1. 企業だけが得をすると言われる「ノー残業デー」のカラクリ

企業だけが得をすると言われる「ノー残業デー」のカラクリ

企業だけが得をすると言われる「ノー残業デー」のカラクリ 1番目の画像
 残業は多いが、労働生産性の低い国として認知されている国、日本。

 その是正策として浮上したのが、「ノー残業デー」だ。毎週水曜日は「ノー残業デー」、と設定する企業が増えてから久しいが、その実態はどうなっているのだろうか? メリットやデメリットから見える、「ノー残業デー」のリアルに迫る。

そもそも「ノー残業デー」はいつから始まった?

企業だけが得をすると言われる「ノー残業デー」のカラクリ 2番目の画像
 ノー残業デーを導入している企業が7割を占めている言われている。

 「ノー残業デー」とは、残業をせずに定時(所定労働時間)で退社する日のことである。元来の導入意義は、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)を推進するものであった。しかし、最近では経費削減につながる活動として導入する企業も増加している。

 定時で仕事を終わらせるために、ビジネスパーソンが業務効率化を考える機会になれば……といった企業側の意図も含んでいるのが「ノー残業デー」なのだ。

「ノー残業デー」のメリット

企業だけが得をすると言われる「ノー残業デー」のカラクリ 3番目の画像
 ノー残業デーのメリットについて、経営者側と労働者側の2面から見ていきたい。

 まずは経営者側にとってのメリットについて紹介する。時間外労働時間を減らすことによる経営者側のメリットは、以下の4点だ。

経営者側にとってのノー残業デーのメリット

  • #1:長時間労働による健康被害を受ける労働者を減らすことができる
  • #2:割増賃金の削減
  • #3:労働者の時間管理意識の向上
  • #4:人材の確保
 1つ目の「長時間労働による健康被害を受ける労働者を減らすことができる」は、定時であがることによって睡眠時間を充分に確保でき、体調を整えることができる。また、運動をする時間や趣味の時間に充てればリフレッシュもでき、週後半の仕事にも疲労を持ち越さずに挑むことが可能になる。

 2つ目となる「割増賃金の削減」は、経営者にとって大きな課題となっている。平成22年の労働基準法改正により、残業時間が1カ月60時間を超える場合は賃金を50%割増にすることが義務づけられた。長時間労働は、人件費の大幅な増加につながる。

 3つ目「労働者の時間管理意識の向上」は、“定時”というタイムリミットの中で仕事を終わらせる、という考え方を労働者に習慣づけることを意味している。付き合いで残業をする人や、定時で帰らずにグダグダと仕事をする人を矯正することが期待できるのだ。

 4つ目の「人材の確保」は“ノー残業デーがある会社”として好印象を与え、人材を集める要因となっているということだ。さらに、ノー残業デーを遵守することで労働者に働きやすい環境を提供でき、長く働く意識づくりにもつながっている。

 続いて、労働者にとってのメリットについて紹介したい。時間外労働時間が減ることによって得られる労働者側のメリットは、以下の3点だ。

労働者側のノー残業デーのメリット

  • #1:効率的な仕事の仕方を考えられるようになる
  • #2:趣味やスキルアップのための時間を確保できる
  • #3:睡眠時間の確保によって、体調を整えることにつながる
 労働者側のメリットは、いずれも経営者側と共通している。自由な時間・平日のプライベートの時間が増えれば、労働者の「生活の充実・体調管理」にプラスな影響を与えるのだ。

 両者のメリットを比較すると、経営者側のメリットは会社全体にプラスになることが多い。人件費や人材といったものは、企業活動に関わることだ。従業員1人1人を大事にしているかどうかは、結果的に企業活動や営業成績に反映されてしまう。

「ノー残業デー」の実態

企業だけが得をすると言われる「ノー残業デー」のカラクリ 4番目の画像
 先述したメリットを見ると、「ノー残業デー」の推進によって会社が得をすることに気づいた読者もいるのではないだろうか。次は、ノー残業デーによって会社が得をするという“カラクリ”について見ていきたい。

 「ノー残業デー」の制度を導入している労働者たちからは、以下のような声が上がっている。

「ノー残業デーに飲み会をよくやるので、無給で残業しているような気がします」(20代・女性)
「アナウンスが流れるだけで、強制ではない。ただ、早く帰りたい、という空気にはなる」(30代・男性)
「ノー残業デーに無給の社内教育がある、これって無意味」(40代・男性)
「制度はあってもペナルティがないので誰も守ってはいない」(50代・男性)
「管理職には適用されないので、定時後オフィスには管理職ばかりが残って仕事をしている(50代・男性)

出典:あってもなくても定時には帰れない?形骸化する「ノー残業デー」の実態 ...

