せない存在になりそうだ。

 ホリエモンが写真販売の現場を語った『堀江貴文のQ&A「流行りは出張!?」〜vol.758〜』。動画が見たい方はコチラからどうぞ!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する