1. グローバル化が進む現代日本:NG握手とそのシンプルな解決法

グローバル化が進む現代日本:NG握手とそのシンプルな解決法

グローバル化が進む現代日本:NG握手とそのシンプルな解決法 1番目の画像
by 드림포유
 欧米では、初めて知り合った人に握手で挨拶をするのが慣習化されている。そこで今回は、「手」に対するケアを怠らない、スマートなビジネスマンになる方法を紹介したい。手のエチケットの重要性と、ビジネスマンにふさわしいエチケット製品とはどのようなものだろうか。

進むグローバル化:「手」のエチケットの重要性

日本と欧米の対人スタイルの違い

 初対面のビジネスマンとコミュニケーションをとる際、日本ではお辞儀をしてアイコンタクトを取るという流れが一般的だ。しかし欧米では、初対面のビジネスマンと握手やハグといった身体的接触を伴い、挨拶を交わす。

 グローバル化が進む現代日本でも、海外のビジネスマンと対面する機会が増えている。中でも「手」に対するケアは、欧米文化に即した挨拶をする際に必須のエチケットであり、実際に欧米のビジネスマンは手のケアをしている。

好印象を与えるためには:日本人がやりがちな“失礼握手”

 日本では敬意を表す仕草が、文化の違いにより、欧米の文化では失礼と解釈されることがある。初対面の海外企業のビジネスマンとコミュニケーションをとるときに、悪印象を与える仕草を伴う握手は断固として避けたい。そこで、以下のことに気を付けて、握手から第一印象を良くすることが大切だ。

日本人が知っておきたい握手のNG仕草3つ

  • NG:目を見ないで握手をする
  • NG:力を入れずに握手をする
  • NG:お辞儀をしながら握手をする

ハンドケアの基本

 以上のことから、握手の重要性はお分かりいただけただろう。そして握手をするにあたり、やっておきたいことがハンドケアである。しかし急に「ハンドケア」と言われても、どうしたらいいか、と悩まれるかもしれない。美しい手とは、爪を切り揃えたり、肌の清潔感を保ったりと、毎日の生活の中でコツコツと意識することが大切だ。

 そこで、男性が持っていたり使っていても違和感のない、スタイリッシュで効果的なハンドクリームを紹介する。

日常にハンドケアを:エチケットブランド5選

THANN・ハンドクリームOE 2,106円

グローバル化が進む現代日本:NG握手とそのシンプルな解決法 2番目の画像
 アルガンオイルやシアバター、セサミオイルが配合されたクリームは、柔らかなテクスチャーで手肌にハリとつやを与える。

 ローズウォーター、ハス花、ティアレ(タヒチアンガーデニア)といったオリエンタルフラワーのエキゾチックな香りが広がるハンドクリームは、リラックス効果も期待できる。

 THANNは、“自然と共生するモダンなライフスタイル”を提案する、タイ生まれのナチュラルスキンケアブランド。THANNのスタイリッシュでユニセックスなデザインは、グッドデザイン賞やアジアデザイン大賞等、数々の国際的なアワードを受賞している。

ジョンマスターオーガニック・LGハンドクリーム 2,484円

グローバル化が進む現代日本:NG握手とそのシンプルな解決法 3番目の画像
 植物由来の保湿成分であるアロエベラ液汁やヒマワリ種子油が配合されたクリームが、手肌をしっかりと潤し、乾燥から守る。

 清涼感のある、甘くフレッシュな柑橘系アロマの香りが一日中続くハンドクリームは、持ち運びに適したサイズ感もうれしい。

 ジョンマスターオーガニックは、“地球に敬意を払うラグジュアリーなビューティーラインを”というコンセプトのもと、ニューヨークで生まれたブランドである。オーガニックヘアケア・スキンケア製品は世界中で愛され、現在40ヵ国以上で販売されている。

ニールズヤードレメディーズ・ビーラブリーハンドクリーム 3,024円

グローバル化が進む現代日本:NG握手とそのシンプルな解決法 4番目の画像
 英国ソイルアソシエーション認定のオーガニックハンドクリームは3歳の子供から使用できる、ほんのり甘いオーガニックオレンジの香り付けがされたハンドクリームである。

 浸透が早く、べたつかないさらっとした使い心地が魅力だ。日差しにさらされやすい手を守るホワイトティやプロポリスエキスが配合されるため、透明感のある手肌を実現する。
 ニールズヤードレメディーズは、英国ロンドンの中心部・コヴェントガーデンで誕生した、オーガニックスキンケアブランドである。ビューティジャーナリストや美容家により選ばれる“英国コスメ界のオスカー(CEW美容賞)”を始め、多くの賞を受賞。

キールズ・ハンドサルブ 2,052円

グローバル化が進む現代日本:NG握手とそのシンプルな解決法 5番目の画像
 アボカドオイル、セサミオイル、シアバターが配合されており、リッチなテクスチャーが手肌にハリを与える。使い心地は軽く、シルクのような肌触りを実現する。

 メンソールのような爽やかな香りのハンドクリームで、手を酷使する職人を始め、世界中の人に愛されるハンドクリームだ。

 キールズは、今から160年前にニューヨークでアポセカリー(調剤薬局)として創業し、健康や美容を気遣うニューヨーカーたちの絶大な信頼を集め続けるブランドだ。キールズのオーガニックスキンケア製品は、“美のアポセカリー”として世界で愛される。

ジュリーク:ハーブケアハンドクリーム 3,780円

グローバル化が進む現代日本:NG握手とそのシンプルな解決法 6番目の画像
 厳選された植物オイルや、オーガニック認証自社農園で育てられた、こだわりのハーブエキスを使用したハンドクリームである。

 肌なじみの良いテクスチャーが肌をみずみずしくうるおす。しっとりとした使い心地で、手肌を引き締めて保つ。爽やかですがすがしいシトラスの香り。
 ジュリークは、化学や薬草学に造詣の深いユルゲン・クライン博士夫妻によって、南オーストラリアのアデレードヒルで誕生したブランドである。現在でもジュリークのスキンケア製品は、南オーストラリアにあるオーガニック自社農園の植物から作られる。


 ハンドクリームで肌を磨いたら、爪の処理も忘れてはならない。日頃から手のケアを心がければ、初対面の相手に挨拶をするとき、好印象を残すことができる。好きなブランドのハンドクリームを常備すれば、手のエチケットへの意識も高まるだろう。
 
 手のケアに気を配ることは、細部まで気を遣うことができるビジネスマンであることと同義だ。日本の文化に縛られることなく、グローバリゼーションを理解したビジネスマンには、余裕さえも感じられるだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する