1. 機能性×デザイン性:2016年冬の最旬ファッショントレンド“アスレジャー”

機能性×デザイン性:2016年冬の最旬ファッショントレンド“アスレジャー”

機能性×デザイン性:2016年冬の最旬ファッショントレンド“アスレジャー” 1番目の画像
出典:www.latimes.com
 ヨガやピラティスなどのファッションを原点に取り入れられたとされる、最旬のファッションスタイル“アスレジャー”。デザイン性と機能性、2つの良いところを併せ持った、最新ファッションにフォーカスする。

ネクストブレイク:最新トレンド“アスレジャー”とは

機能性×デザイン性:2016年冬の最旬ファッショントレンド“アスレジャー” 2番目の画像
出典:chicagofashionblogs.com
 アスレジャーとはスポーツミックスよりも、さらにスポーティな要素が強いファッションスタイルのことを指す。アスレチック(athletic)とレジャー(leisure)を組み合わせた造語がこのファッションスタイルの名称となった。

 一昔前はTPOに沿った着こなしをすることが主流だったが、世界的な流れとして“鮮麗に着飾るのではなく、着心地の良いエフォートレスシックな着こなし”になっている。いつでもどこでも対応できるシーンレスなファッションスタイルに人々の考えが移行しつつあるのだ。

 近年アスレジャー市場は流行の最先端と注目され、大手スポーツブランドのみならず、他のアパレルブランドも多く参入をはじめている。アメリカの経済誌ウォールストリート・ジャーナルもアスレジャー市場の伸びについて言及した。

スポーツブランドが最旬ファッションスタイルに

機能性×デザイン性:2016年冬の最旬ファッショントレンド“アスレジャー” 3番目の画像
出典:bransonicm.com
 2015年のファッショントレンド“ノームコア”は「究極の普通」と言われただけあって、着飾りすぎないシンプルなファッションかち機能性に優れた点でブームを呼んだ。それに続く2016年最旬のファッショントレンドがアスレジャーだ。一昨年に続き機能性に優れた動きやすいファッションがこの冬のトレンドとなる。

 近年トレンドがファストファッションから移行しつつあるが、日本ではユニクロをはじめ多くのファストファッションブランドが未だに根強い人気を誇っている。しかしユニクロが有名デザイナーとコラボした、従来よりも少し高めの価格設定の新ライン“ユニクロ ユー(Uniqlo U)”を発表するなど変化が見られる。

“アスレジャー”において欠かせない2つのブランド

機能性×デザイン性:2016年冬の最旬ファッショントレンド“アスレジャー” 4番目の画像
出典:fortune.com
  スポーツブランドにおいて欠かせないブランドがある。そのブランドとは、売り上げ世界第1位のナイキと世界第2位のアディダスだ。2社共に昨年も業績を着実に伸ばしている。

 昨年スポーツブランドの頂点に君臨したナイキは、エアマックスエアハラチなど人気の根強いスニーカーが業績を支え、人気ストリート系ブランド“シュプリーム”とのコラボや今や100億円ブランドとも呼ばれる“サカイ”とのコラボは大きな反響を呼んだ。

 さらに大ヒット映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の中に登場する、足の形と荷重をセンサーで感知し靴ひもを調整してくれる、“Nike Air Mag”を89足限定で発売するなど大きな注目を集めた。
機能性×デザイン性:2016年冬の最旬ファッショントレンド“アスレジャー” 5番目の画像
出典:www.nicekicks.com
 昨年アディダスはスーパースタースタンスミスのようなアディダスの代名詞とも言えるシューズに力を入れるなど、前年の20%の売り上げ増加を記録した。

 さらに新世代のデザイナー相澤陽介氏の手がける“ホワイトマウンテアニング”とのコラボやデザイナーの阿部潤一氏が手がける“カラー”とのコラボレーションは発売日に販売店舗で行列が出来るほど大きな反響を呼んだ。

 有名デザイナーとのコラボだけではなく、アメリカの超有名ミュージシャン、カニエ・ウエストとアディダスのコラボは大ヒットした。コラボスニーカー“YEEZY BOOST 350”はオークションサイトで定価の20倍を超える約50万円で取引されたほどだ。

 近年では機能性だけではなく、デザイン性の高い商品が増え、人気ブランド、有名アーティストとのコラボが躍進の一助になっている。

コーディネートの中に1つ取り入れるだけ:簡単アスレジャースタイル

#1:スウェットシャツ
機能性×デザイン性:2016年冬の最旬ファッショントレンド“アスレジャー” 6番目の画像出典:store.nike.com
 普段着ているニットやシャツの代わりにスウェットシャツを取り入れることで簡単にアスレジャーを楽しむことができる。

 着心地抜群でアメリカのカジュアルスタイルの定番アイテムだがトレンドをバッチリ抑え、無理なく普段のファッションに取り入れられる。
#2:フィットネスパンツ
機能性×デザイン性:2016年冬の最旬ファッショントレンド“アスレジャー” 7番目の画像出典:www.adidas.com
 伸縮性に優れ、吸水性も良く機能性抜群。テーパードなシルエットが足をスッキリ見せる。

 スポーティーな雰囲気を大事にしつつも、ダークトーンやモノトーンなど落ち着いた色をチョイスするとスマートな印象になる。

 
#3:スニーカー
機能性×デザイン性:2016年冬の最旬ファッショントレンド“アスレジャー” 8番目の画像出典:store.nike.com
 アスレジャーを最も取り入れやすいのが足下ではないだろうか。普段革靴を履く機会が多いならば、スニーカーに変えてみよう。

 スニーカーのスポーティー感がコーディネートの良いアクセントとなるだろう。アスレジャー初心者が柄物を取り入れるなら、まずは足下からが無難。
 

 アスレジャーは機能性の高いスポーツブランドのアイテムを1つ身につけるだけでも始めることができる万人が取り入れやすいファッションだ。普段フォーマルな服を身につける機会が多い方にはぜひ、コーディネートのワンポイントとして上記を参考に無理なくアスレジャーファッションにトライしてもらいたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する