1. リアルタイム口座出現:女性の間では当たり前!? 翌月払いのオンライン決済サービス「Paidy」

リアルタイム口座出現:女性の間では当たり前!? 翌月払いのオンライン決済サービス「Paidy」

リアルタイム口座出現:女性の間では当たり前!? 翌月払いのオンライン決済サービス「Paidy」 1番目の画像
出典:dealclick.co.uk
 オンライン決済の利用が日常的になっている昨今、オンライン決済サービス業界に新参入した「Paidy(ペイディー)」が急速な成長を遂げている。

 先日、女性向けランジェリーブランド「PEACH JOHN」がこのサービスをいち早く導入した。洋服や小物をオンラインで購入する女性には、すでになじみがあるサービスとなっている。

 SMSで簡単に決済できるシステムを構築した「Paidy」が拡大させるであろう『翌月払い』市場に迫っていきたい。

簡単決済を可能にした「Paidy」

 「Paidy」はクレジットカード情報や住所などの事前登録を必要とせず、メールアドレスと携帯電話番号のみの登録で決済が可能なサービスである。登録すると、携帯のSMSもしくは自動音声で案内する認証コードが送られる。そのコードを支払い画面に入力することで本人確認が行われ支払い完了となる。認証コードで本人確認が行われるため、個人情報の不正利用も防げる。

 支払い方法は、翌月の10日までにその月で使用した金額を銀行振込又はコンビニ支払いである。月に複数回買い物をしても、支払いは翌月の1回だけで毎月1日に請求金額が決定し、10日までに支払う仕組みである。

 また、分割支払いを選択することも可能で、自分に合った支払い方法を選べる。初回利用時に自動的に「myPaidy」というマイページを持つことができ、支払い金額の管理も安心だ。

「Paidy」の特徴

  • 事前登録不要
  • 認証コードで本人確認を行うため、不正利用に対しても安心
  • 翌月払いかつ分割払いも可能
  • myPaidyで請求金額を管理できる

顧客・店舗双方にメリット『翌月払い』

リアルタイム口座出現:女性の間では当たり前!? 翌月払いのオンライン決済サービス「Paidy」 2番目の画像
出典:blog.granify.com
 顧客側は先ほどの説明にもあったように、1カ月分利用したものを翌月にまとめて支払う。商品の発送が完了されたのを確認して、支払うことができる点もメリットの1つだ。

 一方、店舗側は決済手数料が差し引かれた売り上げ金額が指定口座に振り込まれる。ここで『翌月払い』の懸念点として挙げられるのが、顧客の料金の未払い。この点に関して、「Paidy」は決済が確定した売り上げを100%保証している。

 顧客は翌月払いによって支払い方法の選択が行え、店舗は料金の未回収または商品の未発送を防ぐことができる。『翌月払い』のイメージにあった不安要素が「Paidy」では解消されているのだ。

『翌月払い』市場の今後

リアルタイム口座出現:女性の間では当たり前!? 翌月払いのオンライン決済サービス「Paidy」 3番目の画像
出典:www.techwyse.com
 『翌月払い』は顧客が商品発送を確認してからの支払いとなるので、安心感を持てる支払い方法だ。「Paidy」が可能にした簡単決済はまさにリアルタイムに支払いを行なうことができる。クレジットカードの登録などで購入に至るまでにかかっていた時間を短縮できる点は、より顧客の購入意思を持続させることができ、購入率にもつながる。

 また、『翌月払い』はサービス提供者が立て替え払いを行うため、顧客の支払い日時に左右されず一定の時期に売り上げが手元に入ってくるので、このサービスを利用する店舗は増加していくのではないだろうか。


 今回は、リアルタイムの支払いを可能にしたオンライン決済サービス「Paidy」について紹介した。このサービスにより、顧客・店舗双方の選択の幅が広がったことは間違いないだろう。今後のECサイトの市場拡大に期待できる。ぜひ実際に「Paidy」を体験してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する