1. 世界のランナーに20年以上愛され続けている「GEL-KAYANO」で体験する、走る喜び

世界のランナーに20年以上愛され続けている「GEL-KAYANO」で体験する、走る喜び

 最近、あなたの周りに“走る人”が増えていないだろうか。ランニングは健康やダイエットにいいだけでなく、リフレッシュ効果も得られる手軽なスポーツ。しかも、特別な器具や運動スペースも必要なし。シューズを履き、外に出れば今すぐ始められる。 

 とはいえ、「体力に自信がなくて……」と一歩を踏み出せない人も多いはず。そんなビギナーを足元から支えてくれるのが、世界で愛されているアシックス(ASICS)の初心者向けシューズ「GEL-KAYANO 23」だ。その機能の秘密を明かすとともに、ランニング初心者向けのアドバイスをお届けする。

今さら聞けないランニング基礎知識

 東京マラソンの盛り上がり、皇居ランナーの増加を見てのとおり、今やすっかり定着したランニングブーム。走ることで健康かつスリムになれるうえ、丈夫な体になると一般的に言われている。また、走ることでリフレッシュや集中力アップにつながる人が多いため、出勤前の早朝や帰宅後にランニングをするビジネスマンも増加中。「体を動かしたいけれど、ジムに通う時間がない」「同僚に差をつけたい」という人には、うってつけの趣味だとU-NOTE編集部はおすすめしたい。

 そもそもランニングは、多くの人が気軽に楽しめるスポーツ。年齢性別を問わず、しかも生涯を通じて続けられる趣味だ。「時間がない」「体力に自信がない」と二の足を踏んでいる人も、気候が穏やかになる秋から走り始めてはいかがだろうか。

U-NOTEがおすすめする「走る」ことで得られるメリット

  • 運動不足を解消し、ダイエットや健康づくりに効果的
  • 足腰が鍛えられて丈夫な体に
  • 自分自身を見つめ直す瞑想効果で、気分リフレッシュ

アシックスが世界に誇るランニングシューズ「GEL-KAYANO 23」

 ランニングを始めるなら、まず最初に正しいシューズを選びたい。速く走るだけでなく、足への負担を少なくするためにも、自分に合ったシューズを見つけたいところだ。 

 数あるシューズの中でも、国内外のランナーに愛用されているのがアシックスのランニング専用シューズ。特に「GEL-KAYANO」シリーズは、2014・2015年度日本スポーツ用品大賞の「最も使ってほしい部門」を受賞した信頼の一足だ。初心者向けでありながらフルマラソンにも対応し、ハイパフォーマンスを発揮してくれる。

 また、アシックスランニングクラブコーチの池田さんによれば、ビギナーはつい頑張りすぎてしまい、その結果長続きしないという傾向があるとのこと。長く続けるには、走る前にはストレッチを入念に行い、無理のないペースで走ることが重要だと教えてくれた。ビギナーは「5分走って5分歩く」というように、ウォーキングを交えながら30分走るのを最初の目標にしよう。走る際は、肩甲骨を引き寄せるように腕を振り、骨盤から脚を前に出すように意識。足の裏全体で地面を踏みつけるように走ると、フォームが安定するそうだ。呼吸がゼェゼェハァハァと上がってしまう場合は、走るペースが速すぎかもしれない。人と会話できるぐらいのスピードで、楽しいランニングを心がけよう。

アシックスが提唱する走り方のポイント

  • まずはゆっくり30分。ウォーキングを交えてもOK
  • 鼻からも吸って、深い呼吸を。ペースは人と会話できる程度
  • 「今の自分」の体力を把握し、無理のない時間・距離を走る

23年目を迎えた「GEL-KAYANO 23」の魅力

 「GEL-KAYANO」は、20年以上の歴史を誇り、世界のランナーに愛されてきた人気シリーズ。毎年モデルチェンジし、機能、デザイン性のアップグレードを図っている。2016年9月には、2016年モデル「GEL-KAYANO 23」も発売に。快適な長距離ランをサポートするというコンセプトはそのままに、新機能を追加している。  

 定番の「ガイダンスライン」機能は、着地時からけり出しまで安定した走りを実現。初心者は一歩一歩の重心移動が安定せず、左右にぶれた走りになりがち。そのため、安定した重心移動をサポートしてくれるこの機能が、大いに役立つはずだ。

 「ダイナミックデュオマックス」は、上部に凹凸を施し、ミッドソールを挟み込むことで着地時にかかる力を分散させるテクノロジー。足裏の負担を軽減し、快適な走行を可能にしてくれる。 

 「“GEL”クッショニングシステム」は、1986年から採用されている定番システム。ソールのクッション性を高め、足への衝撃を和らげている。  

 そして2016年モデル最大の進化は、アシックスが約3年の歳月をかけて開発した新素材「FlyteFoam」の採用。同社のミッドソール素材としては最軽量なうえ、素材に繊維を添加する独自技術により優れたクッション性と耐久性を発揮する。反発性に優れた「SpEVA(スピーバ)」との2層構造にすることで、重量をキープしつつクッション機能を強化している。

「GEL-KAYANO 23」の走りやすさを支える3機能

  • アシックス最軽量! 新開発素材「FlyteFoam」を採用
  • 足裏の負担を軽くする「ダイナミックデュオマックス」
  • 快適な走りを支える「“GEL”クッショニングシステム」


 多くの人が気軽に始められ、普段の仕事にもさまざまな効果をもたらすランニング。U-NOTE世代が新しく始めるには、おすすめの趣味だろう。そろそろスポーツの秋、爽やかな風を感じながら街を走れば、いつもとは違う景色が見えてくるはず。その際は、「GEL-KAYANO 23」が良きパートナーになってくれるだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する