◯社員が仕事を家に持ち帰っている
終わらない仕事を、結局家に持ち帰って行っているため、今まで「残業」とみなされていた時間が「サービス残業化」されただけで終わり、社員の士気が下がっている。
また、水曜日に仕事をしなかった場合でも、木曜日、金曜日の負荷が高まり、土曜日にも「自主的に」出勤してくる社員がいる。

出典:なぜノー残業デーはうまくいかないのか? - 三菱東京UFJ銀行

「ノー残業デーでたっぷり体を休めて、土日出勤して働きます」(22歳・女性/ゲーム会社勤務)
「そもそも、ノー残業デーって言葉が気に入らない。他の日はイエス残業デーなんですかっていう」(28歳・男性/広告会社勤務)
「労働基準法なんて概念は弊社には存在しません」(32歳・男性/商社勤務)

出典:【社畜大国】「ノー残業デー」なんて真っ赤なウソ...みんなの取得率を調査 ...
 ノー残業デーならぬ、「イエス残業デー!」など、SNSでは不満の声が続出している。ノー残業デーに会社の飲み会を催す例は多く、特に女性は“飲み会をやるくらいなら、仕事をしていたほうがマシ”という意見が目立つ。中には、真っ暗なオフィスの中でサービス残業をしている人もいるようだ。

 こちらの引用文だけではなく、SNSで「ノー残業デー サービス残業デー」と検索すると悲痛な声が多数見受けられる。「ノー残業デー=サービス残業デー」「ノー残業デーだろうとなんだろうとサービス残業なんてのも普通にある」「ノー残業なんてサービス残業を強要されるだけの日」……このような声が毎月投稿されているのが、現在の「ノー残業デー」の実態なのだ。

 さらに、ノー残業デーで定時通りに帰宅しても、終わらなかった仕事が別の曜日に回ってしまう、といった声も上がっている。制度が形骸化している、と非難されても致し方ない現状である。

「ノー残業デー」を上手く活用する方法とは?

 ノー残業デーは、経営者側に大きなメリットがあるにも関わらず、サービス残業や会社の飲み会が入ってしまう……。このような現状を打破するためには、経営者と管理職が「ノー残業デー」のメリットを再認識することが必要だ。

 残業も会社の飲み会もない、自由な時間を労働者に与えることは1週間のパフォーマンスを上げることに寄与する。

 まず、経営者側のメリットの1つである“労働者の健康の維持”は、ノー残業デーに飲み会の予定を入れてしまっては意味がなくなってしまう。睡眠時間が削られ、胃や肝臓に悪い食事が強いられる飲み会は、決して体に良い影響を及ぼすものとは思えない。

 さらに、ノー残業デーにサービス残業をつけることは、“労働者のモチベーション”を低下させてしまう。5日間ある通常の出勤日の中日である「水曜日」に、定時上がりで休息を摂ることができれば、残りの木・金曜日へのパワー補充になるのではないだろうか。

 制度自体に問題があるわけではなく、経営者が「ノー残業デー」という制度を生かしきれいないのが問題点なのだ。「ノー残業デー」が会社に利益をもたらすものだということを、経営者や管理職にはぜひ理解していただきたい。


 以上、「ノー残業デー」の実態について紹介した。制度だけでは、企業がブラックなのか? ホワイトなのか? ということは測りきれない。自分の勤めている会社がブラックなのかどうかを不安視する前に、「何のために働いているのか」について再度自問してほしい。生活のためとはいえ、大切なもの――健康や家族との時間、自分の自由な時間――を犠牲にしてまで働くべきなのだろうか。

 「ノー残業デー」などの制度にはこだわらず、人生をより豊かにするための働き方について会社全体で考える風土こそが重要であるということを、忘れないでほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する